2006年09月12日

06.9.3 増元照明さん1 新座集会(1)新座商工会館にて

『増元照明 家族会事務局長の講演 その1』

Img_2096.jpg



こんにちは。(「こんにちは」の声)
今ご紹介いただきました家族会の増元です。

ここにいらっしゃる方はほとんどある程度専門的な部分を知っていらっしゃるので、拉致の内容に関しては知っていらっしゃると思いますので何を話して良いかちょっと迷っていますが、
専門的なことは、のちほど西岡常任副会長が話してくださると思うので、家族会について
家族会は、基本的に救う会と両輪で今としてやっています。

今後も両輪としてやっていきたいと思っていますが、昨年からアメリカの金融制裁に対して私たちも非常に強い手応えを感じておりまして、今年の初めから今年こそはと−毎年毎年今年こそと家族は思っているのですが−でもそれ以上に昨年からアメリカの圧力が強まったと言うことで、今年はどうにかなるんじゃないかなという想いが早くからありました。

今年一年、前期懸命にかけずり回って、あちこちに行こうと言うことになったんですが、アメリカその他、西岡さんと珍道中でマカオに行ったり、韓国にいったり、アメリカに行ったりしているんですが、自分たちのやれることはやりたいと言う想いで行っているんですが。

横田さんが昨年の末に、急な病気というか、あれは、薬の配合をまちがったようで、まぁ4万人にひとりだそうです。ご自分の飲んだ薬と風邪か疲れかで病院にいって病院で頂いた薬と、その配合がまずかったようです。血小板の値が急激に下がった。それでほんとうに危なかったそうです。一歩間違えば死に至るような病気だったようです。

丁度その時は12月9日で早紀江さんがひとり岩手のほうにいらっしゃって、代表がひとりで病院に行って、早紀江さんが電話をしたんですけれども、かからなくて、非常に心配されていたんですけれど、岩手と東京でしたからどうしようもなくて。私はあの時は、確かタイだったかと思いますが、私も何処かよそで聞いて、びっくりしました。

そう言う状況で入院が続きましたので、今年初めには代表にはずっと休んでいただきました。まぁ、昨年ずっと走り続けて大変お疲れでしたので、不幸中の幸いというか、いい休日になるだろうということで、休んでいただいたんですが。

今度は早紀江さんが、疲れがどんどんたまっていって、今右肩が上がらない状態なんですね。今年の春、1月2月ぐらいから、ずっとそう言う状況が続いていたんですけれども。

四月にアメリカの話がでたんですね、アメリカの公聴会の中で、話ができるので、是非代表に行っていただきたいんですけれども、代表は、そう言う状態ですから、長旅をして外国にいくのは、大変ですということで、じゃぁ、
 早紀江さんに行ってもらおうと言うことになりましたが、横田家では拓也君、哲也君は、最初反発されました。

「それ、ちょっと勘弁してください」と「どうしても行かなければいけないと言うんだったら、あれですけれど、できれば、両親には休ませていただきたい」早紀江さんにも休んでいただきたいと、そう言うふうに反発されたんですけれども。

私たちは、昨年から政府を通して、ブッシュ大統領にお会いできないかと言うことを、言い続けていたんですね。
昨年の秋にブッシュ大統領が来られました。訪日されました。その前に10月に私たちと島田さんがアメリカに行ったときも、拓也君も一緒に行ったんですけれども、NSC、マイケルグリーンさんが上級副部長なので、マイケル・グリーンさんと会って、お願いしていたんです。

「秋、ブッシュ大統領が来られるときには是非、うちの両親に会っていただきたい」ということを拓也君から申し出て、そして写真−−めぐみちゃんのあのセーラー服の、北朝鮮かでとられた写真を−−是非これも大統領にご覧になっていただきたいというふうに申し上げたら、マイケル・グリーンさんは、飛行機の中で、エアフォース・ワンですね。「必ず、これは見せます」と言ってくれまして、「なるべく私たちもそのように考えています」と言ったんですが、結局、訪日時には、時間がありませんでした。で、会うことは叶わなかったんですが、ブッシュ大統領の方から積極的に拉致の問題について小泉さんに話をされたわけで、小泉さんより拉致に関して非常に関心があるのかなというふうには、感じておりました。

今年の3月にですね、シーファー大使が新潟の拉致現場に行きたいということをおっしゃって、横田ご夫妻も一緒について行っていただいたんですが、その時巷では、ちょうどアメリカの駆逐艦が新潟の東浜に入って来る予定があったんで、「だからそのついでに行ったんだろう」と言う方もあったんですが、アメリカの大使館の方では「こちら(拉致現場視察)のほうがメインです」と言っていたので、拉致現場に行くのがメインです。たまたまそこに行くから、それを口実に新潟に行けるという−−。ですから前々から拉致現場に行きたいということをシーファー大使から言われていましたので、さまざま、候補地をあげていたんですが、その時駆逐艦が入ると言うことで、いかれて、どちらがメインというよりも、シーファー大使としては、「拉致現場を見るのがメインです」とおっしゃって、大使館の方も、ついてこられて話をしたんです。

そして現場をご覧になって、その後、家族と、新潟の救う会、めぐみちゃんの同級生の方たちと・・囲んでお話をしたんですが、その時に通訳の方、日本人の通訳の方が涙を流しながら通訳をされていました。シーファー大使も
感じ入って、非常に心強い言葉を頂いたんですが、その時にも、お願いしたんです。「今年の春の公聴会には早紀江さんを送りますので、ブッシュ大統領に面会する時間を頂けないでしょうか」と。
シーファー大使というのは非常にブッシュ大統領と信頼関係が厚いと言われている方でですから、シーファー大使にお願いすればブッシュ大統領にも通じるだろうと思いました。
そうしたら、シーファー大使は「わかりました。必ず伝えます。ブッシュも私と同じ気持ちでいるはずです。私も彼とはつきあいが長いわけだけれども、彼も私と同じ気持ちでいるはずです。」

これで、シーファーさんに言えば、ブッシュ大統領に会えるんではないかという強い気持ちを持って4月を迎えました。まぁこの間、安倍官房長官からもアメリカ政府に要請をされていたし、駐米、ワシントンにある日本大使館も、今駐米全権公使として、斉木さんもいらっしゃいますし、ですからそこは強く、アメリカ政府のほうには面会要請をしていたようです。

私たちが行くときは、まだどなたに会うと言うことも決まっていませんでしたが、公聴会だけ決まっていたんですが、公聴会の準備を色々しながらいきました。アメリカに着いたら、丁度シーファー大使も帰国されていたと言う話を伺いました。シーファー大使が同じ時期にワシントンにこられているということは、更にブッシュ大統領と会える期待が非常に強まったなぁと感じました。

我々はその期待をしながら、いつ会えるのかなぁと思いながら、行ったんですけれども、最初に行ったのは国防総省で、そこに行きましたら、ラムズフェルド国防長官はいませんでしたが、イングランド副長官−−ラムズフェルド国防長官がいないのですから、実質的トップですね−−その方と、太平洋艦隊の司令官とか、ずらっと並んでいたんですね。

その前に、私たちが国防総省についたら、どこからか手に入れたのか、ブルーリボンをしていらしたんですね。−(輪になったものですね−きれいな形のブルーリボンなんですが)−−それをみなさん付けていたんですね。ローレンス国防副次官を先頭にみなさん、出迎えてくださったみなさんみんな付けていたんですね。それに非常に感激しました。びっくりしたというか。

それで中に入ったらイングランドさんにいろいろ話を聞いていただいたんですが、その時にイングランドさんがちょっと口を滑らせて「ブッシュさんと会えるようになってよかったですね」と言ったんですね。まだ全然聞いていなかったので、みんなざわっとしたんですけれど、その後、ローレンスさんが「まだ決定ではないので、表に出ては困る。どうなるかわからないので、聞かなかった事にしてください。」「とにかく発表しないでください」ということで、みなさん黙ったんですが、そうしたら、どこからか、漏れたんですね、マスコミのかたから「イングランドさんがそう言ったらしいですね」と言うんですね。僕たちは言っちゃいけないと言われていたので「えー?そうなんですか?」とか、とぼけるのに大変だったんですが、ほんとうは正直に答えなければならないんですが、ブッシュ大統領に会うということで、それを、向こうサイドからコメントしちゃいけないという約束で、日本大使館も、「是非、それは言わないで頂きたい」と言われましたんで、言いませんでした。

それほど、国防総省の人たちは、拉致という問題に対して、非常に積極的に関与しているんです。アメリカの国防総省は。それは、アメリカの戦略の中でもそうなんですが、日本という国の戦略的位置、それから台湾問題を抱えていますけれども、国防総省と、国務省、それから、ホワイトハウスの考え方は、台湾問題について違うんです。国防総省は、台湾という国を、安全保障の観点から重要なところだと感じているんですが、それが、国務省、政府関係者も、台湾という国を、ちょっとひいてみている。

・・・以下、テキスト準備中・・・

・・・その2に続く・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このエントリーのテキストはblue-jewelさんの手によるものです。


06.9.3 質疑応答 新座集会(8)新座商工会館にて

『質疑応答』

★質問者1

○○から来ました○○と申します。
2点ほどお伺いしたいんですけど、工作員などを摘発する為におそらく別件とかでやってると思うんですけど、日本にはスパイ防止法が無いので、その辺が何故国会で議論されないのかな?と、いうことを国会議員の先生もいらっしゃるので、伺いたいのと。
西岡さんもその辺については必要性があるんじゃないか?と思うんですが、その辺の論評等を。
  
もう一点は30兆円産業と言われているパチンコ業界。
その7割が北朝鮮系だという話を聞いているんですけども、そこからやはり在日の工作員への資金が流れている可能性もあるんではないか?と思うんですけども、その辺の北への送金停止のこととか、または換金システムは賭博ですのでこれを廃止する事でパチンコ業界をある程度もうちょっと、パチンコやる事でいろいろな弊害も出ていますので、するという事も一つの考えでは無いかな?と思いましてお願いします。
パチンコ業界からの資金の流入について何か情報があれば教えてください。

★西岡力氏

スパイ防止法については、私は必要だと思っています。
議論して頂きたいと思っていますけど、国会でその議論がない事については私はちょっと分かりません。
それとですね。
つまり北朝鮮はいわゆるスパイと言うのではないですよね?
韓国の情報、韓国を取ろうとしているわけで、日本を取ろうとしているわけじゃないですから、もっとテロをする工作員ですよね?
その場合にはスパイ防止法よりも、日本に忍び込んで情報を盗む事についての法律があるかどうかと言う事で。

もうちょっと安全保障上の問題で自衛隊がどう対応するか?とか、自衛隊の特殊部隊が対応するか?とかそういう質の問題だなと思うんですけど、日本の警察はですね。
少なくとも二桁三桁の人間が日本に入って来ていると。
入って来ているという言い方は正確じゃないんですけど、日本にいる在日朝鮮人の中で北朝鮮へ行って軍事訓練を受けて帰って来た人を含めてですね。
銃火器も一部持ち込まれている、いうふうに認識しているようです。
しかしそれについては24時間尾行をつけている。
分かっているからです。

え〜〜と、それからなんでしたか、パチンコか。
パチンコ業界は7割が北朝鮮系じゃなくて、だいたい3分の1が韓国系で、3分の1が北朝鮮系で、3分の1が日本及び台湾系。
その韓国・北朝鮮でだいたい7割と言う事です。
ですから業界=北朝鮮と言うわけにはいかないんですね。
国内の問題としてパチンコをどうやるか?という事についてはまた別の議論だと思いますけど、脱税の巣である事は間違いが無いんで、それについてはプリペイドカードが入ることによって、だいぶ明朗化したわけです。
明朗化したら売り上げが随分伸びちゃったわけですね。

という事はちゃんと売り上げを申告しなかったんじゃないか?と思われるんですけど、とにかく同じ玉が回ってますから。
ラーメン屋さんだったら割り箸の量とか小麦粉の量とか他の人との付き合いでだいたい分かるんですけど、分かんないんですね。
プリペイドカードになったんで、プリペイドカードが何枚売れたかでパッと分かるようになったんですけど。

ただ今は、今は日本からの送金はかなり無くなってます。
つまり日本からの送金の手法と言うのは、税務署を脅して税金を払わないでそれを送ってたりしてたんですね。
今はバブルが崩壊してしまって赤字が多くて、元々払う税金が無いんですね。
無いところで税務署を脅してもしょうがないんで、儲かっている所で初めてその手法は使える。
バブルの右肩上がりの時は良かった。

後もう一つは電話一本で信用組合から1億とか2億とか融資をもらえると。
そうすると右肩上がりの時は何でも土地でも株でも買ったらどんどん上がったんです。
それやってたから、バブルの後みんな焦げ付いてですね。
そういうこともあって朝銀の融資がどんどん焦げ付いて、信用組合が潰れたわけですね。
だからどんどん右から左へお金を出せるような状態ではまず朝鮮系の朝銀は無いと言うことは一つあります。

だからバブルがはじけた後は献金が出来なくなったので、今度は預金を持って来いと言われた。
いう事になって、預金はあるわけですから不正に融資した事にして、担保もあるけど総連が中でやって、今度は預金を持って来ても後で補填で公的資金が入る。
でも一度公的資金を貰ってしまうと、今度は理事に日本人も入っていますし厳しい監査を受けますから、二度目はその手法は使えない。
それで逆に総連は今は損害賠償の裁判をされている。
いう形に今なっていますので、それも今は使えなくて、日本からの多額の送金と言うのは今は無くなっているんじゃないかと思います。
ただ、小口の9万人くらいの(北朝鮮に)帰った在日朝鮮人が飢え死にしてしまいますのでね。
家族が送っていると言うのはあると思いますが。

93年94年の時は日本からの送金を止めると言うのが一番大きな争点だったんですが、今は韓国・中国ですね。
韓国がかなり送っています。
日本がバブルはじけたら金大中政権になっちゃったんです。
それが無ければですね。
もうちょっと北は早く倒れたんじゃないか?と思うんですが、金大中・盧武鉉という事で、どんどん今度は生の現金が韓国から入った。
しかしアメリカは韓国のそういう動きに対して、韓国の銀行とか何とかが北朝鮮に送金したり北にお金をやると、アメリカの金融機関と付き合えなくなりますよと今言ってるわけです。
アメリカと韓国の間に今厳しい緊張関係がありますけど、今はそう簡単に韓国政府もお金を送れない。

★質問者2

RENKのですね。
HPいろいろ見させて頂いているんです。
あれ、とんでもないです・・・(聞き取れず)

★西岡氏

RENKの李英和さん、友達で良く知っていますけど。
一緒に・・・(聞き取れず)でやってたりしているんですけど、信用力はあると思いますけどね。
中にかなり線を持っているようですね。
一つ一つの情報について私よく見て無いので分からないですけど、そんなでまかせな事ではないと思いますけどね。

★質問者3

○○と申します。
ずばり、お聞きしたいと思います。
小泉総理が対話と圧力と言ってますけど、対話ばかりで圧力をかけない理由は何だと思いますか?
ご見解を。
 
★西岡氏

小泉総理がと言う主語で言うと、小泉総理は安倍官房長官を任命したんですね。
昨年の秋に多分考えが変わったんじゃないか?と。
ソフトサンクションやってます。
それまで、だからアメリカがソフトサンクションに入って、アメリカと北朝鮮のどちらを取るか?と考えたんですね。
自ずと回答が出て、アメリカと一緒になって戦争直前の危機まで行くかもしれないような北朝鮮拉致問題についてマネージメントする為には、圧力をかけるという事を言っている安倍路線で無ければ駄目で、山崎拓さんや平沢勝栄さんのように裏で話し合いするって言った人たちは一切論功行賞を入れるべきではないと、入閣させなかった。
これは小泉総理がやった人事ですよね?
で、麻生さんを入れたわけです。
そこからは圧力をかけるやっぱり路線に変わったんではないか?

★質問者4

あの足立区の方の病院だか事務所だかで、それが千葉の方の病院の寮の保養所の方に拉致被害者が投獄されていた事がある。
その後の経緯については政府はどのような対応をしているんでしょうか?

★西岡氏

西新井病院ですね?
それが実は先ほど言った科協の取調べなんです。
同じ事件です。
警察と言うのは怖いと私思っているんですけど、今仰った西新井病院の千葉にある寮みたいなものかな?
研修所のようなところに、藤田さんが拉致された前後にですよね。
誰か袋の中にいれられた女性がいて、それを日本海の方に運んだという運転手が特定失踪者問題調査会に連絡をしてきて、その後警察に連絡して今警視庁が囲っているようですね。
週刊新潮がその事を書きました。
しかし裏がどうも取れないようです。
話が確実では無いようなんですけど、でも警視庁が囲って外部との接触をさせないでいるんですね。

それで薬事法違反で二人を逮捕する直前には、「拉致の犯人が逮捕される」と言う情報が警察からマスコミにリークされて、マスコミは物凄く緊張してたんです。
でも最初は別件ですから、いつ実名で報道するのか?
薬事法違反ではNHKニュースでは実名報道出来ないんですね。
拉致犯人だと言うと他の社に、拉致犯人を最初に日本政府逮捕という事になると、実名(報道)しなくちゃ抜かれちゃうかもしれない。

★質問者4

それは日本その物が、その件に関わっていたのか?

★西岡氏

いや、分かりません、全く。
そういう事を言ってる人がいるだけで、分からないんです。
そうだと言っていたのでみんな緊張していたら、実際やってみたら科協の方に行ったんです。
西新井病院のその保養所には捜索は入らなかったんです。
病院の中の奨学金を作っている奨学金委員会をちょっとやって、病院の方も大規模にはやらなかったんです。
大規模にやられたのは科協だった。

そしてそこに、つまりその日にですね。
マスコミもあるいは社民党の誰だっけ?何とかさんという女性の弁護士がいるじゃないですか?(会場より「福島瑞穂」の声)
ああいう人たちが普通だったらですね。
「薬事法違反でコンピュータ持っていったら人権違反だ」とか何とかってやっていけるわけですね。 
出来なかったんです。
拉致の犯人を弁護した事になっちゃうんです。
次の日薬事法から拉致の犯人逮捕だったといって、社民党が「拉致の犯人を助けろと言った」って言えば、もう政党おしまいですからね。

そういうふうに思わせておいて実は科協。
警察って怖いな、と思って。(笑い声)
敵にしたらどうなるんだろう?って。
警察は治安の為にテロと戦っているんだから、法律の範囲の中で法治国家としてやっていると言う事で、法執行をやったので。
そこで意図的にそういう話が出たんですが、そこの週刊新潮が書いたことについては結局警察は、まだそんなの駄目だよと言っている。

まだまだ裏が取れて無いんですけど、だから分かりません。
どこかで調べて本当にそれをやるつもりなのか?
でも保養所が問題だといいながら保養所を家宅捜索しなかったのは事実です。
そっちやるよと見せておいて、実は科協。
そしたら陸上自衛隊の秘密のデータがコンピュータから出て来た。
それ以外にもたくさんのものが出て来ている。
今言っていないけど。

・・・質疑応答終わり・・・

・・・この後出席した国会議員の先生方の挨拶があり、講演会は終了・・・
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。