2005年08月19日

まっすぐに物事を見る

夏の暑さも手伝って脱力気味です。
怒涛の解散劇に加えて、総理の靖国不参拝・・・なんだか色々ありまして、頭の中少し混乱気味とでも申しますか。
言いたいことはたくさんあるのですが、私の貧弱なボキャブラリーではいかんせん表現力が追いつかない。
ここ数日、エントリーを書いてもどうも中途半端でして、アップをためらっている内にあっという間に数日の間が空いてしまいました。
結局の所、私ごとき凡人が難しい話を書こうとすること事態に無理があると悟りましたので、本日は私流の書き方で思うところを綴ろうと思います。

え〜〜、今日私が引っ張ってくるネタはとんち話で有名な一休さん。
その一休さんのちょっとした小話をまずはご紹介いたします。

・・・・・・・・・・・

ある村にひどくねじ曲がった一本の松の木がありました。
一休和尚は村人を集めてこう話しかけました。

「この松の木をまっすぐに見たものに、褒美をやろう」

村人たちはさっそくあちこちへ移動してどこから見ればまっすぐに松の木が見えるか苦労します。
右へ行ったり左へ行ったり、立ったり座ったり。
しかしどのようにしても松の木をまっすぐに見ることは出来ません。
根負けしたひとりの村人が一休和尚に対してこう言いました。

「この松の木は余りにもねじれていて、まっすぐに見ることが出来ません」

その言葉を聞いた一休さん。
ニコニコ笑ってこう言いました。

「お前の言う通り、この松の木はねじ曲がっていて、まっすぐに見ることは出来ない。
お前はよくこの松の木を“まっすぐ”に見た。
約束どおり、お前に褒美をやろう」

・・・・・・・・・・

さて今度の郵政解散。
私はつくづく物事をまっすぐに見ることの難しさを改めて感じています。
小泉さんの怒涛の解散劇を強力なリーダーシップと取るか、あるいは強引な独裁と取るか。
いったいどちらが物事を“まっすぐ”に見ているのでしょうね?

凡人の私にはひとつ分からないことがあります。
この解散劇は本当に自民党の再生につながるのか?と言う点です。

例えば今回の自民党の公認候補の顔ぶれを見ればですね。
悪名高き人権擁護法案の推進者である古賀誠氏が早々に党の公認を受けた一方で、その人権法案の危険性にいち早く気づき、体を張って法案阻止に動いた城内実氏、古川禎久氏の両名は造反派として非公認。
けれど小泉さんが公認非公認の基準にするのは徹頭徹尾郵政だけだという。
今日は造反派の議員に対して離党勧告も辞さず、の一報もありました。
郵政に反対する者はどんな手段を使っても自民党から追放すると言う・・・
しかしなぜ今、郵政ごときで解散総選挙に打って出て、郵政ごときで議員の振り分けをせねばならないのか?
郵政の賛否による候補者の振り分けが、自民党の再生につながると言う根拠はどこにあると言うのだろう?

自民党をぶっ壊す。
小泉さんの言うとおり確かに自民党のある部分は壊れました。
しかし小泉さんだけはしぶとく壊れない。
自民党内を見渡しても、ポスト小泉と呼ばれた中二階の連中は今度の解散劇ですっかり影が薄くなり、橋本派を始めとする派閥は解体に追い込まれ、長老連中も引退に追い込まれ・・・と気が付けば自民党はいまや小泉さん一人の天下です。
誰も小泉さんのやり口に異議を唱える事が出来ない状況が出来つつあるのでは?と私は感じます。
なんだか自民党は小泉さん一人のものであるかの様な異常な有様、とさえ感じてしまう。
そういう私の物の見方はまっすぐなのか?歪んでいるのか?

それと、いまひとつ疑問に感じるのは小泉さんの頭の中は郵政以外の諸問題をどのように捉えているのだろうか?という事。
あれだけ大見得を切って公約した靖国参拝をあっさりすっぽかし、千鳥が淵墓苑参拝でお茶を濁す姑息さ加減。
拉致問題には関心も薄く、バンドン会議での村山談話の踏襲など、これら一連の所業を見ても、小泉さんの歴史観・国家観はどの程度の代物か?と、透けて見えて仕方が無いのです。
城内氏や古川氏を切り捨てて、古賀誠氏を公認するような政党が、本当に選挙後浄化されているのだろうか?
改革政党に生まれ変わると言うのだろうか?
売国でも利権でもない政党になれるのだろうか?
私などは、自民党を浄化する前に、まずは小泉さんの歴史観・国家観の浄化をする方がはるかに先ではないのか?と思えてならないのだが。

郵政による解散劇、郵政の賛否による候補者の振り分け・・・その先にあるものはなんなのだろう?
本当に今度の解散は、保守派の望むようなしっかりした保守政党及び保守政権の樹立につながる結果が得られるのだろうか?
小泉さんによる郵政解散劇を、私はいったいどのように“まっすぐ”見つめたら良いのだろう?


posted by ぴろん at 23:30| Comment(6) | TrackBack(1) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。