2005年09月09日

郵政解散選挙、その先にあるものは?

私が望むのは全うな保守政権の樹立と全うな野党の成立です。
今度の選挙がその目標に一歩でも近づく選挙になることを切望しています。
しかし・・・しかし・・・しかし・・・う〜〜む・・・(-_-;)

「自民党をぶっ壊す」
その一言に酔って小泉さんなら何かを成し遂げてくれそうだと、すっかり小泉さんの勢いに押されてしまっている人は少なくない。
解散直後よりは多少落ち着いたとはいえ、その流れはいまだに健在。
事前の世論調査では、自民優勢との報もある。
なんだか嫌な展開です。
選挙の行方が何時にも増して気がかりで気がかりで成りません。
「この4年間の実績を見て判断して欲しい」とも小泉さんは豪語していらっしゃいます。
もちろん、改めてご指示を頂かなくとも、私は小泉さんの4年間の総決算を自分の一票に託すつもりですけどね。
一番の重要事項であると思う拉致問題に関して、少なくとも小泉続投では明るい未来は描けないと私は思っておるのですが・・・さて・・・

そもそも自民党をぶっ壊すと公言して憚らない当のご本人の歴史観・国家観が相当に怪しいことが気になります。
あれだけ大見得を切って公約した靖国参拝をあっさりすっぽかし、千鳥が淵墓苑参拝でお茶を濁す姑息さ加減。
バンドン会議での村山談話の踏襲など、これら一連の所業を見ても、小泉さんの歴史観、国家観はどの程度の代物か?透けて見えるというもの。
そういう人が旗を振って出来上がる選挙後の自民党がどういう自民党になるのか、私は大いに不安でたまらないのです。
郵政以外の諸問題は全く眼中に無いのでは?としか思えない小泉総理。
年金は?医療は?教育は?財政に少子化問題、それから憲法問題・・・拉致問題以外にも日本が抱える諸問題は山積です。
これらの諸問題に関して小泉さんはどこまで真面目に取り組むのだろうか。
というか、そもそもこれら諸問題に関する小泉さんの見識はいったいどの程度のものなのだろうか。

小泉さんがこれまで高い支持率を誇ってきたのは他に適当な人材がいないから、と言うのが一番多かった。
確かに。
本来ならば自民党の対抗馬と成らねばならない民主党も、政権を託すには相当に不安材料の多い政党である。
自民党がこの体たらくでもそれなりの支持率を誇ってきたのは、ひとえに民主のだらしなさ加減も幸いしていると言っても過言ではない。
しかし、しかしなのです。
いくら民主党がだらしないと言って、今の自民党をそのまま支持してもよい物なのか?
小泉さんの言うとおり確かに自民党のある部分は壊れました。
でも小泉さんだけはしぶとく壊れないのです。
気が付けば自民党はいまや小泉さん一人の天下。
誰も小泉さんのやり口に異議を唱える事が出来ない状況が出来つつあると思う。

今度の選挙、仮に自民がぶっちぎりで勝利したとするとですね。
あるいはもしかして、国民の高支持率を良いことにこのまま小泉続投なんて事も現実的にあるかもしれない。
実際そういう発言もポツポツ出てきてもいるし。
自民が圧勝すれば、自民党内で小泉さんに意義を唱える事は、今よりも更に難儀な物になることは間違いがないのだろう。
総裁任期を延長して更に2年3年総理を続投などという離れ業も、郵政解散の強引さをみれば朝飯前の所業ではないのか?
小泉続投は、拉致問題の解決を願う私にとってありえない展開なのですが。
それに小泉さんの任期が切れた後、誰が総裁の座に名乗りを上げるのか?も不安です。
拉致問題を考えるならば何よりも安倍氏の就任をいの一番に期待したいところですが、安倍氏の起用は次の次、ポスト小泉の筆頭は福田氏であるとの噂もある。
本来安倍氏を支持するべき良識派が、造反議員として軒並み追放されているのが吉凶どちらと出るのか?

私が望むもう一つの願いは自公連立を解消してくれること。
公明党はこれも十分胡散臭い政党ではあります。
首相の靖国参拝に異を唱え、人権擁護法案や外国人参政権は推進する。
自民党内の良識派が追放の憂き目に遭い、選挙後の自民党が腑抜けの怪しげ政党に落ちぶれたとすればですね。
公明党の発言力はますます強くなることは必定でしょう。
公明の野望を阻止する勢力が自民党内から削がれたとなれば、その先の結果は火を見るよりも明らかです。
今後の政局はますます怪しげな方向へと流されていくのではあるまいか?
人権擁護法案のような危ない法案が、あっけなく成立してしまうのではあるまいか?
歴史観・国家観の怪しげな小泉さんが、これらの法案の危険性を十分理解しているとは思えない。
ゆえに体を張って法案成立を阻止してくれるとも思えない。
不安です。

今度の選挙で政界再編を夢見たい私。
さてどこら辺を最後の決め手にして一票行使するべきか?
民主岡田に政権任せたら、とんでもない事になりそうだし・・・まぁ今度の選挙で民主が政権取る可能性は限りなく低いと思うので、その心配はしてはいませんがね。
といって小泉さんもねぇ・・・
小泉率いる今の自民党に今後の日本の舵取りを任せて本当に大丈夫なのか?
平沼氏・城内氏といった良識派の議員を造反議員をして追放し、一方で片山さつき氏のような怪しげな候補を公認する。
と言うことはですね。
選挙後の自民党そのものが十二分に怪しげな政党に成り下がっている可能性大。
単なる小泉シンパ政党に成り下がっている可能性大、なのです。
当然、拉致問題への取り組みも疎かに成ってしまいかねません。
なにしろ肝心要のトップにやる気が無いのに、その尻を叩くべき良識派がいないとなれば、こちらも小泉さんはいくらでも好き勝手が出来てしまうと言うもの。
これでは不安になるな、と言う方が無理と言うものではあるまいか?

ともかく私は冒頭に書いたとおり、全うな保守政権と全うな野党の成立を望みたいのです。
けれど民主も自民も、一つの政党の中に右から左まで、愛国から売国まで雑多に同居しているから話がややこしいのだわ・・・
これでは小選挙区はともかく比例区では一票の行使が出来るはずもなし。
まぁ、今ここで私が不満を言っても現実はこうなのだから、どうしようもありません。
ともかくなんとか一歩でも半歩でも政界再編につながる一票を、と思ってはいるのですが・・・中々投票先が定まりません。
民主岡田と自民小泉。
どっちもどっちで選べない、というのが今度の選挙の悲しい現実ではないか?と私は頭を抱えております。


posted by ぴろん at 02:47| Comment(8) | TrackBack(6) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。