2005年07月08日

言葉が無い・・・

イギリスはロンドンで同時多発テロが発生しました。
犠牲になられた方とそのご家族に心よりお悔やみ申し上げます。
お怪我をされた方には心よりお見舞い申し上げ、一日も早い回復をお祈りいたします。

しかし、どうしてこうもテロの連鎖は続くのか?
犯人の側にどんな理由があるのか分かりませんが、問答無用の暴力行為を認めることは出来ません。
こんな愚かな行為は一刻も早く止めて欲しい。

爆破の原因はまだ不明とのことですが、自爆テロの可能性も否定は出来ないとか・・・
それを聞いてなんだか心中複雑な気分になってしまいました。

こういう事件があると、私はどうしても9・11の世界貿易センタービルへのテロ攻撃を思い出してしまいます。
ビルに突っ込む航空機の映像・・・あれを見た瞬間、体がガチガチに固まってしまってどうにもならなかったことを思い出します。
後の報道で日本の神風特別攻撃と混同するような記事や意見を目にして、とても複雑な気分になったことも思い出します。
私は特攻隊員の遺族ですから。
そういう論調もああいう映像も、心に毒です。
少なくともテロリストと神風特別攻撃隊とをごっちゃにするのはご勘弁いただきたかった・・・

自爆テロなんてねぇ・・・
いったいどんな覚悟で爆弾もろとも自爆するというのか?
考えれば考えるほど、たまらない気持ちです。
親は?きょうだいは?その事をどう思うのか?

今日も書きたいことはいろいろあったんですけど、呆然としてしまって言葉が浮かびません。
なんだか色々なことを思い出してしまって・・・
特攻の叔父さんの記事も第2弾を書き上げたんですが、とてもエントリーに上げる気にはなれません。
短文ではありますが、今日はこれにて失礼します。


posted by ぴろん at 23:26| Comment(8) | TrackBack(5) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。