2006年01月19日

東京連続集会14 恵谷治氏の講演音声ファイル(ノーカット)

本日友愛会館で、よど号と拉致をテーマに集会が開催されました。
集会の模様は順次テキストでご紹介しますが、今回の集会でのメイン講演、ジャーナリストの恵谷治氏による、「拉致実行犯について」の模様を全文音声ファイルでご紹介します。

講演の内容は主に拉致実行犯とされる辛光洙とよど号グループについての詳しい解説です。
私たちは良く拉致実行犯の事を一まとめに工作員と呼びますが、その内実はもっと細かく分類されていて、「工作員」「偵察員」「戦闘員」「案内員」に分かれること、ですとか。
工作機関3号庁舎の組織は「調査部」「連絡部」「統一戦線部」「作戦部」と役割分担がされており、拉致を実行したのは「調査部」と「連絡部」で、この二つは勢力争いをするように拉致の実績を競っていたとか、興味深いお話がたくさん聞けます。

全部通すとおよそ55分の熱のこもった講演ですが、お時間のある方、是非お聞きください。
ファイル容量の関係で3分割しましたが、ノーカットです。
どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★恵谷治氏 講演音声ファイル(東京連続集会14 06.1.19 友愛会館にて)

Img_1743.jpg

ファイル1


ファイル2


ファイル3



posted by ぴろん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。