2005年07月09日

特定失踪者加瀬テル子を支援する千葉集会(2)05.7.3 千葉市民会館にて

  真鍋貞樹特定失踪者問題調査会専務理事の講演 ‐2

  ― なぜ、加瀬さんが拉致されたのか ―

 えーと、今何分喋りましたか? あと20分くらいでまとめないといけないわけですね。ということでですね、まだまだわからないのは、何故加瀬テル子さんなのか? という肝腎の部分ですけれども、なぜ拉致されたのか? その必要性は何なのかということなんですけど、まだこれは、解明されてません。

 古川さんの場合は、考えられるのは拉致された日本人男性の奥さんということになるわけでしょうし、どうも加瀬さんのケースの場合も、ご存知の通り、加瀬さんの夫の存在が重要なわけですね。

 えーと、(ホワイトボードに加瀬さんの夫の似顔絵を描きながら)ここにこの男性がですね、加瀬さんの夫とされる男性なんですけれども、この写真については、我々としては、公開をしていきたいと思っているのですが、マスコミの所有の物なので、なかなか出せないんですけど、この人も、拉致された日本人であって、日本の国立大学の理工系を卒業したエリートだそうだというんですね。で、この人と加瀬さんが夫婦であると、そしてこの男性が、拉致された日本人を管理している責任者で、そういう役回りをさせられている、ということなんですね。

 で、そう考えると、やはりこれはわからないです。どちらが先に拉致されたのかということはわからないんですけど、こちらのデータがないもんですからね。ま、そうだとすると、加瀬さんもお嫁さんという形で選定されていたと考えられるわけであります。

 4.千葉県のおける特定失踪者の状況

そしてですね、加瀬さんについてはこれくらいにしまして、加瀬さんを中心に千葉ということなんですけれども、大町ルートについては、ちょっと置いておきまして、この場所なんですけど、さっき中村さんの方からお話ありましたけど、この院内という所、この栄町と院内という場所ですね、ここは要町というんですか? この会館そのものは?(仲條氏より「そうですね」の答えに)はい。
ところが私、来る前にその辺ちょっと見てきたんですけど、とんでもない(ソープなど風俗産業が多い)場所ですね。え〜実はということで、さっきお名前が出ましたけど、関谷俊子さんですね。この間記者会見をして発表した女性が、関谷俊子さんプラス女性プラス男性(ホワイトボードに名前を書いている)。この3人が〜ここの場所で失踪してるんですね。

-------------------------------------------------------------------------------
 <参考資料>
[特定失踪者問題調査会NEWS 264](17.6.27)着信分から抜粋

関谷 俊子(せきや としこ)(当時17歳)

生年月日  ・昭和32(1957)年5月19日
失踪年月日 ・昭和49(1974)年7月11日
性別 女
当時の身分 ・千葉市内の薬品会社に勤務 定時制高校在学中
当時の居住 ・千葉県市原市
失踪場所  ・千葉港付近
失踪当時の状況 ・親類の男性と幼馴染の同級生(女性)と千葉市内の飲食店で飲食後、親類の男性が「車で二人を家まで送ってくる」と店の従業員に言い残して出たまま3人一緒に行方不明となった。店の従業員は男性の兄と妹。男性の乗っていた車も発見されていない。関谷俊子さんは古川了子さんと同じ高校で3学年下。古川事件の1年後の失踪で同じ7月である。
-------------------------------------------------------------------------------

 地名を具体的にいうと院内です。院内のスナックからこの3人で一緒に、この男性の妹さんとお兄さんが働いていた院内のスナックで、食事をした後、この男性が車で関谷俊子さんと女性を家まで送っていくと言い残して家を出たまま失踪と…。(会場より「何年と?」に)古川了子さんの事件のちょうど1年後です。

 この関谷さんとこの女性は、小学校からの幼なじみで、古川了子さんと同じ千葉商業高校ということです。で、千葉商業高校はすぐそこにありまして、院内と栄町に非常に近い。関係者のお話によると、当時朝鮮高校の人たちと(笑いをこらえながら)相当ケンカをしていたと言うようなことで、どうも古川了子さんも千葉商、この二人の女性も千葉商、そういう形でしかもこの3人は千葉駅の周辺の院内ですし、古川了子さんも千葉駅ということですから同じような場所、それからこの女性が働いていたのは、古川了子さんが会社に通う途中の八幡宿(やわたじゅく)のルート上で働いていました。

 どうも古川了子さんと二人の女性というのは、非常に近い関係にあるというのは不思議でなりません。で、関谷さんとこの女性も市原の生まれ育ちということです。非常にこの3人の失踪というのは、関心をもって調査しているというわけです。

 ただやはりですね、ただ一般的な失踪もそうですけど、どうしても千葉でいうとこの院内、栄町という歓楽街といいますかね、そこを中心として事件が起こると、例えばですけれども、札幌でいうと、所謂ススキノという場所で関係した失踪が非常に多いのですね。
やはり、そういう歓楽街というのは多国籍ですから、いろんな国の国籍の人が活動してる、どうしてもそこに失踪というか拉致とかいうものとの繋がりがあるんじゃないかな…。ご存知のように田口八重子さんは、池袋の駅前の、ほんとに歓楽街のど真ん中だったわけですから、どうもこういう拉致、失踪、それからそういう地域というのは結びつくなおもっています。

続きを読む


特定失踪者加瀬テル子を支援する会千葉集会(1)05.7.3 千葉市民会館にて

先日千葉市民会館にて開かれた「特定失踪者加瀬テル子を支援する会千葉集会」の集会テキストをご紹介いたします。
本当は私自ら参加して、テキスト化をする予定だったのですが過日ご案内の通り集会前夜に激しい頭痛に襲われまして、ダウン。
やむなく涙を呑んで参加をキャンセルした例の集会です。

幸いにも支援者のお仲間でもある原良一氏のご好意により、集会のテキストを当Blogに全文掲載させて頂く許可を頂きました。
相変わらずの弱小Blogではありますが、掲載の場を少しでも増やすことにより、一人でも多くの人の目に留めていただき、拉致問題中でも特定失踪者に関する認識を高めてもらう一助となればと考えております。
どうぞお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。

・・・以下 原良一氏の手による集会テキストを掲載・・・

入力に対する姿勢

 今回の講演を入力するに当たって、発言者の口調や集会の雰囲気をできるだけ忠実に再現するため、講演者の発言は、極力オリジナルのまま(いわゆる丸起こし)とし、補注が必要な部分は( )で補いました。

 ただし、

映画のアニメのトトロ→アニメ映画の「となりのトトロ」、
橋本助教授→橋本正次東京歯科大助教授

のように最小限の校正を行っています。
また文中の見出しも、入力者によるもので当日のレジュメなどに依っていません。

-------------------------------------------------------------------------------

  特定失踪者加瀬テル子を支援する会千葉集会
 〜すべての特定失踪者、拉致被害者を家族のもとへ〜

日 時:2005年(平成17年)7月3日 19時〜21時(開場18時40分)
場 所:千葉市民会館 地階小ホール(〒260-0017千葉市中央区要町1−1)
JR総武線千葉駅より徒歩7分、総武本線東千葉駅より2分、総武本線沿い
TEL:043-224-2431、FAX:043-224-2439
地 図:<http://www.f-cp.jp/shimin/map.html>参照
主 宰:加瀬テル子を支援する会
後 援:内閣府認証NPO法人 亜細亜人権協議会
協 賛:特定失踪者家族支援委員会
講 演:1.中村実氏(船橋市議特定失踪者問題調査会理事)
    「拉致認定の意義について」
    2.真鍋貞樹(特定失踪者問題調査会専務理事)
    「特定失踪者の多数出ている大町ルートについて」
    3.仲條富夫(加瀬テル子を支援する会代表、加瀬テル子従兄弟)
    「加瀬テル子の家族の訴え」
-------------------------------------------------------------------------------
 開会のあいさつ

 司会者(亜細亜人権協議会平野さん)
 本日は、忙しい中特定失踪者加瀬テル子を支援する会千葉集会にお集まりいただき、まことにありがとうございます。私ども特定失踪者加瀬テル子を支援する会は、特定失踪者加瀬テル子の従兄弟である仲條富夫氏を代表とし、内閣府認証NPO特定非営利活動法人亜細亜人権協議会全面支援協力の下、すべての特定失踪者、拉致被害者を家族の許へスローガンに掲げ、特定失踪者加瀬テル子の拉致被害者認定、家族との面会を趣旨として立ち上げ致しました。

 本日は、特定失踪者問題調査会専務理事真鍋貞樹氏、また特定失踪者問題調査会理事中村実(船橋市議会議員)氏をお招きし、講演をしていただきます。それでは只今より、特定失踪者加瀬テル子を支援する会千葉集会を開催いたします。初めに加瀬テル子を支援する会仲條富夫代表、ごあいさつをお願い致します。

 仲條富夫代表のあいさつ
 (マイクを使わず大きな地声で)
 どうも本日は、お忙しいところご苦労様です。

 まずもって最初にお詫び申し上げます。いろいろ努力をしましたが、皆さん心配していただいた通り(聴衆が3人だけ(>_<))になってしまいましたが、街頭の方でもチラシをお配りしてお願いしたんですが、なかなかやはり特定失踪者ということで、なかなかそれは他人事、絵空事だなあということを、雨の中も配りしましたし、今日も配らせていただきましたけど、これが今の現実なのかなあと敢えて申し上げたいと思いますけど(悄然とした口調)…。ただ今日来ていただいた方は、私どもとしましてはも千万の味方を得た思いが致します。

 これからこういう支援をする会を皆さんと共に進んでいくわけですが、最後にいってはおかしいですけれども、加瀬テル子が北朝鮮に拉致されていって向こうの確実に政府間の交渉に乗っていただいた時に、初めて会場が一杯になるのかなあ、という思い、これは自分の不安でもありますし、ある意味ではここで挫けてはいけない、遠い彼の地でこういう催しをしなければ、なかなか向こうの空で住んでいる人たちに声が届かないのかなあという淋しい思いもしますが、大変今日は申し訳なく思っておりますが、真鍋さん、中村さんの講演の方を是非聞いていっていただきたいなと思います。どうもありがとうございます。よろしくお願いいたします。

 真鍋貞樹特定失踪者問題調査会専務理事の講演 ‐1

 どうもみなさんありがとうございます。日曜日の夜お集まりいただきまして、本当にありがとうございます。仲條さんの冒頭の言葉ありましたけれど、え〜、あのお…(しばし言い澱み)8年前を思い出しました(しみじみとした口調)。私たちが拉致問題をスタートした時の状況は、もう今日のこの(聴衆がいない)状況でございました。

 1.スタートは一人から

 まず何かをやらなきゃいけないということで、何か会を作ろう。ということで集まったのが、当時で20人くらいでしたね。それからこれは集まっただけで何か具体的なものがあったわけじゃなくて、具体的なものを始めようとしたのが、とにかく署名活動をやろうと…。それから会を作ったことの記者会見をやろうということからスタートしました。
で、最初に署名活動をやったのが、有楽町の数寄屋橋の駅前で、え〜ま、10人くらいだったでしょうかね。そこでビラ配りをいたしましたが、だあ〜〜れも受け取ってくれませんでした。ビラもどれくらい用意したのかはわかりませんけど、一人として振り向いてくれる人はいませんでした。ま、こんなものだろうと思いまして、その後記者会見を行いました。

 その時の記者会見は、集まった記者はたった5人です。今でも誰と誰と誰と誰と誰とで、名前を挙げられるわけですけれども、その中で記事を書いてくれたのは産経新聞、それと読売新聞だけでした。産経新聞はご存知の通り、この問題は昔から熱心にやってましたから、一面のトップに救う会というものができて、これから活動を始めるという記事を書いてくださいましたけど、読売新聞は、ベタ記事のこのちっちゃなところにようやく、まあ見る人がみればわかるというくらいの記事で、ま、そういうところから運動というのはスタートするもんだと思っております。

 拉致問題というものが、大きく国民の関心を呼んでいる問題であるといっても、やはりどんな事例もそうでしょうけども、やはりスタートというものは、こういう一人か二人からスタートする、数人からスタートする、その積み重ねで大きくなっていく、というふうに思っていますから、今日はこういう所は、こういう状況でまずは第一歩が進んだということでですね、これから頑張っていこうという会に、是非していただければというふうに思っております。

 で今日は、前回の市原集会に来られた方がたくさん、というか多いので、この間と同じことを話してもいけませんが、中にはいらっしゃっていない方もおられるようです。ですからまあ、前回と同じだなあと思うようなところがあってもゴメンナサイ、申し訳ございませんということでご諒承いただければと思います。

 ただ今日は、加瀬テル子さんの会ですから加瀬テル子さんのことについてですね、くわしくお話をさせていただきたいというふうに思っております。

続きを読む

嵐の前の静けさなのか?

一晩たって少し頭が回るようになって来ました。
ロンドン同時多発テロを受けて言いたかった私の一言。
つくづく小泉って人は、どこまでも口だけは達者な軽薄な男だろうか?ということです。
テロ発生を受けての小泉クンのコメントを聞いて、私は一瞬思考が止まってしまいましてね。

「テロ行為は断じて許されるものではなく、強い憤りを覚える。ブレア英首相の対応を完全に支持し、首相へのいかなる協力も惜しまない。被害者の方々に心からお見舞い申し上げます」


「いかなる協力も惜しまない」って、言葉ばかりはとっても勇ましいけど言うは易し行うは難しですぞ?小泉クン!
拉致問題で最低限の毅然とした態度すら示せない君が、何カッコつけてほざくのか?
スパイ防止法も無く、オウム真理教に破防法さえ適用できなかった体たらく国家が、テロ防止のために一体全体どんな協力をするというのでしょう?
口を開けば「対話と圧力」と馬鹿の一つ覚えよろしく、同じ台詞を繰り返して国民を欺く思考回路とどこがどう違うのだろうか?と思ったのはおそらく私だけではあるまいに。

同じテロでも爆弾爆発させたテロには機敏に反応しても、自国の国民をさらわれるテロには無関心ですか?
へぇ〜〜そうですか?
口だけ立派な御託を並べて実際は何もしないあなたのやり口には飽き飽きしました。
カッコつけてばかりいないで、少しでも実効性のあることをしたらどうなんですか?
今すぐの制裁発動が無理だとしても、国家の責任で特定失踪者の調査をするくらいのことは今すぐにでも出来る事です。
全ての拉致被害者とその家族の帰国が実現しない限り、一円たりとも経済援助はしない!
日朝国交正常化もしない!とそれくらいの事を言ってくれても良いんじゃないですか?

・・・はぁ、叫べば叫ぶほどに物言わぬ壁に向かって独り言を言ってるような気分で滅入りそうです。


それはそうと、座り込みから早2週間が過ぎましたね。
なんだかすっかり世の中が、拉致問題から引いてしまったというか・沈静化してしまったというか。
座り込みにかける情熱が激しかった分、揺り戻しが来てるだけなのか?

ライス長官が近々来日すると言うけれど、これは6者協議における最終的な日米の意思確認作業が目的なのでしょうね。
アメリカは次の6者協議を最後に次のステップに進むとも言われていますが、それに対する日本側の対応は準備できてるんでしょうか?
今後の対応について少なくともアメリカとの打ち合わせは滞りなく進んでるんでしょうか?
韓国はどうにもならないくらい北朝鮮に蝕まれていますが、そっちの方はどのように対処するつもりなのか?
いざと言う時、切るのか切らないのか?
過去の経緯から考えて、日本側の段取りはちゃんと出来てるのか?非常に気がかりです。
嵐が来てから慌てふためいても、遅いんですからね。

小泉クン、君に任せてホントに日本の命運は大丈夫なのでしょうか???
posted by ぴろん at 20:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。