2005年11月10日

全ての被害者を救い出す事・・・それが拉致問題解決の原点 

「すべての被害者帰国して初めて解決」安倍官房長官

 安倍官房長官は9日、朝日新聞などのインタビューで、日朝国交正常化には拉致問題の解決が必要だとし、「もしかしたら私の子供が、家族が拉致されたんではないか、と思っておられるご家族の方々も多い。こういう方々も含め、すべての拉致被害者を全員日本に帰していただいて初めて解決をされたと言える」と語った。政府が認定した拉致被害者11件16人に加え、拉致の可能性がある多数の「特定失踪(しっそう)者」を含む全面解決が国交正常化の前提になるとの考えを強調したものだ。

 一方、北朝鮮に対する経済制裁の可能性については「目的はあくまでもすべての日本人の拉致被害者の救出にあり、結果を出すために今ベストの努力をしている」と述べた

(中略)

――日朝国交正常化の前提として、拉致問題をどこまで解決する必要がありますか。また、経済制裁をどう考えますか。

 政府が認定している拉致被害者は、まだ安否が定かではない。さらに特定失踪(しっそう)者と言われる方々も含め、拉致被害者を全員日本に帰していただいて初めて解決されたと言える。経済制裁は目的ではない。目的はすべての日本人の拉致被害者の救出にあり、結果を出さなければいけない。結果を出すために今ベストの努力をしている。

http://www.asahi.com/politics/update/1109/016.html


すでにあちこちのBlog・掲示板で取り上げられている安倍氏の発言です。
私は基本的に支持したいですし応援したいですし、その言葉通り被害者救出を実現して欲しいと願っております。

ただですね。
安倍さんが官房長官に就任してから「制裁発動」の言葉をハッキリ口にしなくなったことで、疑心暗鬼になっているお人も少なからずいらっしゃるようで。
どうなんでしょう?
安倍さんの官房長官受諾を裏切り者呼ばわりし、その罵声が少し止んだかと思えば、今度は小泉に対し辞表を叩きつけろと息巻く向きもあるようですが・・・?

引用のインタビューにもあるように、制裁はあくまでも手段であって目的ではないと思う。
でも最近、この判断を冷静に出来なくなってる人がどうも増えてはいませんかねぇ???
振り返れば今年6月の座り込みの時もそうでした。
座り込みの賛否の如何が、家族会・救う会への忠誠度の物指しのように思い込んでる人もいましたが、それと同じような状況が今再び湧き起こっているようにも思います。
曰く、制裁発動に賛成するか否か?
曰く、小泉退陣に賛同するか否か?

家族会・救う会の意向は言わずもがなですが、それに諸手をあげての賛同をしない者は支援者にあらず、と思い込んでいる視野狭窄な御仁がまたぞろ出没しているようで。
どうしてこう何でもかんでも物事を、白か黒か?0か100か?の振り分け・色分けをしないと気が済まない人がいるのだろうか?
制裁発動・小泉退陣に熱く賛同する者だけが真の支援者なのでしょうか?
私にはどうしてもそうは思えないのですけれどね。

無論私個人もどこかの段階で制裁をかける必要性はあると思っています。
けれど、それはいつ?どのタイミングで?どんなレベルの制裁を発動するのが効果的なのか?
戦略性を持って発動するべきと思っています。
その意味で、今の政府内にはそれだけの戦略をしっかり考えている担当者もなければ、戦略を練るために必要な情報を集める部署も残念ながらありません。
拉致担当大臣すら内閣に設置せず、特定失踪者の調査さえ政府主導では行われていない。
制裁発動の備えての下準備、例えばスパイ防止法の制定や日本版北朝鮮人権法の成立もどこかへ消し飛んだままなのです。

拉致問題が硬直し、6者協議も茶番劇の域を出ていない今、家族も支援者にも苛立ちが募りに募っています。
それは分かりますが、だからといって制裁発動を単なるうっぷん晴らしの場にしてはいけないと思う。
何の策もなく担当部署もなく、闇雲に怒りに任せての制裁発動にどれほどの効果が望めるのか?
拉致問題の山が動く局面がすぐそこに来ているからこそ、冷静に状況を見極めたい物だと思う。
安倍さんの言うように目的と手段を混同してはいけないと思う。

肝心なのは被害者を救う事。
表面的に威勢の良い言葉を連ねれば被害者が救えるというものでもない。
今こそしっかりとした戦略を立てるべき時だと思う。
日本は本気で一人残らず被害者を取り返すんだぞ、と言う姿勢をハッキリ示すのも立派な圧力の一つ。
さっさと拉致問題の担当部署を作り、特定失踪者の調査を政府主導で開始すべきです。

それらを実現してもらうためにも、安倍さんには内閣でしっかりと影響力を行使して欲しいと思う。
安倍・小泉を仲違いさせて辞表叩きつける事が、どうして被害者救出につながるのか・・・私には分かりません。
仮に辞表を叩きつけたとして、それで小泉さんが翻意して拉致問題に熱心に取り組むようになるのでしょうか?
万が一の官邸暴走を止められるのは国民の民意しかないと私は考えています。
その民意を反映してくれる存在として、安倍さんは内閣の中でストッパー的役割を果たしてもらう方がベターだと私は思うのですがねぇ?

制裁発動・小泉退陣に賛同しない者をかたっぱしから排除して「自称真の支援者=過激な方針を支持する者」だけで固めてしまえば、運動は先鋭化の道を一直線です。
先鋭化した支持者だけいれば、拉致問題は何とかなるのですか?
万が一の官邸暴走をコアな支援者だけで止められるとでも?
制裁発動は被害者救出のための手段のひとつにすぎません。
安倍さんの言葉を借りるまでもなく、肝心なのは結果=被害者を救い出す事にあるのです。
「制裁発動に賛同しない者は支援者にあらず」ではなく、「全ての被害者を救い出したいと願う者」は皆支援者であると言う基本的立場をまずは再認識したい物だと思う。
いざと言う時の備えの為にも、被害者置き去りの正常化反対の声を上げてくれる支援者は、一人でも多いに越した事はない。
そのためにも拉致問題を支援する者の最低限の共通項は「全ての被害者を救い出すまで、国交正常化はしない」で良いと思うのです。
まずはこの一点で、すべての国民の心を一つにするべきではないでしょうか?

誤解の無い様に言いますが、私は決して制裁発動絶対反対なのではない。
ただ、世の中の多くの人は、コアな支援者と比べて拉致問題に関する知識や認識がそれほど深いわけではない。
そういう人に対して制裁発動が必要な理由を説明するとなると、時間と手間がやたらとかかるのです。
政治的臭いのする運動に拒絶感を持つ人も相変わらず存在するわけですし。
そういう現状の中で、拉致問題に深い理解と知識を持つ支援者を増やすのにはどうしても限界があります。
関心度の薄い一般大衆の心を掴むには、もっと分かりやすく共感しやすいスローガンを掲げる必要もあるのでは?と私は最近思い始めてもいます。

先の総選挙で、奇しくも小泉さんが教えてくれたじゃありませんか?
世論をがっちり掴もうと思ったら、訴える言葉はシンプルにわかりやすく。
で、拉致問題のシングル・イシューは何か?と考えた場合ですね。
「制裁発動」も良いけれど、それよりは「全ての被害者を救い出すまで、国交正常化はしない」の一言で訴えた方が、共感は得やすいのでは?とも思うのですがね?
どうでしょうか?

ともかく、苛立ちの余り、支援の本質を逆立ちさせてはいけないと思うのです。
制裁発動はあくまでも手段。
手段の違いがあるからと言って、せっかく拉致に関心を持ってくれた人たちを追い出して先鋭化するのは得策ではない。
排除の論理は、支援の輪を狭めるだけ。
運動が過激になれば、世論・民意は救出運動から引いてしまいます。
被害者救出と言う結果を得るには、支援者の側も懐の深さが求められる場面もあると思う。
冷静に沈着に、そして戦略をもって事に当たるべし。
感情に任せてのうっぷん晴らしだけは何があろうとも慎むべきと心得ます。


posted by ぴろん at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。