2005年10月01日

英霊は泣いている

ネット上ではあちこちで話題になっております、大阪高裁による首相の靖国参拝違憲“判断”。
何だかもう、言葉がありませんね。
靖国神社は国のために命を捧げた多くの御霊が祭られている所。
その御霊をお慰めすると言うたったそれだけの事に、なんでこうも大騒ぎをしなければならないのか?
どうしてこうも靖国を目の仇にしなければならないのだろう?

命をかけて守ったはずの祖国。
その祖国・日本が戦後60年の時を経た今、自分達の魂を祭った社を一国の首相が参るか否かでもめているのだと言う。
これでは英霊も浮かばれない。
心安く眠るわけにもいきますまい。
英霊の皆様方は靖国の社の中で、さぞかし嘆いていらっしゃる事でしょう。
いったい俺たちは何のために命をかけて祖国・日本を守ったのだろうか?と。

情けなくとも裁判は裁判である。
“判断”を“判決”のように言いくるめて、はやくも一部のマスコミは反靖国キャンペーンを展開、靖国を貶めるのに忙しい。
そんな世の中の風に流されて、靖国に対しておかしな色眼鏡で見る人も増えるのだろう。
首相の参拝反対、無宗教の追悼施設を即刻作るべし。
ましてや天皇陛下の参拝などもっての外・・・あぁ・・・

国のために命をささげた者の魂を慰める為に、一国の首相や天皇陛下がお参りするのは当たり前のことと思う私の感性は間違っているのか?
裁判を起した彼らには死者の犠牲に敬意を払うと言う謙虚な気持ちはないのだろうか?
命かけて国を守ると言う事が、どれだけの覚悟と決意を必要とするのか?
おそらく彼らの頭の中にはそのような配慮も思いやりも微塵もないのだろうね。

靖国には、沖縄戦で特攻で戦死した私の大叔父の御霊もいる。
敵艦目掛けて戦闘機もろとも木っ端微塵に散った大叔父の御霊は、今靖国の社でどんなに歯噛みしていることだろう。
申し訳がなくて、情けなくて、たまらない気持ちである。
死んだ人間のことなどどうでも良いとでも?
ただただ、今の世を生きている人間の都合だけが優先されれば良いとでも?

私は今叔父の御霊に合わせる顔が無い。

靖国の英霊は泣いている。


posted by ぴろん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(2) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。