2005年06月09日

国家主権を忘れた国、日本

「田中実さんを救うぞ!東京集会」から帰宅しました。
今回の集会で一番強く感じたことは、タイトルにも上げたとおり、一体全体日本という国はどこまで国家としての自覚を失っているんだろうか?と言うことでした。

安明進さんの証言によれば、日本国内に潜伏している工作員の数は300人はいるのだそうです。
金正日の指令さえあれば、敵はいつでもどこかの施設を爆破したり日本人の拉致をしたりと、ありとあらゆるテロ工作が出来ると言うこと。
しかし肝心要の日本人にそういう危機感は・・・全くありませんね。

拉致は現在進行形。
国交正常化をしようとどうしようと、この構造が変わらぬ限り、将来の被害も未然に防ぐことは不可能。
当たり前のことですが、日本の北朝鮮に対する基本的な認識・危機感の欠如を突きつけられる思いがする集会でした・・・

金正日が拉致を認め、被害者5人とその家族が帰国し、一部とはいえ拉致の実行犯も確定しているのに、何も出来ない国・日本。
事は北朝鮮と言う国家によるテロ攻撃なのに、旅券法違反だの不法入国だのといった小手先の刑法で個人の罪をチマチマと叩くしかない。
そんな対処療法で、諸悪の根源が叩けるはずもないのに、ね。
でもそれが日本の悲しい現実。
日本人はいつの間に国家主権を忘れてきたのだ???
というか、そもそも日本人の精神の中に国家主権なんて観念はあったのか???

しかし多くの国民はその危うい現実にまだまだ気付いていない。
ご家族は肉親を奪われている分、日本の抱えるこの底なし沼の闇の怖さを十二分に気付いてる。
この落差の激しさが、日本の平和ボケの実態なのだよね。
肝心要の悪の根源を叩く法的な術が無い。
無いなら作ればいいのに、それもしない。
こんなに性質の悪いブラックジョークが、果たして他にあるんだろうか?

日本と北朝鮮は本来戦争状態なのだ。
それなのに、万景峰号は相変わらず大きな顔をして入港してくる。
北朝鮮からの芸術団が、日本の自治体の後援を受けて友好と称して各地で公演活動をする。
日朝中韓4カ国でスポーツ交流をする。
あげく日本の総理大臣が、悪の権化の総元締めの総連宛にお祝いのメッセージを送る。

これが戦争状態にある国と国の付き合い方なのか?
これが性質の悪いジョークでなくて何なのか?
これらの風景は普通の友好が成り立つ間柄のお付き合いの仕方でしょう?
関係者の訴えは、集会参加者の心の奥に深く深く響いていく。
本当に日本という国は、どこまで寝ぼけているのだろう・・・?

事は人の命がかかった一大事。
9.17から数えてももうすぐ丸3年。
いったい日本政府はいつまで不作為の居眠り状態を続けるのだろう?
こんな体たらくでは、拉致被害者の奪還などはるかに及ばない。
ご家族が焦りの色を濃くするのは当然の話である。

スパイ防止法、北朝鮮人権法の一刻も早い成立を望みたい。
拉致議連の先生方、あなた方はいつまで手をこまねいているのか?
さっさとやる事やってください。
それと国民の側も、いつまでも太平楽のままでいることは許されないと思いますよ?
この非常時に、いつまでも平和ボケの海におぼれていることは、ある意味犯罪的であるとも思えてなりません。

・・・・・・・・・・・・・
「田中実さんを救うぞ!東京集会」のテキスト化の予定について。

この集会をよりよく理解するためには、田中実さんについての基礎知識が必要だと思います。
ですので、テキストを起こす前に集会で頂いた資料(B5版5枚分)を初めにアップします。
その後

救う会兵庫の長瀬猛氏のお話
救う会副会長の西岡力氏のお話
増元照明事務局長のお話
飯塚繁雄副代表のお話

の順でテキストを起こします。
今回の集会は少し難しい部分もありますが、拉致の本質を知る上ではとても貴重なお話であったと思います。
どうぞお付き合いの程よろしくお願いいたします。

尚、昨日のエントリーでご紹介した田中実さんの恩師、渡辺友夫氏は体調不良のため急遽集会を欠席することとなりました。
こちらも予めご承知おきの程、よろしくお願いします。


posted by ぴろん at 23:49| Comment(5) | TrackBack(7) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。