2005年06月18日

不作為の罪

田中実さんの集会テキストを起こし終わりました。
いつもの事ですが、この連続集会のテキストを起こすのは精神的にしんどいです。
拉致問題の抱える不条理、日本政府の不作為を、毎度毎度嫌と言うほど思い知らされるので。
曽我さんの集会などは、何しろ拉致の被害者本人の証言ですからね。
テキストを起こして終わると、しばらく放心状態。
それは今回も同じです。
テキストを起こし終わって爽快感・開放感を味わった事は一度も無い。
あるのはただただ、気の滅入る現実だけ・・・

政府の不作為の罪は許しがたい境地に行っていると思います。
制裁発動をなぜやろうとしないのか?
仮に何か理由があって今すぐの制裁発動に踏み切れないのだとしても、その前に政府独自でやれることはたくさん有る。

例えばスパイ防止法の制定、北朝鮮人権法の制定。
例えば内閣に拉致担当大臣を置いて各省庁の横の連携を取り、拉致問題の真相究明に政府主導で取り組むとか。
だいたい何故?この期に及んで特定失踪者の問題を、今だ一民間組織が担っているのか?
これは本来国が取り組むべき仕事のはず。
政府は恥を知れ!と心底思う。

アメリカではブッシュ大統領が、北朝鮮からの脱北者で現在韓国・朝鮮日報の記者を務める姜哲煥(カンチョルファン)氏と40分に亘って会談をしたという。
ホワイトハウスのこの行為が金正日に与える無言のプレッシャーの大きさを思う。
振り返って日本はどうなのか?
なぜ?小泉首相は安明進氏との会談の機会を設けようとしないのか?
北朝鮮の実態について、金正日政治軍事大学の実態について、これほど詳しい人はいない。
彼がめぐみさん生存の証言をしてくれた事が、横田夫妻の実名公表の決意へとつながり、家族会結成へとつながったのです。
日本の被害者救出運動の恩人でもある彼の話を、総理自ら直接聞く機会を作る事は、日本政府は絶対に拉致問題を全面解決するぞ!という強い決意を、北に対するアピールになる。
これだって十分に圧力になり得ると思うのだが・・・?

一刻も早く小泉首相が公式の場で、「一人残らず被害者を帰さないうちは国交正常化はしない、一円たりとも経済援助はしない」と言うべきでしょう。
その一言があれば、ご家族の気持ちも少しは休まるでしょうし、何よりも金正日に対し日本国の本気度をアピールする事も出来る。
この最低限の責務さえ果たさない、政府の体たらくをどう考えればよいのだろう・・・?
これら不作為の罪の数々を、拉致被害者とその家族へいったい誰が謝罪するのか?
いったい誰が償うのか?

どうして政府は覚悟を決めて、毅然としたと態度を取らないのか?
全ての日本人拉致被害者を取り返すという決意表明をしないのか?
北朝鮮の顔色を伺い金正日のご機嫌取りをしていても、被害者は一人も帰ってこない。


posted by ぴろん at 11:21| Comment(6) | TrackBack(2) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。