2005年07月03日

2〜3日休養します・・・

ご訪問の皆様、おはようございます。

大変わがままを言って申し訳ないのですが、今日より2〜3日の間エントリーをお休みさせて頂こうと思っております。
実は夕べ、古川了子さんの集会テキストをアップして終わった途端、激しい頭痛に襲われましてそのままダウン・・・
寝込むほどではないのですが、今日もイマイチ調子が良くないんです。

座り込み懸念エントリーをやってる頃から、どうも知らず知らずのうちに無理があったようでして。
ここに来て精神的・体力的に限界値を越えちゃったみたいで体が言うことを利きません。
私も命が惜しいので、しばらく英気を養ってから復帰しようと思っています。

本当は今日は千葉市民会館で開催予定の「加瀬テル子」さんの集会へ行くつもりにしてたのですけど、ちょっと外に出歩ける状態じゃないんで。
こちらも涙を呑んでキャンセル・・・(T_T)
楽しみにしてた方、御免なさい。
体力・気力を回復したら今までのように、バンバンと素人のたわ言&テキストを書き綴りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
それでは2〜3日後の再会まで、しばらく失礼をいたします。<(_ _)>



posted by ぴろん at 09:19| Comment(12) | TrackBack(0) | ご挨拶&お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古川了子さんを救う千葉集会in市原(8)05.6.25 市原市民会館にて

『竹下珠路さん(古川了子さんの姉)のお話』

Img_0001.jpg



改めましてこんにちは。
今日は暑い中お忙しい中、こんなにたくさんの皆様にお集まりいただきました。
本当にありがとうございます。
昨年、丁度一年前に、千葉市民会館で千葉集会というものを、高校の同期生の皆さん、そしてこの実行委員会の皆さんが立ち上げてくださいました。
それを考えまして、また今日なんですが。

実は私は昨日、国会を取り巻く座り込みの中に一日座っておりました。
その思いといたしましては家族としては、先ほど何をしたらいいですか?と言ってくださいましたが。
家族としても何をしたらいいのか分からないと言うのが、ここ拉致だと家族がハッキリ確認した2年半。
そしてその前からの32年間の思いなんです。

古川了子がいなくなってこの7月7日の七夕の日で丁度32年になります。
何をしたらいいのか?
当時私は、当時とても仲の良かった友達から、私は長男を産んですぐ後だったんですけども。
「竹下さん、自分の妹だったら何としてでも探し出すもんでしょ?」ということを。
励ましと叱責ともいわず受け止め、投げ掛けられて、苦しい思いをしたことがありました。
しかし、家族であっても親であっても何とかしようと思っても、出来ないことがたくさん有るんです。
(このあたり少し言葉を詰まらせながら語る)

でも出来る所から今出来る事から、動き出そうと思って。
こうして真鍋さんや弁護士の皆さんや救う会の中村さんや千葉商の会の皆さんや、みなさんにご支援をいただきながら。
ああしたらどうだろう?こうしてみようか?と言って、いただけることをではしてみましょうと、動き出す。
その一歩一歩が妹に近づくことなのかなぁ?と思ってそれを精一杯しているのが現実です。
昨年の千葉集会で皆様方に「古川了子を拉致被害者として認定してください」という、署名のお願いした所、たくさんの方々から励ましの署名とお手紙と色々な物をいただきました。
温かい心をたくさんいただきました。
見ず知らずの方々から、本当にあり難い事だなぁと思っております。
そして昨日5時の間にもつくづく思いましたことは、一人ずつの人間の力は小さくて本当に何をして良いのが分からないんですが。
皆さんと一緒にこうしたら良いかも知れないと言う思いを、思いを持って行動を起こしたときに、次第に風が強くなり。
そして政府を動かし、彼の国にいるであろう、私たちはいると信じております。
今も元気でいると信じております、了子の所に届くんだろうなと思っております。

母も一生懸命頑張って毎日暮らしてくれております。
私はその母と毎日ご飯を食べながら、皆さんの力が私たちに勇気を与えてくれるし、日本政府を動かしてくれるんだと信じております。
今後とも何をしていいのか分からない中でも、皆さんのお知恵をいただきながら、一生懸命家族としてまた日本人として多くの拉致被害者を救えるように。
裁判も含めて頑張っていこうと思いますので、どうぞ皆さま力を貸して下さい。
どうぞ声を上げ続けてください。
テレビで拉致の問題と言うニュースが流れた時に「ああもういいわと、進まないのね」と、パチンとスイッチを切ることの無い様に。
「どうなっているの?ちょっとは動いているの?」という、関心を持って見ていただきたいと思います。

今日もこの中に高校一年生の男の子さんが来てくださいました。
昨日も私は実は座り込みの現場でお目にかかった青年です。
こういう若い方たちが自分たちの国の問題だとして興味を持ってくださることが、とても私は力強さを感じますし。
若い人たちにこんなことが二度とあってはいけないんだと言うことを、もっともっと関心の無い若い方たちにも伝えて頂ければありがたいかな、と思っております。
今日はどうもありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。