2005年04月10日

人権擁護法案を考える緊急集会(11)05.4.4 日比谷公会堂にて

※司会(男性)
さて、続きましてジャーナリストで「フォーラム21」を発行していらっしゃいます、乙骨(おつこつ)正生様よりご意見をいただきます。
どうぞよろしくお願いします。(拍手)

『乙骨正生氏のお話』

皆様こんばんは。(会場より「こんばんは」の声)
ただ今ご紹介にあずかりました乙骨正生と申します。
甲乙の乙に骨と書きまして。
大変奇妙な苗字でなものでございますから、多分一回で覚えていただけるかなと思います。

私はただ今ご紹介にあずかりましたように「フォーラム21」と言う雑誌を出しております。
宗教と政治、あるいは宗教と社会を考える隔週刊誌でございますが。
この雑誌を出しているというよりも。
どちらかと言うと私は様々な媒体で創価学会問題についての言論、記事を書いておりますので、むしろそのこと皆様方は私の奇妙な苗字をご存知かも知れません。

今日は私この人権救済法ですね。
この欺瞞性といいますか。
これ法案が通ることによる自由と民主主義の危機。
これに対して強い危機感を持っておりますので、やむにやまれぬ気持ちで今日お邪魔させていただきました。
どうぞ皆様よろしくお願いします(拍手)

皆さんからいろんなお話がありまして、その中で北朝鮮のお話が出てましたけども、私この日本で大変北朝鮮に似ている集団があるな?とこういうふうに思うわけですね。(くすくす笑い)
もう言わなくても分かると思うんですが、創価学会です。(拍手 「そうだ!そうだ!」などの声」)
この人権救済法、政権与党の公明党、そしてその母体である創価学会が大変強くこれを後押ししております。
日頃私が創価学会問題を取り上げる時はですね、自公政権について大変激しく批判をしておりますので。
先ほどより自民党の先生がこの法案は反対であるとずい分仰られてたもんですから。
この事と合わせてぜひとも公明党と組むのを止めて欲しいと。(大きな拍手 「そうだ〜!」の声多数)

続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。