2005年08月27日

「七夕祭りinふくしま」のご報告

Img_0434.jpg

過日当Blogにて七夕祭りの短冊募集のご案内をいたしました。
その主催者である救う会ふくしま代表の菅野氏より、七夕祭りへの協力と御礼を兼ねた報告書を頂きましたので、ご紹介したいと思います。(写真参照)

NHKのローカル放送や地方紙などに取り上げてもらった事もあり、祭りは大成功に終わったそうです。
全国から集まった短冊の数は400枚。
当Blogの案内を見て短冊の作成にご協力いただいた方もいらしたことでしょう。
私からもこの場を借りて一言御礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

ともかく今大事な事は、ひとりでも多くの人に拉致問題に関する関心の裾野を広げる事だと思います。
集会参加や署名となると、時間的・心理的に負担を感じる人もいるでしょうが、短冊であれば心理的な負担も少なく協力もしやすいのではないかとも思い、イベントをご紹介させていただきました。
私も何人かの友人知人に短冊をお願いしましたが、署名とは違って気楽に応じてくれる人は多かったように思います。
短冊を書くことで初めて拉致問題にかかわり、初めて拉致に対する意思表示をした人も沢山いらした事でしょう。
これがきっかけで、拉致に少しでも関心を持つ人が増えたら、ありがたいことです。
小さなことでもそれが少しでも世論の喚起につながるのであれば、というささやかな願いの下にイベントのご案内をさせていただいたのですが、全国から400枚もの短冊が集まったと聞き、嬉しく思っております。

話が少しそれますが、この福島のイベントは、祭りの開始以前からですね。
ローカルとはいえNHKもそれから地方紙も積極的に取り上げてくださったそうで、当日の賑わいも中々盛況だったと聞いております。
やはりマスコミが関心を示してくれるかどうかは非常に大きいことなのですね。
ネットの威力も侮れないとはいえ、まだまだPCを使えない人も多いのが現実ですし、ネットでは自分から進んで情報を求めないと、目的にたどり着けないということもあります。
テレビで数分、新聞で数行載せてもらう事が、どれだけ不特定多数の多くの人の目と耳に届くか。
マスコミの威力はやはり侮れないのです。
そういう意味でも拉致問題の世論喚起のためには、マスコミにはもっともっと頑張って良い報道をしてもらいたい物と切に願っております。

関東ローカルのNHKでは少し前まで、毎週金曜日の夕方の情報番組の中に、週一回15分ほどの「三宅島情報」と言うコーナーがありました。
島の様子や島民たちの暮らし向きの様子、島民イベントの案内など、島を離れて暮らす島民のために毎週毎週放送されておりました。
避難開始から帰島が決まるまでの4年間欠かさず続いた放送が、島民をどれだけ勇気付け、一般国民の関心を引き付けるのに役立ったことか?
三宅島島民の苦難を風化させないという点においても、この一連の番組の存在意義は大きかったと思う。

私は常々疑問に感じている事があります。
どうして拉致問題では三宅島情報のような番組が作れないのだろうか?と。
別に毎日でなくても週に一度、5分でも10分でも良いのです。
例えばNHKの夕方の情報番組の中に枠を作ってもらい、集会の案内や家族のお話、拉致問題の現在の進展状況など拉致に関するあらゆる情報を網羅して報道してくれる番組がひとつあればですね。
集会何本分ものアピール効果があるのに、どこもそういう番組を作ろうとはしない。
本来であればNHKが率先してこの手の番組を作ってくれたら良いのにとも思いますが、今のNHKの体質を考えると無理でしょうかね?
拉致問題に少しでも熱心に取り組む姿勢を見せてくれれば、NHKの受信料の不払いもかなり緩和するんじゃないか?と個人的には思うのですけれど・・・

当Blogでは今後も拉致問題の世論喚起につながるイベント等を積極的にお知らせしていくつもりです。
ご訪問の皆様のご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


posted by ぴろん at 23:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。