2005年05月02日

第7回国民大集会(21)05.4.24 日比谷公会堂にて

『未帰還者ご家族によるパネルディスカッション 5』

「寺越昭男さん(寺越昭二さん長男・寺越武志さん従兄弟)のお話」
「北野政男さん(寺越昭二さん次男・寺越武志さん従兄弟)のお話」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※司会 西岡力氏
先ほど古川さんのご家族が話をされた時にですね。
日本の政府はあるいは調査機関は拉致は70年代の後半からあったんだと。
だから70年代初めの古川さんのケースはちょっと違うんじゃないか?とお話がありましたけれども。
実は家族会に入ってらっしゃいまして、特定失踪者調査会の対象ではなくて。
今家族会として一緒に活動していらっしゃる、拉致被害者の。
拉致事件が1963年に起きてるんです。
1963年に、石川県の海の磯のすぐ、100メートルくらいの所で操業していて3人の漁師がいなくなった、その寺越昭二さんの3人の息子さんが家族会に入って、ずっと今活動されています。
お父さんの思い出、何かあったらお話くださいませんか?

☆寺越昭雄さん(寺越昭二さん長男・寺越武志さん従兄弟)

syuukai21.jpg

(拍手 )
こんにちは。
私たち兄弟3人にとって父の思い出というのは、まぁ42年経ったせいもあるし、本当に断片的な思い出しかないんですけども。
父は漁師ということで気が荒いと言う一面と、よく言えば外面が良いって言うんですかね?
で、まぁ特に女の人には良かったみたいで。(笑い声)
母も相当泣かされていたようです。

私にとっての記憶って言うのは。
遠洋漁業で東北へ行ったりそれから九州のほうへ行ったりして、一年の内に何ヶ月か出稼ぎの漁をしていたんで。
若い頃、まぁ、私らの小さいころですね。
その漁の帰りに土産と言うことでみかん箱一杯にするめを持って来てくれたり。
それからラジオ、当時真空管のラジオだったですけど、ラジオを買って来てくれたり。
そういうまぁやさしい面もありましたし。

ある一面、怒ったら丸いちゃぶ台ひっくり返す、そういうような一面もあったりして。
私は鮮明に今でもよく覚えてるんですけど、一握りの丸い丸太ン棒持って追っかけられた。
何を悪いことしたんか知らんけど追っかけられた、そういう思い出もあります。
最後に事件のちょっと前だったと思うんですけども、親父と二人で銭湯へ行ったというのが私の最後の記憶になりました。

母は横浜出身なんですけども。
戦後多分、私が25年生まれですから23年か24年頃だと思うんですけども。
父とどこで知り合ったんか知らんけれども・・・まぁ、何というか、あの、え〜、夜逃げじゃなかった、駆け落ちですか。
駆け落ちみたいにして石川県の方へ来て、父と生活するようになって。
苦労して、父も心臓病を患って出稼ぎの漁に出なくなって、叔父・外雄さんとふたりで漁をするという事になったんですけどね。
父も真面目になってくれたって喜んだ矢先の事故だったんですね。

それから母は私ら3人の小さい子供を育てるのに一生懸命苦労して。
2002年、丁度小泉訪朝の年にパーキンソン病を患って亡くなったんです。
私たちは父と母のためにもやっぱりこの問題、拉致問題を本当に解決したいと思っています。
どうもありがとうございます。(拍手)

※司会 西岡力氏
実はですね。
先ほど安倍晋三さんや中山参与の方からもお話がありましたけれども。
5人が帰ってきた時に日本政府は日本政府の意思で日本に残しましたよね?
本人たちは表向きは北に帰りたいと言ってたんですよね?
あるいはジェンキンスさんも小泉総理に会ったときには、日本に行きたくないと言ってましたよね?
北朝鮮の影響下にあるときは言論の自由が無いんですよ。
本音はしゃべれないと言うことを、私たちは目の前で見て経験しました。

続きを読む


第7回国民大集会(20)05.4.24 日比谷公会堂にて

『未帰還者家族によるパネルディスカッション 4』


「横田早紀江さん(横田めぐみさん母)のお話」
「横田哲也さん(横田めぐみさん弟)のお話」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

syuukai20.jpg

※司会 西岡力氏
最近報道がありましたけれども、めぐみさんはお母さんから買ってもらった小さな爪切りを大切にしていた。
そして拓也さんと哲也さん、弟さん二人の名前を書いていたと、いう報道がありました。 
蓮池さんたちがそれを見ていて教えてくれたということですが。
早紀江さん、めぐみさんがいまどんな家族のことを思い出しているか?
どういう楽しい思い出を思い出しているか?
何かありますか?

☆横田早紀江さん(横田めぐみさんの母)

私たちはよく旅行をしました。
いろんな所に弟たちも連れて5人の家族の旅行を良くいたしましたので。
いろんな所で、海に行ったり貝殻を拾ったり。
そして岩をのけると小さな蟹が出てきた、そらあそこに何がいる、とキャアキャア言いながら、それを採ったりして騒いでいた時とか。

そしてもっとめぐみの小さい時は、お友達が皆下に小さい弟とか妹とかがいたんですね。
4歳ちょっとになるまで下に弟たちがいなかったもんで。
「みーちゃん」て自分のことを言ってたんですけど。
「みーちゃんの所にはどうして赤ちゃんがいないの?」
っていつも言われて。

そして幼稚園に通っている時にいつもバスで通ってまして。
その通園バスが丁度鹿島神社って言う所の前で止まって、そこで降りるんですけどお。
帰ってくるとそのままぱ〜っと走っていって、神社の中に駆け上がって。
そして神社の前に行って小さな手を合わせて
「神様、みーちゃんの所にも赤ちゃんを下さい。神様、みーちゃんの所にも赤ちゃんを下さい」(笑い声)
てもう必ず言ってたんですね。
近所のお母さんたちと一緒に噴出して笑ってたんですけども。
余りにもお祈りしすぎて、後に産まれてきたのが二人も(笑い声)赤ちゃんが産まれてきまして。
思いがけなく。

今度はそのことを日本銀行の(社宅の)大きな庭を大きな声で
「みーちゃんのところは、赤ちゃんが二人も来たんだよ〜!」
って物凄い大きな声で喜んで、はしゃぎまくって歩いてたよ、ということを良く聞きまして。
とても元気な明るい子供でしたので、爪切りと買っていうのもはっきりと覚えていないんですけども。
めぐみの誕生日に必ずそういう小さなものを。
キティちゃんのところで買ったりとかしながら。
小さい袋とかを必ずあげてたので、その中のひとつだと思いますが。

いろんなああいうさびしい所でどんなふうに耐えてきたのかなぁって。
向こうが出してくるようなうつ病で入院したとか、本当に私だったらとっくにどうかなっていたと思うほど、苦しかっただろうな、寂しかっただろうなと思いますので。
そういった小さなものを見ながらどんなにか泣いたんじゃないか?と思います。(拍手)

※司会 西岡力氏
お祈りして産まれたという双子の弟さんが来てらっしゃいますけども。
拓也さんか哲也さんか、どんなお姉さんだったか一言どうですか?

☆横田哲也さん(横田めぐみさん弟)

syuukai20-2.jpg

(拍手)
弟の哲也でございます。
どこにでもある風景でありますけども、新潟にいるまえ広島にいたわけでありますが。
非常に明るく楽しく、一緒に通学、手をつないで学校に行った思い出もありますし。
当時新潟へ転勤・引越しをしたときにですね。
本にも書いてありますけども、当時私と兄の拓也が非常に仲が悪かったわけでありますけども。(笑い声)
私のほうがどちらかといえば非常に劣勢だったわけですが、(兄とケンカをすると)非常に私の味方をしてくれたのが姉だった。(笑い声)
いうことで明るく楽しく、しかも非常に優しい姉だったということでこの両親だけでなくて双子の我々も思っていてくれるだろうな、と思っておりますが。
一刻も早くこの家族5人で、この日本の平和な素晴らしい風景を味わいたいと思っています。(拍手)

・・・続く・・・

テキストアップのご連絡

長らくお待たせをしておりましたが準備中で未アップのままだった

第7回国民大集会(8)05.4.24 日比谷公会堂にて
『李星矣 朝鮮戦争拉致被害者家族協議会会長の挨拶 (通訳 西岡力氏)』

のテキストを先ほどアップしました。
以下のURLからどうぞ。
http://piron326.seesaa.net/article/3198602.html 

posted by ぴろん at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶&お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。