2006年01月13日

「立派な最期でした」親友の戦死を母に伝える・・・映画「男たちの大和 YAMATO」を観て2

すみません。
藤沢集会のテキストの残り、さっさと仕上げねばならないのですが、もう少し大和関連の話にお付き合いいただけますでしょうか?
この作品、本当にいろいろな意味で考える所の多かった映画なので、その感動が薄れないうちにきちんと形に残しておきたいのです。
よろしくお願いを致します。

大和の水上特攻の果て、急死に一生を得て生き延びた特別年少兵の神尾克己が、親友西哲也の戦死を伝える為に西の母親の元を訪ねるというシーンが出てきます。
これは、私にとっては他人事ではない、本当に身につまされる場面でありました。
一連の特攻の叔父のエントリーをお読みいただいた方はもうご存知と思いますが。
うちの場合も戦友のAさんが、わざわざラジオの尋ね人に申し込んでまで家族を探し当て、はるばる熊本から千葉の家までやって来て、叔父の最期の様子を伝えてくれた、と言う体験を持っているからです。

そのとき、実際に私の祖父とAさんがどんな会話を交わしたのかまでは、私も聞いてはおりません。
ですが映画の中の神尾特年兵のように、叔父の両親に「立派なご最期でした」と伝えた事は間違いなく、あるいは両親に土下座して「自分だけ生き延びてしまって申し訳ない」「ごめんなさい、ごめんなさい」と絶叫したのかもしれない。

Aさんが桜花特攻で務めたポジションは、母機の一式陸攻の副操縦員です。
この副操縦員に課せられた任務は、敵艦の上空で桜花を切り離す為のボタンを操作すること。
そしてもう一つは、万が一桜花隊員が負傷などでその任を果たせなくなった時は、代わりに桜花へ乗り込んで特攻する事なのだそうです。
叔父とAさんの命運はまさに紙一重の運命共同体であった、とも言えるのです。

桜花隊員と母機の一式陸攻に乗り込む攻撃隊とでは同じ特攻隊員と言っても少し立場が違います。
前のエントリーでも少し触れましたが、決死と必死の違いがあるのです。
桜花は文字通り切り離しを受けたら最後、あとは敵艦に突っ込むしかない人間爆弾です。
ですから桜花隊員には出撃に当たっては常に決死の覚悟が求められます。
けれど、攻撃隊は少し違う。
母機の一式陸攻は桜花を切り離したら緊急退避し、鹿屋基地まで帰還する事が求められていたからです。
従って、彼らに求められたのは必死の覚悟。
桜花隊と攻撃隊ではそもそも求められる覚悟の具合が違うのですね。
しかし・・・

前述の通り、桜花を牽引した一式陸攻は非常に動きが悪く、喘ぐようにして何とか戦場までたどり着くと言う有様だったのだそうです。
これでは無事に戦場までたどり着けるかどうかわからない。
たどり着けたとしても、今度は無事に帰還出来るかどうかがわからない。
結局の所、一式陸攻の搭乗員たちも、出撃に当たっては決死を覚悟して戦場に臨まざるを得ないという事であったかと思います。
その意味では桜花隊も攻撃隊も、死に赴く覚悟は同じ。
でも攻撃隊には万が一の生存の可能性がある。
実際Aさんの搭乗した一式陸攻は無事帰還に成功した、数少ない母機の一つなのでもありますしね。

けれどAさんの任務は副操縦員。
もしも私の叔父が負傷などで桜花隊の任を果たせなくなった場合は、代わりにAさんが桜花特攻を行っていたかもしれないのです。
同じ攻撃隊でも副操縦員の任にある分だけ、彼も死への覚悟は必死よりは決死に近い物があったはず。

その分だけAさんは、決死の覚悟で桜花特攻を果たした叔父の事を、一心同体に感じていたのかもしれません。
生き延びてしまった自分が、戦友の最期を家族に伝えずしておめおめと生き恥をさらすわけには行かない。
一体全体、どんな覚悟を決めて、Aさんは千葉の家まで訪ねてきてくれたのでしょうか?
映画の中の西の母のように「お前だけむざむざ生き残って」と激しい怒りをぶつけられるかもしれない。
それでも戦友の最期を伝えない事には、彼の戦争体験は自分の中で区切りが付かなかったんでしょう。

映画の中で西の母親は、一度は神尾特少兵を責めますが言い過ぎてすまなかったと詫びます。
おそらく大和の戦死者も、うちの叔父と同様に戦死の公報が届き、遺骨と称して「英霊」と書かれた紙切れ一枚入った空っぽの白木の箱が渡されているはずです。
それで可愛い息子の死を信じろと言う方が無理というもの。
西の母が「うちの哲也はじき帰って来ますので」と言い張って、息子の死を頑なに信じないのも分かる気がします。
あるいはどこかの離れ小島などにたどり着き、生きているのではあるまいか?と。
淡い期待をつなぐのが肉親の偲びがたい情であると思いますので。
けれど、それではいつまで経っても蛇の生殺し、心の区切りが付かないまま、いつまでも苦しみ続けなければなりません。

しかし実際に同じ大和で出撃をし、息子の最期を見届けた人の言葉であれば、それを信じないわけには行かない。
息子の死を伝えに来る戦友の存在は憎らしくもあり、同時にありがたくもあるのだと思う。
それがあって、初めて母親は息子の死を乗り越えて、生きるための覚悟が決められるのですから。
息子は母を護ろうとして大和と共に命をかけた。
その思いを、生き残った者が無駄にして良い訳はないのですから。

仲代達也演じる現代の神尾克己は、長い間大和の沈没地点を訪ねる事は出来なかったという。
自分だけ生き残ってしまったという心の葛藤に苦しんで、戦後60年の年月を彼は寡黙に過ごしてきました。
そして60年ぶりに大和沈没地点を訪ねた彼は、これでようやく俺の昭和が終わったと呟きます。

我が家の場合も戦友のAさんは、叔父の命日のたびに長い手紙とお供物を千葉の実家に送り続けました。
そうしなければ、彼も戦後の年月を生き延びる事は出来なかったのでしょう。
彼の受けた心の傷の深さを、私は知る由もありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★参考過去エントリー
「尋ね人で始まった出会い・・・ある特攻隊員のお話 その6・・・」
http://piron326.seesaa.net/article/5564976.html


posted by ぴろん at 14:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 特攻の叔父の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「死ニ方用意」は胸の詰まる台詞でした・・・映画「男たちの大和 YAMATO」を観て

久しぶりに特攻の叔父がらみのネタを書こうと思います。
昨日私は、やっとこさ時間をこしらえて「男たちの大和 YAMATO]を観て参りました。
ちょっと映画の内容にも踏み込んで話を起こしますので、ネタバレは勘弁して欲しいと思う方はどうぞ遠慮なくこのエントリーを飛ばしてください。(笑)

以前にも書きましたが、私はいわゆる戦争物の映画やドラマなどに感情移入がしにくい性質なのです。
身近に生身の特攻隊員の話を聞いて育ったせいか、どんなに良くできた作品でも所詮作り物、と言う冷めた感情がどこかに自然と湧いてしまう方なので・・・
結論から言うと、この作品も所詮は作り物、と言う冷めた感情からは逃れられませんでした。
でも今までのいわゆる戦争物映画と比べたらですね。
生死の境に追い込まれた兵士の苦悩や恐怖と言った、戦争の現場のリアリティはよく表現されていたように思います。
その意味では前評判を裏切らない秀作であったと言えるのではないでしょうか?

私の特攻の大叔父も沖縄戦で出撃、戦死しております。
船と飛行機の違いはあれど、二度と生きては帰れない死出の旅に赴く兵たちの気持ちには通じる物があると思う。
その意味で少しでも叔父の心を理解する一助となれば、との思いでこの作品を観てみたいという思いに駆られたのです。

大和は昭和20年4月5日、菊水1号作戦の一環として水上特攻の出撃命令を受けます。
この菊水作戦と言うのは1号から10号まであり、沖縄に上陸したアメリカ軍への反撃策として決行されました。
(菊水作戦についてはこちら→http://www1.neweb.ne.jp/wa/yamaki/shiryoukann-(8).htm
私の叔父は同年5月4日、菊水5号作戦の一環として鹿児島県・鹿屋基地より出撃、戦死しております。
ですから戦艦大和の沈没も、私の叔父の特攻も、同じ作戦の一環であるという意味においてそもそもが他人事の話ではないのですね。

大和が沖縄への水上特攻の出撃命令を受けた時、渡哲也演じる“伊藤整一 第二艦隊司令長官”は「護衛の戦闘機は何機あるのか?」と上官に尋ねるシーン。
しかし護衛の戦闘機は一機も無いと言う・・・
まずはこのシーンが胸に詰まりました。
大和の撃沈は4月の7日。
叔父も海軍の端くれですから、戦艦大和が水上特攻の果てに撃沈した事をおそらく知っていた事でしょう。
それも一機の護衛の戦闘機もなく、敵の雨あられの砲弾を受けて沈没したと言う戦艦大和の話を聞いて、彼は一体何をどう思ったか?

叔父の所属した神雷部隊桜花隊も、出撃に当たっては作戦上必要な数の護衛戦闘機が確保されない中での作戦決行でした。
桜花を牽引して戦場へと飛ぶ母機の一式陸攻は、その機体の重さゆえに喘ぐ様にしてやっとこさ飛んでいたと言うのです。
小回りの効かない母機に加え、護衛の戦闘機の絶対的不足。
桜花作戦は、護衛機によって敵の気勢を削ぎ、制空権を確保してこそ生かされる作戦なのです。
それなのに制空権の確保もままならぬ状況で、しかも機動力の悪い母機に牽引されて戦場へと向かい、特攻すると言うのです。
そんな状況で、敵の雨あられの砲撃を一体どうやってかわすというのか?
無事に目的を達成する事などできるのか?

実際桜花による特攻はそのほとんどが無残に迎撃を受け撃沈されています。
無事に母機から切り離されて敵艦の撃沈に成功した桜花は、本当に数えるくらいしかありません。
これが後に無駄死、犬死と揶揄される所以だとは思います。
しかし、そんな事は今の時代改めて言われずとも、当の本人たちがこの作戦いかに無謀か、よくよく承知していたのではないでしょうか?
それなのに、彼らは不平不満も何もいわず、黙々と出撃し特攻し若い命を散らしていきました。
なぜ?どうしてそんな事が出来てしまうのか?
それは叔父の特攻によって護られた側の私にとって、常に考えねばならない大命題でもあるのです。

映画の中でも若い水兵たちが、この水上特攻作戦は無謀ではないかと激論を交わすシーンが出てきます。
その思いは、言葉に出すか出さないかの違いはあっても、戦局の悪化を肌身で知る兵たちにとって、共通の思いではなかったか?とも私には思えてならないのです。
いくら戦時中とは言え、命を捨てるのが当たり前の時代とは言え、いざその時が来た時、恐怖や不安に襲わる事もなく、悟りの境地に辿り着いていた人などどれ位いたのだろう?
上官も下士官も下っ端の水兵たちも、その思いはあるいは皆どこかで相通じる苦悩ではなかったのか?

しかし長島一茂扮する“臼淵磐大尉”は語ります。
 
進歩のない者は決して勝たない。
負けて目覚める事が最上の道だ。
日本は進歩ということを軽んじ過ぎた。
私的な潔癖や徳義にこだわって、
真の進歩を忘れていた。
敗れて目覚める。
それ以外にどうして日本は救われるか
今目覚めずしていつ救われるか。
俺たちはその先導になるのだ。
日本の新生にさきがけて散る、
まさに本望じゃないか。

この台詞はそのままグッサリと私の胸に突き刺さってしまいました。
そうなんですよね。
特攻に限らず戦死した多くの者は、皆家族のため・後に残る者の為、そして後の時代に生まれる者の為に命を投げ出して逝ったのですから。
特に特攻隊員は、“必死”ではなく“決死”の覚悟で戦いに臨んで逝ったのです。
生き残った元特攻隊員の手記などを読むと、決死と必死では天と地ほどの覚悟の違いがあるといいます。
“必死”には万が一にも生き伸びる可能性があるが、“決死”はその可能性は全くゼロである。
それが特攻に臨む者の覚悟なのだと。
そして彼ら特攻隊員の多くは異口同音に、家族の幸せを祈り後を頼むと言い残して死んでいきました。
その死者の思いに今の日本は果たして応えられているのかどうか・・・?

最後の出撃に臨むに当たり、臼淵大尉は若い水兵たちに向かって、「故郷に向かって別れを告げろ、それも死ニ方用意の手始めだ」と言い聞かせます。
それを受け、若い兵たちは「お母さ〜ん」「母ちゃ〜ん」と母親に向かって叫び、またある兵は「○○〜」と妻や恋人の名前を叫びます。
このシーンには正直参りました。
「母ちゃ〜ん」と絶叫する水兵たちの姿が、そのまま特攻の叔父とダブってしまったからです。
私の特攻の叔父の「死ニ方用意」の中にも、間違いなく家族への決別の瞬間があったはずですから。
出撃の朝、家族の写真を胸に抱き幼い姪っ子の葉書を胸に抱き、身支度を整えた叔父は、静かに淡々と「死ニ方用意」の手順を踏んで鹿屋の基地を飛び立っていったはずですからね。

基地に残る神雷部隊の隊員の帽振れの見送りを受け、沖縄へ向けて飛び立つ叔父。
二度と生きて戻れぬ故郷日本、二度と会えない家族への思い。
どんな気持ちで叔父は勝算の薄い作戦に突入していったのか?

最近ある資料を調べていて、特攻の大叔父の出撃時間と戦況について、私は知る事が出来ました。
叔父は昭和20年5月4日午前6:03分鹿屋基地を出撃、同9:00に桜花の切り離しを受け敵艦へ突撃したそうです。
突撃した敵艦は掃海艇「ゲーエティ」
しかし大叔父の桜花は敵艦に命中せず、真近の海面に突入。
爆発の衝撃により乗組員3名負傷と言う記録がアメリカ側に残っている事が判明しました。

その事実を知って、少しばかり私の心中も複雑です。
無事桜花の切り離しに成功したのは奇跡に近く、本人にとってもまずは第一段階無事にクリアし、ひとしおの感慨はあったと思うのですが、しかし敵艦の撃沈までは至らなかった・・・
叔父の壮絶な決意は、結果として晴れやかに実を結んだとは言えないのです。
やはり叔父もその瞬間、無念の涙を流したのでしょうか?

映画の中で大和めがけて攻撃を仕掛けてくる敵の戦闘機が、なぜか叔父の搭乗した桜花と重なりました。
敵方の攻撃の様子に感情移入する観客なんて、多分私だけ。
きっと非常に珍しい存在だとは思いますが。(笑)
でも攻撃を受ける乗組員の視線で戦闘の激烈さをあそこまで描いた戦争映画を観たのは初めてでしたし、おそらく敵の攻撃を受ける側の艦上の様子と言うのは、あれくらい悲惨なものであったろうと推測はします。
映画の中では、アメリカ側の戦闘機は決して特攻などしませんが、接近戦で大和をかすめた戦闘機がそのまま艦上に突っ込めば確かに特攻シーンの再現ですから。
敵方の戦闘員もさぞかし、恐怖感に襲われたんでしょうね。
実際、戦闘機のパイロットの肉体が特攻によって吹き飛ぶ所を目の当たりにして、ノイローゼになったアメリカ兵もいたんだそうです。
彼らが日本の攻撃を心底恐れたのは、ある意味真実であるのかもしれない。

桜花隊員は全部でおよそ200名、そのうち桜花による特攻はわずか55機、55名の戦死者です。
その内の一名が私の大叔父その人なのですね。
人間爆弾・桜花の戦死者である大叔父ゆかりの者として、私は私なりに精一杯叔父の事を綴らねばならないなぁと、改めて心に誓っている所でもあります。

海軍の白い制服、きびきびした敬礼。
映画の中に出てくるシーンは、どれもこれも叔父の姿と重なり合います。
叔父も出撃に当たってはきっとあのようにきりっと敬礼を決めて、母機の一式陸攻に乗り込んだことでしょう。
いろんな意味で「男たちの大和 YAMATO」はいろいろと考える事の多い映画であったかと思っています。
よくぞこの映画を製作してくれたものと、製作者・出演者の皆様に感謝の気持ちを抱いて所です。
posted by ぴろん at 03:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 特攻の叔父の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤沢集会、高英起さんの講演テキストをアップ

テキスト準備中だった以下のエントリーが完成しました。

高英起さんは、「救え北朝鮮の人民緊急行動ネットワーク」RENKというNGOで、北朝鮮の人権問題に関して長年命懸けの取り組みをなされている方です。

私たち救う会の活動とは少し違う立場・視点から考える北朝鮮問題への提言も学ぶべき所は多いのではないかと思います。
下記のURLよりご一読ください。


第13回藤沢集会(5)06,1.7 藤沢産業センターにて

『高英起氏のお話(RENK東京・映像ジャーナリスト)』http://piron326.seesaa.net/article/11579712.html
posted by ぴろん at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶&お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。