2005年10月22日

被害者を思う心さえあれば良い

9.17から3年。
集会のテキスト化という具体行動を始めて1年。
Blogを立ち上げておよそ半年。
おかげさまで支援者のお仲間も増え、当事者家族の方ともほんの少し顔なじみになりました。
行動を起こしたぶんだけ、家族の生の声やリアルな息遣いに触れる機会も比例して増えます。
けれどもそういうきっかけが増えれば増えるほどですね。
拉致問題に首を突っ込めば突っ込むほど、己の無力さ加減を強く思わざるを得ない自分がいるのです。

私たちの戦うべき相手の底知れぬ闇の深さ。
被害者を取り戻す為に立ち向かわねばならない障壁の大きさ。
当事者としてそれに挑まねばならない家族の思いに心を寄せる時、私も何かとてつも無く大きな物に潰されそうな気分になります。
おかげで最近の私は少々煮詰まり気味です。
この手の運動の活動歴の長いある支援者のお仲間に言わせれば、意気込んで支援をしていても問題の山が動かないとなれば丁度3年目くらいでちょっと気分が落ち込む時があるんだそうです。
なるほどな〜〜〜、と。
それは確かに当たっているかも知れません。

そもそも被害者救出運動は何のためにするのでしょうか?
集会でお見かけする多くの支援者は、私など到底足元にも及ばないような豊富な知識や情報をお持ちの方が大勢いらっしゃいます。
中には本当に体を張って、命懸けの支援活動をする人もいらっしゃいます。
熱心に支援をすると口で言うのは安しですけれど、皆それぞれに仕事があり、生活があり、家族があるわけです。
自分のプライベートな時間を削ってまで支援に力を注ぐのは、それはそれは並大抵の覚悟では務まらない。
私の目から見ても、彼らの努力奮闘には本当に頭が下がると感じております。

早紀江さんが仰る「溺れる子供」を前にして、傍観者ではいたくない。
それが私個人が拉致問題に関る一番の理由でしょうか?
むろん支援者が100人いれば100通りの理由があることでしょう。
何か自分に出来る事を・・・そういう思いで、集会にはせ参じている多くの老若男女に出会いました。
ネットを通じて、こちらも種々様々な考えを持つ人の存在を知りました。

世の中には実にたくさんの考え方があります。
支援の輪を広げようと奮闘すればするほど、この意見の違いという現実の壁にうんざりするほど直面します。
救助の方法一つとっても制裁即刻発動派から慎重派まで様々です。
被害者を救い出したいという気持ちは同じでも、救う会の運動方針には同意できないと言う人もいる。

そんな中で、ではいったいどうすれば支援の輪を広げる事ができるのか?
自説にこだわる余り何かといえば内部ゲバに及ぶ人たち。
内ゲバまではいかずとも、支援者同士の揚げ足取りに終始して溜飲を下げている人も少なからずお見かけします。
振り返れば拉致問題の支援活動には、過去にも種々雑多な争い・内輪もめがありました。
内輪もめなどしている暇があったらば、その力を支援の輪を広げる方向に注ぐほうが前向きではないか?と私などは思うのですが、中々その思いが通じない場合もある。

そもそも支援者として最低限必要不可欠な物は何なのでしょうか?
支援者として必要な資格があるとすれば、それは「被害者を思う心」に尽きると私は思っています。
それさえあれば、後は救出の為の方法論が違っても関心度の濃淡があっても、支援する仲間として手をつながねばならないと考えてもいます。
つなぐ努力をしなければならないと考えます。
立場や意見の違いを乗り越えて大勢の支援者が手をつながねば、国民世論をもっともっと強固な物にしなければ、拉致問題の山を動かす事などとても出来ようはずもない、と思うからです。

被害者は今も救出を一日千秋の思いで待っています。
残り少ない命の火を燃やして被害者の帰国を待ちわびる家族たち。
彼らの胸の内を思ったならば、今私たちが内輪もめして支援の輪を乱す暇など無いはずだと思うのですが。

私たちは何のために自分のプライベートな時間を削ってまで支援をするのか?
一円の得にもならない支援活動をするのか?
集会ひとつ参加するにも交通費から参加費までそれらの費用は全部自分の持ち出しです。
それでも足しげく集会に通うのはなぜなのか?
ボランティアとして裏方仕事を務めたり、ネットに書き込んだり、署名活動やカンパをするのは何のためなのか?

私たちが救うべきは被害者の命と彼らの帰りを待ちわびる家族の命であるはずです。
全ては被害者の為。
被害者を救い出す為。
それが支援活動の原点であろうと思います。
その原点を忘れてはいけないと思う。
それぞれがそれぞれに出来る事を積み上げて、意見の違いを乗り越えて手をつなげれば、それが被害者救出のための大きな力となることを私は信じます。

私に出来ることは所詮この程度。
悩んで苦しんでいつも同じ所をぐるぐる回っておりますが、それでも諦める事はしたくない。
拉致問題の支援活動は命を救うための運動です。
命の危機を前にして、溺れる子供を前にして、私は卑怯者になりたくはありません。


posted by ぴろん at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。