2005年12月13日

透さんが物を言うと風向きが悪くなるのはなぜなのだろう?

透さんの発言は拉致板などでは相変わらず物議をかもしているようです。
やれやれ、難儀な事ですなぁ・・・
先ごろの西村騒動にしろ今度の透さん騒動にしろ、この救出運動は一体何のためにするのか?
皆様ちゃんと心得ていらっしゃいますか?
私たちの敵は、北朝鮮の金正日なのですよ?
心を一つにして闘わねばならないこの非常時に、どうしてこうも次から次へと内輪もめの種が尽きないのでしょうか?

さて・・・透さん発言に付いては昨日のエントリーでひとまず置いておくつもりだったのですが、拉致板などを見るとまだまだヒートアップしているようなので、冷静さを取り戻してもらうためにも、あえて私はここで異論を書かせていただこうと思います。
ぜひ、ご一読をお願い申し上げます。

「経済制裁に政府が慎重になっているのに『やれ』と言うのは反政府の圧力団体と変わりない」

どうも透さんのこの発言辺りにいわゆる脊髄反射をして反発を感じている人が少なくないように思われますが。
副代表と言う役職にある以上、家族会の総意に逆らうような発言を公の場でするのはルール違反であるという意見も目にしました。
ふうむ・・・何故なのだろう?
透さんのこの発言をどうして家族会批判と短絡的に捉えるのでしょうか?
そもそも透さんのこのご意見は家族会の総意に逆らう意見なのでしょうか?
私には皆様のそういう感覚の方が理解できません。

確かに私たち支援者の間では経済制裁発動は規定事実となった感があります。
しかし支援の輪の外にいる人にそれが十分に理解されているかと言えば大きな?マークが付くのも現実ではないでしょうか?
現に昨日のエントリーのコメント欄にも、「経済制裁一辺倒の主張だけでは、どうしてもマイナー圧力団体という印象をぬぐえない」と言った意見は寄せられています。
そういう視線でこの救出活動を見る人は少なからずいるのだ、という現実を踏まえたうえで透さんの発言を読めばですね。
むしろ、世間からいらぬ誤解を招いて救出運動が頓挫しないよう、この運動の屋台骨を守るために絶対に見失ってはいけない視点を、勇気を持って提示しているのでは?と私は受けとめていますけれどもね。

今度の国民大集会では経済制裁の必要性を訴えるパンフも配られるとの事。
今必要なのは一人でも多くの国民に、誠意を持って理解を求めると言う姿勢だと思います。
どこかの一部の支援者のように、制裁に同意しない者は支援者ではないとか、やれ売国奴だとか。
いたずらに罵倒するだけでは世論はますますひいてしまうだけ。
透さんのご意見はそういった一部の支援者に見られる暴走を戒め、家族の訴えが世論に誤解されぬよう先回りして釘を差しているのではないか?とも読めると思うんですがねぇ・・・?

蓮池家の人間がかつて政府に対して一番強行的だったではないか?と言う意見も散見しました。
確かに仰る通りかもしれません。
それを思えば今の透さんの悟りすました様な物言いは何かとカンに障るし、未帰還者家族の意向に逆らうかのようにも見えるし、透さん自身が変節したかのように見えるのかもしれません。

でも・・・立場が変われば視点も変わるのは自然な事ではないんでしょうか?
透さんは弟の救出に無事成功して、家族会の中でも冷静に世論の動向を見つめる視点を手にした稀有な存在ではないかと思っています。
となればいまだ家族の救出が果たせない未帰還者家族とは、同じ制裁発動を訴えるにしても視点の持って行く先がそもそも違うのは当たり前。
そしてこれも座り込みの時に当Blogでは何度も主張しましたが、切羽詰った当事者家族に冷静に物事の判断を求める事事態、無理な相談だと思うのです。
家族に代わって、冷静に事の判断をするのが支援者の務め。
そして弟の救出に成功して冷静さを取り戻しつつある透さんが、家族会の中で果たすべき務めではないのか?と私は思うのですが。

それともう一つ。
経済制裁を発動するにはその前提として、日本政府の姿勢を、「まずは国交正常化」ではなく「まずは被害者全員の救出」に切り替えてもらわねばなりません。
その意味で考えれば、透さんの言う
「『ちゃんと(拉致問題を)やらない限り経済援助できない』と言うのは十分な圧力になる」

と言う意見は家族会のそれとなんら反する物ではないと私は思うのですが・・・?
小泉さんが「一人残らず被害者を帰さない限り、経済援助はしませんよ」、と言えば慌てるのは北朝鮮です。
十分圧力ではありませんか。
万景峰号を止めたり、北朝鮮への送金を止めたりするのも圧力カード。
まずは政府が毅然とした姿勢を示してもらうのも圧力カード。
違うのは圧力のレベルの違いと言った所でしょうか?
昨日も言いましたけれども、まずは政府が毅然とした態度で拉致問題を解決する気になってもらい、最低限の基本姿勢を表明してもらわねば、経済制裁と言う強い圧力カードなど発動するべくもないのです。
家を建てるときも、まず作るのは基礎・土台です。
土台なくしてその上に立派な二階は作れない。

まずは政府に基本姿勢をキッチリ表明してもらう事。
それは経済制裁に賛成であれ反対であれ、イデオロギーの右左・ノンポリに関らず、多くの同意を得られる所ではないでしょうか?
まずは救出運動の土台を作るべき。
右も左も関係なく手を取り合いたいと願う私の理由はそこにあります。

まずは基本姿勢と言う合意なくして、経済制裁発動と言う強いカードを切ることはできない。
仮に世論の合意をすっ飛ばして、政府へプレッシャーをかけて力ずくで経済制裁発動を勝ち取ったとしてですね。
その反動としてどんなリアクションが北から返ってくるのか?
制裁発動が上手く行かなかった場合の二の矢、三の矢はどうするのか?
そこまで議論を尽くしある程度の世論の合意がなされなければ、制裁発動と言う強い圧力カード行使の『余波』を世論が支える事など出来るはずも無いと思うのですが?

それとも何ですか?
この経済制裁も座り込みのときと同様に、「やって見なければ分からない」レベルの行き当たりばったりの制裁発動をするつもりなのでしょうか?
増元氏の言う「国民の皆さんの中で論議していただきたい」と言う願い。
蓮池氏の言う「制裁するなら、被害者を救出するための戦略的な制裁をすべき」という意見。
この二つの主張の何処に食い違いがあるというのだろう?
国民の中での議論をすっ飛ばし、救出の為の戦略も持たない制裁に果たしてどれほどの効果が望めるのか?
やるなら出来るだけ最大の効果が望める策を準備周到に冷静に講じるべきではないのか?

何かと言えばつまらぬ内輪もめ、いがみ合い。
隙あらばこの救出運動を潰したいと狙う者にとっては、ここしばらくの私たち支援者の狼狽振りをみれば、おそらく高笑いが止まらないのではあるまいか?
これでは敵と戦う前に、自滅の道をまっしぐらになり兼ねません。

それと意見の交換をする際は、まずは相手の言わんとすることをシッカリ読み取る事。
視野を狭めて短絡思考に陥らない事。
どうも上っ面の言葉に流されて、カッカカッカと熱くなる御仁がたくさんいらっしゃるようで・・・
支援者としてどうのこうの言う前に、まずは皆の日本語能力を磨く方が先なのか?と、寂しい気持ちに襲われるこの頃でもあります。

・・・・・・・・・・・

参考過去エントリー
蓮池透さん講演(2005/10/29)青梅にて
http://piron326.seesaa.net/article/8799186.html


posted by ぴろん at 18:03| Comment(4) | TrackBack(2) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三多摩市民集会(9)05.11.21 立川アイムにて

『増元照明 家族会事務局長のお話 その2』

あの先ほども言いましたけども、日本と北朝鮮の不正常な関係がこの拉致問題を生んだというふうに、ここにも書いてありますが、皆様ご存知のようにタイからも78年に拉致をされております。
マカオからは3人なんですが、その内の(ひとりが)タイ人なんですよ。
もちろん連れて行って何処の国の国籍かと言うことを調べればタイだとすぐ分かったでしょう。
そのタイと言う国は1975年に北朝鮮と国交を樹立しています。
で拉致されたのが1978年、3年後なんです。
すなわち今日本の中でちょっと、馬鹿な事を言うコメンテーターが一杯いるんですけども。
国交正常化が成されれば拉致被害者も帰ってくるではないか?と言う方たちがいらっしゃいますが、国交のあった国からも拉致をしていってるんです。

更にマカオもです。
マカオというのは昔はポルトガル領でしたけれど、今は中国なんです。
一番親しい中国の国民であるマカオ人、当時はマカオ人でしたが今は中国人です。
孔さんと言う方と蘇さんと言う方ですね。
ふたり拉致して行ってる、しかもマカオから拉致して行ってる。
これは不正常な関係があったから拉致が起こったんじゃない。
レバノンもそうです。
レバノンも通商部、たしか北朝鮮に通商部が置いてあったはずです。
さほど悪い関係ではない。
だからどんなに仲が良くてもどんなに国交正常化をしていても北朝鮮は拉致をしていってる。

それは何故か?
1976年に金正日が拉致強化指令と私は言っておりますが、それまでの南朝鮮の赤化統一が中々進まない事を見て、彼が掌握した3号庁舎と言う工作機関に対し、命令を出したのが1976年です。
ですから77年、78年、やたら滅多らあちことから拉致をして行ったんだと思います。
日本でも一番認定者が多いのは77年、78年です。
でも余りこうやたら滅多ら拉致して行ったので、教育係として不適格な人がいたと言うことなんですね。
曽我さんの場合は間違えて連れて行かれたと言われているようですけど、それも分かりません。
先ほど荒木さんが仰ったようにそれ以降、向こうは選定するようになったんではないか?
有益な人間だけを連れて行った。
ですから日本で必ず協力者がいて誰を連れて行けば良い、それをこいつを連れて行こうと、そういう選定をしていったんだと思います。
それがこれだけの特定失踪者が生まれた理由だと思います。

金正日が拉致を認めて3年、我が国は未だに協力者さえ捕まえていないんですね。
田中実さんの場合、ちゃんと曹廷楽と韓竜大というちゃんと実行犯と言うか協力者が分かってるんですけども、手を付けられないんです。
手を付けるか付けないのかどうか?なぜ付けないか?ちょっと僕には分からないんですけれど、日本にはスパイ防止法とかそういうのがありませんから。
まずやるべきはそういう方たちを逮捕して取り調べる法律を作るべきではないでしょうか?
3年も経って何も出来ないと言うのはおかしいと思います。
自由に日本の中を工作員が動いているというのはおかしいです。

私たちは経済制裁でまず万景峰号を止めろと言ってます。
万景峰号は大型工作船としてもすでに安明進も認知してますし、とにかく3号庁舎の工作機関の下に籍を置く船であると言う事。
あの船で日本の破壊工作の指示が出されていると言う事。
これはすでに多くの脱北者、それから元工作員の話から出ているわけです。
その船が堂々と新潟に入ってくるわけです。
更にあの船でもしかしたら拉致被害者が連れて行かれた可能性もある。
そんな船を、私たちの家族もまだ返していない国の船が定期的に新潟に受け入れる事事態が、私はおかしいと思います。
国家としてなんら意思を示さない事がおかしいと思います。

この船の入港に関して最初は36社、今油濁法でしたっけ、船舶の。
油濁法の改正がありまして施行されているんですけども、世界に通用する36社の保険会社の物しか認めないと最初は国交省は言ってたんです。
それがニュージー(ランド)の変な会社の保険に入った。
万景はバミューダの会社の保険に入ったそうですが、そのオーナーは過去に2回会社を潰して賠償金を払わなかったと言う実績がありますから、そんな保険会社の保険に入ったと言う事で私たちの国はそれを認めてしまったんです。
36社から外れているにも拘らず、何でそんな事をしたのか?

国交省の人間が永田町から風が吹いたと言っておりますので、おそらく永田町の政治の圧力があったんだと思います。
それだけ政治家の方たちには、どうしてもあの船を入れなければいけない許可しなければいけない、何らかの理由があるんだと思いますが。
証拠が無いんで、これを私たちが言うとまた訴えられますので、テレビの前ではなるべく言わないようにしているんですが、証拠が無いのがとにかく問題だと思いますね。
証拠があれば今政界に巣食う本当の悪を出していけるんでしょうが、証拠を出す為には朝鮮総連への家宅捜索だと思います。
朝鮮総連に破防法をかけて全ての書類を出せば、あそこに必ずどの政治家にいくら金をやった、何年の何月にお金をやったというのが必ず出て来ますから、出していただくしかないと思います。
警察の方もおられるみたいなんで、是非それはお願いしたいんですけど。

この前科学技術者協会に朝鮮人参の事で家宅捜索がされたようですが、あの時にパソコンを全部持って行かれたみたいなんで、いろんな情報を入っているパソコンを持っていかれたようです。
それを是非生かして頂きたいと思います。
なぜ?科協に家宅捜索が入ったか?
非常に議連の方には失礼だと思うんですけども、佐藤会長はたしかアメリカがやれと言ってその許可を出したのではないか?と言うことを仰ってます。
あの同時期にアメリカはマカオの銀行、北朝鮮がマネーロンダリングをしている銀行に手をつけております。
同じ時期です。
ただし、アメリカは北朝鮮ではなく、金正日の懐に入る銭を全部シャットアウトし始めました。

そして科協と言うところのトップは、中国にある、中国と日本の合弁会社である会社に、日本の本社にミサイルの部品やそれから・・・(聞き取れず)の部品を注文するように指示を出した責任者が科学技術者協会にいるわけです。
ですから科学技術者協会のトップを止めるという事は、日本からのミサイルの部品を止められると言う事です。
このために警察は入ったのではないか?
それが一番の目的だったんだろう。
それはアメリカとの連動があるんではないか?
更にはアメリカが本腰になってきたという。
ただアメリカは中東問題を抱えてますし、国内の問題を抱えています。
最終的にどちらを取るかまだ今決めかねていますが、長い時間あの金日政権を放置するとは思いません。
私たちはアメリカに行って、どうも今の政府の関係者たちはもっと早いスパンであの国に大きな圧力をかけ始めているんではないかと言う気がしています。

だから中国に圧力をかけて始めている。
中国はあの国の宗主国です、北朝鮮の。
中国が本気になればあの国を諭す事ができるし、あの国に命令することができる。
あの国へのパイプラインを断ち切ることによって、北朝鮮に大きな圧力をかけることが出来るんです。
6者協議だってそうです。
北朝鮮と言う小国と、他は全部大国です。
ロシア・中国・アメリカ、軍事大国です。
日本も経済大国です。
韓国だって一応世界で11番目か12番目の経済大国なんです。
その大国が5カ国も集まって、北朝鮮に対して何も諭す事もできないし言う事を聞かせる事も出来ない。
これは私は絶対に中国が裏で何かやってると言うふうにしか思えません。
それでなくてはあの北朝鮮に何かいうことを聞かせるのは簡単だと思います。
あの6者協議の中で。
それが出来ないんですから、それは大きな国、やっぱり中国の何らかの意図があるんではないかと思います。
私たちは中国に対してもこれからはちょっと厳しい目で見ていかなければならないんではないでしょうか。

中国と言うのは人権問題に対しても自国の事もありますから、とにかく反対する22カ国の中に入っています。
常任理事国ですからこのまま安保理付託になって経済制裁が論議されても、ロシアと中国がふたり拒否権を発動すればそれで出来なくなるんです。
ですからこれは中国に対して人権と言う事で世界中から大きな圧力をかけて行かなければならない。
2008年のオリンピック、こんな人権の無い国でやれるかと。
スポーツの祭典、平和の祭典で、そんな大きな祭典をなぜ人権の無い中国でやらなければならないのだ。
人権を考えない中国でやらなければならないんだ?と思ってる方たちがアメリカにはいらっしゃいます。
私たちも人権と言う言葉で中国を攻めて行かなければならないんではないでしょうか?
2008年のオリンピックまで、オリンピックを開催する国は人権を重んじるべきでなければならない。
その声を上げていけば中国だって多少動かなければならないと思います。
ましてや北朝鮮の2000万と言われる人民の苦しみを未だに放置しているようなそういう国であってはならない。
北朝鮮の人権非難決議に対して、反対を投じるような国ではあってはならないという自覚を持たせなければならない、と思っています。
それが一番の早道だと思いますが。

それにつけても私たちの国がまずやらなければならないのは、経済制裁の発動です。
制裁は単なる政策手段ではない。
同義的な声明であると言う事。
これはブッシュ大統領がカストロ政権に対し制裁を継続するときに言った言葉です。
同義的声明だと言う事です。
効果の有る無しではないです。
日本の国が北朝鮮に対して、私たちの国が拉致被害者を救出するためには大きな力を使いますよ。
そしてあなたのやってることは悪いんですよと言う声明を発するのがこの経済制裁の発動です。
それを出来るのは我々の国しか有りません。

韓国はすでに盧武鉉政権になってそれをやる気はありません。
しかし私たちの国はそれができる国であるし、それだけ大きな影響力を持っている国であるということ。
もうちょっと考えていただきたいです、国会議員にも。
そしておそらく国民の皆様にも覚悟を突きつける事だと思います。
それは怖いでしょう。
怖いからといって何もしなければ結局私たちの国は何も出来ない国になってしまいます。
それで良いというのであればそれで良いのかも知れない。
私はでもそういう国であってはならないと思います。
脅しに屈して何も出来ないような国には成りたくないし、お金だけ渡して何もされたくない国にはなりたくないと考えています。

先日テレビで言ってました。
どこかの中学校に父兄が怒鳴り込んで数時間も教師それに校長を缶詰にし、そして最終的には80万のお金を払った。
コメンテーターは、「何で毅然と出来ないんだ?」と言っておられました。
「何で毅然と出来ないんだ、いくら父兄が何と言おうと、それはちゃんと教育現場にいた人間が毅然とすれば良いんではないか?」と言っておられましたけれども。
今の日本は果たして毅然としているんでしょうか?
北朝鮮のむちゃくちゃな言いがかりに対し、そしてむちゃくちゃな言い分に対して、私たちの国は毅然として言ってるんでしょうか?
それを全く批判しないでその校長だけを批判するのは、片手落ちだと思いますが、コメンテーターの方たちもご自分の覚悟につながることに関しては中々発言が出来ないのか。
自分の身に降りかかるかもしれないその恐怖に対しては何も言わないで、その校長に対してだけ責任転嫁をしているように感じて私はちょっと非常に残念でなりませんでした。

でも私たちは皆さんにもお願いしたいと思います。
これは皆さんにも多分覚悟を決めて、この拉致問題と言うのは皆さんにも覚悟を押し付けると言うか、なんて言うのかなぁ。
皆さんにも覚悟をしていて頂かなければならない問題なのかもしれません。
それは国家の中で論議すれば、国民の皆さんの中で論議していただきたいと思います。
私はその一つの大きな転換点としてこの拉致問題を皆さんにももっと深く考えていただきたい。
このままで良いのか?本当に我が国は。
本当に私たちの国はこのままで良いのか?

100人200人守れない国は、1億2千万守れるはずが無いんです。
本当にこれから先安全を保障する為にも私たちの平和を確保する為にも、国民の皆さんにもっと考えていって頂きたいと思います。
これはどっちになるか分かりません、私。
でも論議はするべきだと思います。
経済制裁の発動をするのかしないのか?
郵政民営化で投票をするのではなくて、国会の中で経済制裁をいつ発動するのか。
その論議をして国民に問う事も良いのではないでしょうか?
是非お考えになって頂きたいですし、私たちは家族を取り戻す為に絶対に一歩も引かない構えでおります。
皆さんと一緒に話してそして家族を取り戻していきたいと思っています。

是非ご協力をお願いします。
生意気を言って申し訳有りません。
ご協力をお願いします。(拍手)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。