2005年04月08日

人権擁護法案を考える緊急集会(3)05.4.4 日比谷公会堂にて

『古川禎久 衆議院議員のお話』

皆さん、こんばんは。(会場より「こんばんは」の声 拍手)
今日は、日本の自由と民主主義を守るために、遠くは北海道・九州からもお集まりいただきました。
その皆様に、心から敬意を表します。
本当にありがとうございます。(拍手)

さて、そもそも人権とは何ですか?
「人権とは何か?」と言う問いに、即座に明確に回答できる人が、この日本国中にいったい何人ほどいらっしゃるでしょうか?
人権と言うものはそもそもぶつかり合うものです。
ひとつの事件があれば被害者にも加害者にも人権というものはあるし、夫婦喧嘩の当事者である夫にも妻にも人権はあるわけです。
片方の人権的主張ばかり際限なく認めるということは、結果的に社会的な公正に反するということになろうかと思います。(拍手 「そうだ!」の声)

従いまして、人権を法律として扱う以上は、公共の福祉、これとどう整合性をとるか?
どう仕分けをしていくか?ということが、一番肝要な論点であると私は思うのであります。(拍手)
しかし、今回の法案にはいささかなりともそのような関心を、法務省が持っている気配はうかがえないのでございます。
実は今、城内代議士から説明がありました通り、党の自民党の部会におきまして議論を今続けられておるところでございますが、この金曜日にも4度目のこの論議が行われることになっております。
そしてその場におきまして法務省からは修正案が提出されると聞いております。

実は内々にこの法案、修正案なるものを見せていただきましたけれども。
先ほど城内代議士から説明がありましたとおり、人権の定義が曖昧であるとか、運用における公正が保たれるかどうか?担保されるか?というような根本的な所については、依然解決はされておりません。
従いまして私は、少なくとも私は、この修正案に対して賛同は出来ないということを、ここで改めて表明したいと思います。(拍手)

続きを読む


人権擁護法案を考える緊急集会(2)05.4.4 日比谷公会堂にて

※司会(男性)
それでは続きまして、人権擁護法案に慎重な立場からご発言されておられます、お二方の議員より法案の内容とその問題点、また現在の状況・今後の展望などについてご発言いただきたいと思います。
ご紹介します。
共に先の選挙で初当選されました昭和40年生の自由民主党・衆議院議員、静岡7区の城内実先生と宮崎3区の古川禎久先生です。
お二方が気付いて、3月10日に自由民主党法務部会で異議申し立てしなければ、今頃は国会で審議されていた事でしょう。
実に危ないところでした。
省みればその日は丁度100年前、満州は奉天郊外でわが陸軍が世界最大のロシア陸軍と挑戦し対決し、祖国の独立を勝ち取った日でした。
何かのご縁を感じると思います。
それではよろしくお願いいたします。(拍手)

『城内実 衆議院議員のお話』

皆さんどうも、こんばんは(会場より「こんばんは」の声)
今日はこのような緊急集会が開かれまして、私も登壇の機会をいただきまして本当にありがとうございます。
お招きありがとうございます。
そして主催者の方から先ほどお聞きしましたけれども、今日はですね。
東京近辺のみならず、遠いところからですね。
山口とか、おそらく九州からも来てるんじゃないかと思うんですけども。
東北地方、北海道からもひょっとして来てらっしゃるかも知れませんが、本当にですね大勢の方お集まりいただきましてありがとうございます。

私は決して主催者じゃないんですけど、本当に登壇者の一人として感謝申し上げます。
この問題についてこれだけの方々が、危機意識を持っていただいていると言う事だけ分かりましてですね。
本当に感激で一杯でございます。
私に与えられた時間はですね、古川先生と合わせて20分なんでですね。
本当に簡単にですね、いろいろ経緯だけ説明したいと思います。

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。