2006年05月04日

5月4日の蒼い空

Img_2869.jpg

今日は私の特攻の叔父の命日です。
家族の写真と手紙を胸に沖縄に散った叔父の事を思うとですね。
この日はやはり、少し胸が痛む思いがします。

そして世間は楽しいゴールデンウィークを過ごすのんびり気分。
61年前の余りにも激しい現実との落差に、何だか打ちのめされるような気がします。

61年前の今日午前6時3分、叔父の搭乗した一式陸攻は特攻機の桜花をその腹に抱いて、友軍機と共に鹿児島県の鹿屋基地を発進しました。
そして午前9時、叔父の搭乗した桜花は、敵の掃海艇・ゲーエテイをめがけて突撃。
その数秒後、沖縄の海で彼は木っ端みじんに吹き飛んで戦死しました。
享年はわずか21歳。

特攻隊員としては非常に珍しい事に、出撃時間も突撃時間も突撃した敵艦の名前も、そして戦果も分かっております。
本当に本当にこれはレアなケース。
大体の特攻隊員は出撃したらそれっきりで、どこでどう死んだのか、全く分からない人の方が多い。
中には特攻隊員として出撃した事さえ知らない家族もあるという中で、突撃した敵艦の名前まで分かっているうちの叔父のようなケースは多分数えるほどだと思います。

彼が今生きていれば、81歳のおじいさんです。
うちはどちらかと言えば長生きの家系なので、十分元気に、かくしゃくと人生を謳歌していたかもしれない。

二度と生還できない故郷日本は叔父の目にはどんなふうに映ったのか?
鹿屋を飛び立ち、やがて見えてくる開聞岳にどのように今生の別れを告げたのか?
後ろに遠ざかる九州の地をどんな思いで見送ったのでしょうか?
南西諸島の島々を次々と眼下に見送りながら、敵艦の迎え撃つ沖縄へと、どんな気持ちで彼は向かったのか?
そして頭の上に広がる5月の蒼い空をどんな思いで見つめたのか?
考えれば考えるほど、自分の身を引き裂かれそうなくらいたまらない気持ちになる自分がいます。

私は自分の特攻の叔父を語る時、散華と言う言葉を使いたくありません。
一連の特攻の叔父のエントリーをお読みいただいた方の中には、もしかしたらすでにお気づきになった方もいらっしゃるかと思いますが、私は叔父の話を語る時に一度もこの散華と言う言葉を使った事がありません。
散華と言う言葉は余りにも美しく文学的に過ぎて、叔父の壮絶な死を語るのには温度差が有り過ぎる言葉と感じてしまうのです。
無論、他の方が散華と言う言葉を使う事に、私は何の違和感も拒否感も無い。
でも自分の叔父の話を語る時に、この余りにも美しい言葉はどうしても使えないのです。
叔父の苦悩をオブラートに包んでしまって、叔父の死をリアリティーの無い物にしてしまうような気がするのです。

叔父は5人兄弟の末っ子で、出撃時には私の母を筆頭に4人の幼い甥っ子姪っ子がいました。
おそらく特攻に臨むに当たっては、俺が命をかけてこの幼い子供たちを守る、と言う決意はどこかに必ずあったと思っています。
叔父は特攻に志願した直後に、私の母の元へ一枚のハガキを寄こしています。
元気で学校に行っているか?弟の面倒は見ているか?といったごくありきたりの近況をたずねる文面の最後に「オテガミチョウダイネ」の文字がある。

元特攻隊員の手記をあれこれと読んでいた時、私の胸に刺さって消えないエピソードが一つあります。
それは特攻に志願した直後、そのあまりの現実の重さに平静を保つ事が出来ないほどの強く激しい恐怖心が襲ってきた、と書き記したある手記を読んだときの事です。
その特攻隊員は、しかしある日道端で無邪気に遊ぶ幼子を見たとき、「そうだ、俺はこの幼い子供たちの命を守るために自分の命をかけるのだ」と決意し、それ以降徐々に冷静さを取り戻していったと言う。

そのエピソードを読んだとき、なぜかその人の決意が、私の叔父の決意と重なって見えました。
叔父にも当時すでに、私の母を含めて4人の甥姪がいた。
当然、彼も死への決意の過程で、この幼い甥っ子姪っ子を守ろうという決心をしたはずで、その事によって叔父もあるいは心の平静さを保っていたのかもしれない、と思うわけなのです。

それを思うと、「オテガミチョウダイネ」の文字はとてつもなく重いのです。
叔父の望みに応えて返事を書き送ったと言う母のハガキ。
死の間際まで、折々に揺れる心を、おそらく叔父は母のそのハガキを読む事で平静さを維持しようと努めていたのかもしれません。
それがとてつもなく、切ない。
叔父の死によって守られた側の私としては、その事実はたまらなく重い。

ともかく叔父は61年前の今日、幼い姪っ子のハガキを胸に、特攻機「桜花」と共に命を散らしました。
皮膚は裂かれ、肉は引きちぎられ、骨は砕かれて、顔も内臓も何もかも人の形を一切残さず、桜花と共に木っ端みじんになって沖縄の海に沈みました。
その悲壮なまでの最期を、どうして肉親の私が散華などと言う美しい言葉で語れようか?
叔父の痛みを我が身に引き受ける時、どうしても私は散華と言う言葉だけは使えない、いや使いたくは無いのです。

叔父が突撃した敵艦の名前が分かっているという事は、アメリカ側の資料を探せば突撃の瞬間その船が沖縄のどこにいたのか?を知る事がおそらく出来るはずだと思います。
そうすれば、例えば戦艦大和のように東経何時何分何秒、北緯何度何分と言う所まで確定が出来るのかもしれません。
もし、それが可能ならその場所へ会いに行きたいと言う気持ちが私にはあります。
なにしろ向こうは木っ端みじんに吹き飛んでしまい、いまだに骨のひとかけらも故郷へ帰って来られないのですから。
はるばる千葉から沖縄の海まで訪ねていけば、叔父は海の底で肉親の訪問を喜んでくれるでしょうか?

今年の5月4日も抜けるような蒼空が頭の上に広がりました。
正義叔父さん、見えますか?
あなたが敵艦目掛けて出撃した午前9時の故郷・千葉の今年の蒼空を、あなたの魂に捧げます。


posted by ぴろん at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特攻の叔父の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06.4.16 質疑応答その1 日本再生フォーラム(5)JACK大宮ビル5階にて

『質疑応答 回答者:荒木和博氏 その1』

※この講演会での質疑応答は事前に質問を文書で出しておき、その中から荒木氏ご本人が質問を選んで回答するという形式を取っています。
従ってこの質疑応答は質問の朗読・回答どちらも荒木氏ご本人が行っているのですが、テキスト上では質問と回答の区別をつけて、読んで分かりやすいように文章の構成をしております。
その事を予めご理解の上でテキストをお読み下さるよう、お願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たくさんご質問を頂きましてありがとうございます。
できるだけお答えをしたいと思います。

★質問1
まず、経済制裁はなぜ出来ないのか?
ご家族に対して説明はなされているのか?という事でございまして。

★回答
このご家族に対する説明の方は、誤魔化そうと・・・・・・・・・。(聞き取れず)
政府は経済制裁を出来ない理由を説明していない。
なぜか?というということで、これは私どもも良く分かりません。
ある意味でかなり執拗に、断固として経済制裁をしたくないと言う意思を感じます。

北朝鮮は逆にですね。
経済制裁の動きがあった一昨年の、てか3年前の年末くらいですか?
経済制裁の動きがあって公安がですね。
審議をされていると、いう時に何をやったかと言うと、平沢勝栄さんあるいは山崎拓さんと中国でのですね。
会談をやりまして、そして一昨年の5月ですか?
子供さんたちを返してきたということで、おそらく経済制裁をやられては絶対に困るというものがあるんだと思います。
困ると言うものがあるので、日本の側にもとにかく「これだけはしないで貰いたい」と言う事をいろんなルートを使って言っているんだろうと思います。
これが経済制裁と言うが進めば、非常にいろんな物が変わって参ります。
それをしない・させないという事は単に北朝鮮側の意向と言うことと日本の政権だけの意向じゃなくて、ひょっとしたらそれ以外の意思も働いているのではなかろうか?と。

一つは中国はやはり経済制裁させたくないでしょうし、韓国もさせたくないと思うんですが、場合によったらひょっとしたらアメリカも何かあるのかな?と、いう感じもちょっとしたりしております。
これは正直言って絶対こうだと言う回答は私にもございません。
アメリカがやってる事はですね。
金融制裁、この偽ドルやなんかの問題につきましてこれは北朝鮮に対してどの程度の効果があるか?
また日本政府はこれに呼応した動きをすると思われるけれども、アメリカに加えて日本政府の圧力はいまひとつ及び腰である。
この理由は何か?と言うご質問がありまして、ですからやっぱり経済制裁への及び腰だということにはいろんな事が、さっき言った様な事もありますし、場合によったら何かの脅迫をされているのかもしれない。

例えば東京中枢でですね。
かつてのオウムのサリン事件とか、ああいうのに匹敵するものとか、あるいは新幹線に爆弾を仕掛けるとかですね。
そういうような事で大混乱を起すと、あるいは原発を狙ったテロであるとか、そういう事をやるぞと言うような脅しもされている可能性もあるのではないだろうか?と思います。
これは一つや二つではない、と言うことだろうと思っております。

★質問2
それから、北朝鮮の体制が崩壊すると直前に拉致被害者への危険が及ぶ可能性がある、と言うことは無いだろうか?と言う事で。

★回答
これはもう相手が向こう側にいる限りは、その可能性は最後の最後まで絶対に捨て切れません。
それをどうするか?
じゃあ穏便にやれば取り返せるか?と言うと取り返せない。
取り返せないどころか時間が経てばですね。
その前に、場合によっては命を落とす人が出てくる可能性もございます。
ですからここはですね。
もう気合でやるしか仕方が無いです。

かつて9.17の時にですね。
あの飯倉公館で、私ご族と一緒に政府からの宣告みたいな物を聞いておりまして、そして最初に横田めぐみさんのご両親、双子の弟さんと一緒に呼ばれてですね。
「めぐみさんは亡くなっております」と、言う話を聞いたときは私はですね。
これは拉致の救出運動に関っている者は、誰も大なり小なり皆心の底にあると思うんですが、この救出運動で北朝鮮を刺激して拉致被害者に危害が加わるんじゃないだろうか?
言う思いがこれ当然あるわけでございまして、あの時はですね。
これは本当の事になってしまったんだと、自分のやってる事は人殺しだったんだと言う思いでですね。
本当に茫然自失と言う思いをした記憶があるんですが、これから先だって、そういう事を思う事が無いという保障は正直言って全くございません。

そうなったらばどうしなければいけないか?
と言うことの最低限の一応覚悟をしてやっていくつもりでございますけども、そのときに、ともかくそうしないようにする為には何が必要か?
絶対にこれ何が必要か?と毅然たる態度が必要です。
もし日本人がですね。
一人にでも手をかけたらばただではおかない。
非常に言い方がキツイ言い方をすれば、「お前ら皆殺しにしてやる」と、北朝鮮の幹部をですね。
それくらいの事を言う事は絶対に必要です。

その代わりもし日本人の拉致被害者を助けてくれたらば、それはもう絶対に我々としては身柄を保護するという事をですね。
飴と鞭の両方を、こういうのを対話と圧力と言うんですね。
こういうのを使わなければいけない。
我々が絶対に取り返すんだと、言う事の意思を明らかにしている限りはそこは、北朝鮮の高官も手を出しません。
あの国のやり方からすると、今までのいろんなやり方をみてますとね。
こっちが強い時は絶対に強く出ません。
必ず引き下がります。
こっちが弱くなると偉そうな顔をする。
言う事ですので、ここは一種のチキンゲームみたいな気持ちでですね。
最後まで徹底してやるという事が必要では無いだろうか?と思います。

★質問3
それから、世論の大切さも国民一人一人の気持ちが大切なのも分かりますが、トップが代わる事で随分違うのではないかと思う。
誰が総理大臣になったらば被害者が帰ってくると思うか?

★回答
いいご質問がございました。
これは全くそうなんですけども、ある意味で言うと小泉さんのときにですね。
北朝鮮が拉致を認めて5人が帰って来たと言うのは、もちろんそういう時代になっていたと言う事もありますが、たまたま今の総理大臣がですね。
外交に全く関心が無い人であったと、尚且つしかも総理大臣になる時に、誰もあの人が総理大臣になるとは思っていなかったために、北朝鮮側はマークしていなかった。
いう事がございます。

これから先今言われている4人はですね。
皆それなりにそれぞれ北朝鮮側がマークをしておりまして、それがどれくらいの力があるか分かりませんけども、しかしですね。
それは誰がなってもそれほど極端な違いは、良い意味でも悪い意味でも私は無いんじゃないか?と思っております。
もちろん個人的に親しいとかそういう意味で言えば、安部さんにやって貰いたいとか、いう思いはありますけども、しかし安倍さんだったら全て上手く行くか?と言ったら私はそんな事は絶対にありえないと思っております。
安倍さんだってご出身の選挙区の下関というのはですね。
極めて北朝鮮とつながりの近い地域でありまして、安倍さんの選挙地盤の中にもそういう物は入っている。
安倍晋三さんが選挙に出るはるか前から出来ていたつながりでございまして、そう簡単にいくら本人がそういう意思があったとしても簡単には切れるものではない。
ですから、それでも切って貰いたいと思いますけど、これはそれだけの問題ではないと思います。

こういうふうに変わってこなかった問題と言うのはですね。
例えば金丸信ですとか野中広務ですとか田辺誠ですとか、そういう名前がいろいろ出て参りますけど、もし今まで逆にですね。
そういうそこに出て来た政治家の一人が悪くて、そうなっている問題であればその政治家が失脚したり死んだりすれば問題は解決していたはずです。
少なくとも大きく動いているはずです。
それが動かない。
金丸信が失脚しようが何をしようが事態は極端に前には進まなかった。
これはいったいどういう意味があるのか?

これはもっとですね、個々の政治家ではない、この国の戦後60年の政治構造の中に深く根ざした物があるということでございまして、これはですね。
そう簡単には引っくり返せるものではない。
変えて行かなければいけないものでありますけども、そう簡単に出来る事ではない、と言う覚悟を持って当たるしかない。
いう事ではございます。
その辺の事はタケマサ議員(?)に頑張って頂くと致しましてですね。

しかし、それでも尚且つ拉致問題がこれだけ大きな問題になって来ていると言う事はどういう意味があるのか?
これは国民の声です、断然、何をさておき。
国民の声があってですね。
これはこんな事は許しておけないと、いう事があったからここまで動いて来たんです。
それが無ければ政府だけで勝手に動くなんて言う事はありえない。

尚且つ、それと一緒にですね。
マスコミの方々がこれを報道してくれた。
いろんなこと文句を言う方はもちろんおられますし、いろんな立場の人いるわけですけども、しかしそれでもですね。
マスコミの中でこの問題何とかしたいと思ってる方が何人もおられて、その方が報道してくれたという事によって、更に多くの方がこれを知る事が出来た。
いう事は間違いなく言えると思います。

そういうものが更に大きな流れを作って行ったということでございまして、これは私は度々こういう席で報道関係の方が来ておられれば言っているんですが、報道関係の方々もこれはもちろんお仕事でやるわけで、そのお仕事の中で良い仕事を残していただければいいんですが、その書いていただく活字の一文字。
あるいは映して頂くテレビの画像のホンの5秒の画像が与える影響がいかに大きいか?
それによって動かす、その意味で言えばマスコミの方々も、やはりこの拉致の救出と言う第一線に立っているということは言えるのではないだろうか。

ですからここにおられる皆さんでもですね。
是非新聞とかテレビとか、そういう物で拉致問題でですね。
いい報道があったと言うのを御覧になった方は、それぞれの会社にですね。
電話して頂いて、「あの番組は良かった、この記事は良かった」という事を言ってですね。
「是非もっと頑張ってやってください」という事を応援をしてあげてください。
そういう事をやることによって、何とかしようと思っているマスコミの方々にですね。
追い風を与えることが出来るのだというふうに思っております。

で、質問の話に戻りますけども、ですからそういう流れはいろんな事があっても簡単に消えないと思います。
ですからこれから先、誰が総理大臣になってもですね。
私はこの拉致問題は前に進むだろうと思っておりますし、そうさせなければいけない。
いうふうに考えているわけでございます。

・・・その2に続く・・・
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。