2005年04月14日

寺越一家を救うぞ集会 報告

寺越一家を救うぞ集会より帰宅しました。
ご存知の方には改めて説明の必要も無いでしょうが、寺越家の抱える事情は複雑です。

誰がどう見ても拉致なのに拉致と言えないもどかしさ。
これが寺越家のケースに付きまとう、不条理の根っこと言えるでしょう。
元北朝鮮工作員・安明進氏の証言によれば、操業中の武志さんたちの乗った船と工作船が不幸にも出くわしてしまったが為におきた遭遇拉致であることは明らかです。
今日登壇された寺越昭雄さん北野政男さんご兄弟のお父様、昭二さんが武志さんをかばって工作員に射殺されたのもまず違いはないであろうことも。

寺越家では武志さんの身に危険が及ぶことを恐れて、あえて沈黙を保って来たそうです。
しかし9.17で金正日が拉致を認めた時、考えを変えたそうです。
このまま黙っていれば、北朝鮮の思惑と日本政府の怠慢により、寺越事件は拉致ではなく本当に救助であったことにされてしまう。
もしもこのまま国交正常化が行われてしまった場合、寺越家としては加害者の国北朝鮮に対し御礼を言わねばならない立場に追い込まれる。
それはどうしても納得がいかない。
それでご兄弟は沈黙を破り、声を上げるために家族会への参加を決めたのだそうです。

当然拉致ではなく救助と言うシナリオで寺越事件を収めたい北朝鮮にとって、寺越家が声を上げ始めたことは不都合なこと、不愉快なこと。
集会では北朝鮮側に取り込まれる形となってしまった武志さんの母・友枝さんから、寺越家に対し救出活動を妨害するような行為が行われている事実も公表されました。
お兄様の寺越昭男さんは友枝さんも武志さんも被害者なのだからとかばっておられました。
が、弟の北野正男さんは友枝さんが北の言いなりになって妨害活動に出られることの不快感をハッキリ口にされ、このような「二次被害」が出るのはそもそも日本政府がちゃんとした対応をしないからだと、政府への不満をあらわにしました。

北朝鮮の言う「あれは救助である」というシナリオに日本政府側が乗っかっている限り、この問題の解決はありえない。
ご家族はそれをひっくり返し今起きている二次被害を防ぐためにも一刻も早い拉致認定を求めています。
被害者の生存が確認されているのに、一時帰国も果たしているのに、肝心の被害者本人を救えないもどかしさ不条理さ。
日本国政府はいつまでこの寺越事件について怠慢を続けるつもりなのでしょうか?

追ってこの集会の模様をテキスト化します。
複雑な事情の絡んだ寺越家ですが、被害者であるはずの日本人・寺越武志さんを救えない日本は、国の体をなしているとは言えません。
今日の集会は他の方との集会とは一味違う、複雑な怒りや腹立たしさ情けなさを抱えての家路となりました。


posted by ぴろん at 23:28| Comment(8) | TrackBack(2) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。