2005年08月26日

小泉さんに白紙委任状を提出する勇気、ありますか?

ご無沙汰しました。
ここ数日、仕事がメチャクチャ急がしくて、パソコンを開く暇もありませんでした。
本日ようやくBlogを更新する時間を確保できましたので、久々に素人のたわ言を綴りたいと思います。

小泉さんのまやかしをネタにするのも疲れますね。
分かる人には分かってもらえてるみたいですけど、分からない人には私の言いたい事はとことん理解の範疇外にあるようですし・・・(溜息)

郵政だけで賛否を問う選挙。
それに賛同する方はどうぞ郵政だけで大事な一票を行使されたら宜しい。
ただし、郵政だけで投票すると言う事は、郵政以外の諸問題に関しては小泉さんに白紙委任状を提出するに等しい行為だと言う事を、心のどこかに刻んでおいた方が良いでしょうね。

今回の選挙が郵政だけで賛否を問う選挙であると断言するのなら、今度の選挙後、仮に郵政の問題が参議院も通過して成立したとしてですね。
小泉さんは直ちに議会を解散して、その他の諸問題について改めて国民の信を問わねば、物事の筋が通りません。
しかし現実問題、それぞれの案件一つ一つにたいしていちいち解散総選挙に打って出るわけには行かないでしょう。
費用もかかることですし、政治の空白期間を何度も何度も作るわけには行きません。

と言うことはですね。
小泉さんの言うように郵政だけで一票投じると言う事はですね。
郵政以外の諸問題は小泉さんにすべて一任、どうぞご自由にご勝手に国政をいじってくださって結構ですと、言うに等しい行為になるのでは?と思うのですよ。
もしも自民党が圧倒的多数で勝利した場合、小泉さんは国民からの絶大な支持があると言うのを良いことに、好き勝手をし放題になる恐れも無きにしも非ず、だとも思います。
今のところ、「私の総裁任期は来年の9月まで」なんて言ってますけどそれだって、どこまで信用していいのやら?
郵政以外の公約はいともあっさり撤回したのが小泉さんです。
彼の言葉をどこまで信用して良い物なのか?
自民圧勝なら、任期延長を小泉さん自ら言いだす可能性は大ですし、それを支持する自民党員も続出するかもしれません。
勝てば官軍、政治の世界なんて何でもあり・・・が現実ですからね。

拉致問題的に考えたら、それは悪夢のシナリオです。
小泉さんがトップにいる限り、拉致問題はまず動かない。
動かないどころか被害者切捨てで、国交正常化へと一気に舵を切る可能性だって否定は出来ない。
そんな恐ろしい行為に及ぶ可能性のある総理に対し、私は白紙委任状を提出する勇気はありません。
考えただけでも恐ろしい事です。

総選挙と言うのは今後4年間の政権を誰に託すかを選択する選挙です。
それと前回の総選挙での公約がどれだけ果たされたのか?確認をする選挙でもあるはずです。
前回の自民党マニフェストはどれくらい誠実に実行されたのか?
これまでの小泉さんの総理としての仕事ぶりは合格点を付けられるのか否か?
それらを有権者が厳しく採点をする機会が今度の総選挙の本来の目的であるはずなんですが。
拉致問題の取り組み、道路公団問題、年金、医療・・・私はどれもこれも中途半端で合格点にははるか及ばないと思ってるんですけどね。
小泉支持派の人には郵政のことで頭がいっぱいで、小泉さんの都合の悪い所なんかどこかへ吹っ飛んでしまっているんでしょうねぇ・・・

それと総選挙は、今後4年間の政権を担う政党を選択する選挙である以上、ポスト小泉はどうするのか、それを明白にしていただく事も必要なのではないかとも思う。
小泉さんはあと1年で辞めるのなら、残りの3年を誰が総理として政治の舵取りをするのか?
それを示さないまま投票しろというのでは、小泉任期切れの後どうするかも白紙委任しろと言うのに等しい行為。
だって私たち一般国民には、議会を解散する権利もなければ議員や総理をリコールする権利も無いんですから。
総理が一方的に任期延長をするにしても、ポスト小泉として別の誰かがトップに立つにしても、そこに国民の民意は全く届かないわけです。
残り3年を誰が担うのか?明らかにしないまま政権選択を問われる選挙と言うのも、どこか微妙におかしいと思うんですが?
これは郵政郵政とさけぶ選挙の裏に隠れたまやかしの一つだとも思う。

小泉流まやかしの術に早く気が付いてもらいたいんですけれど・・・
怒涛の解散を受けて、「私、小泉さんにどこまでも付いて行きます♪」てな具合に、小泉さんのオーラにしびれちゃって、舞い上がって、踊りまくってる人たちの耳には私の注意喚起の言葉など、やはり届かないんでしょうか?

ともかく今度の選挙ほど投票先に悩む選挙もありません。
小泉はNO。
しかし批判票を投じる先がないのですよ、現実問題。
民主は頼りないし、公明・民社・共産は論外ですしね。
新政党も・・・なんだかなぁ。

私の貴重な一票、どこに入れたら政界浄化に一歩近づく事になるのだろう。


posted by ぴろん at 23:27| Comment(9) | TrackBack(3) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。