2005年05月29日

こんな時だからこそ原点を忘れずに、と願う

昨日、というかもう一昨日のことになりますが、私が上げたエントリーにたくさんのコメントを頂戴いたしました。
まずは御礼申し上げます。
真摯な意見の交換を重ね、それがより良い支援策へと結びつくことが私の本望ですので、反応があったことを素直に感謝申しあげたい。
いただいたコメントにレスをしようと思ったのですが、思いがあふれてしまい思わぬ長文となってしまいました。
もう少し整理して読みやすい文章に推敲してから、改めてエントリーにアップしようと思います。
勝手を言って申し訳ないのですが、少しお時間いただけますでしょうか?

一足先に、これだけは言っておきたいと思うことを、ちょっとだけ・・・

くどいようですが(笑)、私は座り込みには積極的に賛同はしません。
絶対反対ではないですよ?
積極的に賛同できない・・・そこの所、どうぞ誤解のありませぬよう。
ただし、いざ決行となった場合、自分に出来る限りの応援はするつもりです。
いくら家族会が私の意向と違う行動を取るからといって、「今後一切支援などしてやるものか!」なんて子供じみたことをするほど器量の小さい人間ではないつもりですので。
やるならば、少しでも多くの成果を勝ち取って欲しいですし、そのための戦略を良く考えることを家族会・救う会には希望します。
やってみたけど駄目でした・・・程度の座り込みなら、ご家族が身を削ってまでする意味がないとも思いますので。

当Blogはまだ、立ち上げたばかりで訪問者の数も少ない弱小Blogです。
私がここで何か言ったくらいで、家族会・救う会の意向が変わるはずもありません。
それでも今回の座り込みも辞さずの報をうけて言わずにはいられなかったのですね。
ご家族の気持ちは痛いほど分かるが、リスクは無いのか?無謀ではないのか? と。
座り込みに賛同する人もしない人も、この際ちょっと立ち止まって、事の次第を冷静に考えましょうよと呼びかけるきっかけにしたいとの思いもありました。

取り返しの付かない事態を招く前に、冷静で建設的な議論が必要ではないか?とも感じましたので。
仮に今度の座り込みが止められないことだとしても、このような愚策を二度と繰り返さないために、今から今後の効果的な支援策を練る必要はあると思っています。
独りよがりにならないためにも、こういうときだからこそ異論反論にも耳を傾けるゆとりは持つべきでしょう。
家族を思うが故の提言であるのは、賛成論者も反対論者も同じはずではないのですか?
どちらかひとつだけが正しいともどちらか一方だけが間違っているともいえないと思う。

現実問題、ご家族は高齢の上に大変お疲れでいらっしゃるのですね。
だから、なるべく負担の少ない活動で最大の効果を得られるよう、最良の支援策を考えるのが私たち支援者の果たすべき務めではないのか?と思うのですけど、どうでしょうか?
支援活動の一番の目的は被害者の奪還です。
こんな時だからこそ原点を忘れずに、真摯な気持ちで支援活動にまい進したいものだと思っております。


posted by ぴろん at 00:41| Comment(10) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。