2005年08月20日

募る違和感・・・日本の未来は大丈夫か?

郵政解散を受けて以降の小泉さん及び自民党執行部の動きと、それに対する国民の動きに、私は強い違和感を感じてなりません。
郵政解散を受けて、小泉内閣の支持率は軒並み上昇。
50%を超える数字が出ているところもあります。
今のところ多くの国民は、郵政解散を総理の強力なリーダシップと受け止めていると言う事なのでしょうか。

私は当Blogで小泉さんの自爆テロ解散を受けて、その手法にヒットラーの独裁の手法に通じる危うさを感じると書き、賛否様々なご意見を頂戴しました。
しかしですね。
当初感じた小泉さんの自爆テロ解散に対する違和感、その思いは日を追うごとにますます募ってくるような気がするのです。

小泉さんの言う、今度の選挙は郵政で賛否を問う選挙だと言う前提に立てば、造反派の追放も刺客と呼ばれる候補の擁立も、一見筋が通った物と国民の目には見えるのかも知れない。
内閣支持率の上昇にも、国民のそういう認識があるのかも知れません。
だがしかし、です。
私たち一般国民の認識は、本当にその程度で宜しいのでしょうか?

本来国政選挙で問うべき問題は郵政ひとつだけではない。
第一同胞の命がかかった拉致問題はどこへ行ったのだ?
景気対策は?年金は?医療は?教育は?
それらの諸問題は、小泉さんの言うように、皆様どれもこれもスルーで本当に良いんでしょうか?

郵政だけで政局を判断しろと有権者に迫る小泉さんの言動は、強力なリーダシップと言うよりは、見方を変えればやはり暴挙暴論であると思う。
しかし小泉さんの一連の言動に対して、暴論ではないのか?という疑問も感じず、またそれを感じ取る感性も持たない国民が大多数を占めるという現実に、私は身震いする思いなのです。

テレビも新聞も、郵政以外に国民の審判にかける案件がまるで無いかの様な、異常ともいえるはしゃぎっぷり。
やれ刺客がどうだのこうだのと、ワイドショー政治もここに極まれり、と言った観があります。
まぁマスコミの異常性は今に始まった事ではないから、何をいまさらと言う感じもあるのだが、それにしても、なのです。
マスコミの欺瞞に気が付かないのか?小泉さんの放つ一種のオーラにしびれっぱなしなのか?
郵政郵政と言い募る小泉流そればかりに踊らされる、国民の意識の低さがどうにもこうにも情けない。
結局の所、何が悲しいといって、小泉程度を賛美しなければならない日本国民の政治意識のお粗末さに尽きると私は思うのだけれども。

本来ならば、いくら小泉さんが郵政郵政と騒ごうとも、日本の抱える諸問題について問題提起をするのがマスコミの仕事であろうと思う。
候補者一人一人の経歴を詳しく紹介したりですね。
欲を言えばもっと踏み込んで、拉致問題や人権擁護法・教科書問題や外国人参政権など、国家の屋台骨を揺るがしかねない諸問題に関して、各候補者がどのような認識を持つのか?
それらを一覧にして報道するマスコミが一社ぐらいあっても良いじゃないか?と思うけれど、そういう報道の必要性を感じる国民も、おそらくまだまだ少ないのだろうね。

小泉さんの作戦に乗っかって、本当に郵政だけで政局を判断するようでは世も末である。
郵政選挙の先にあるものは?
政界再編?
それはちと状況判断が甘くはないですかね?
その先にあるのは、小泉の主張以外の異論反論を許さないという、堅苦しい言論統制の世界ではないのか?
小泉さんの煽りに簡単にまかれるだけではなく、少し斜に構えて物事の裏を勘ぐる位の強かさを持ちたいものだと思う。
そういう感性を持つ国民が一人でも増えて欲しいものだとも思う
ヒットラーのような独裁政権がなぜ?合法的に政権奪取に成功したのか?
この際、歴史の教訓に今一度学んでみるのも悪くはないと思う。
選挙の公示日、投票日まではまだ時間がある。

ともかくですね。
今度の選挙は一人一人が少しでも広い視野と志を持ち、国家とは何か?日本の将来をどうするのか?
もっともっと真剣に考えねばならないと思う。

最後にウィンストン・チャーチルの有名な言葉をご紹介します。
民主主義の危うさを今一度考えるきっかけにしていただきたく思います。

これまでも多くの政治体制が試みられてきたし、またこれからも過ちと悲哀にみちたこの世界中で試みられていくだろう。
民主主義が完全で賢明であると見せかけることは誰にも出来ない。
実際のところ、民主主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。

これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けば、だが。
(ウィンストン・チャーチル・・・内閣首相として第二次世界大戦を勝利に導いたイギリスの政治家)


posted by ぴろん at 22:11| Comment(8) | TrackBack(5) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。