2006年10月09日

06.9.21 本間勝さん 東京連続集会21(5)友愛会館にて

『本間勝さん(田口八重子さんの兄)のお話』

Img_4170.jpg

皆さん、こんばんは。(「こんばんは」の声)
田口八重子の兄の本間勝と申します。
本当に、安倍さんが総理になったことで政治家の中の最高の、我々拉致を抱える家族とすれば最高の人が日本のトップになってくれたなと本当に嬉しく思います。
今まで安倍さんが拉致被害者(家族)の我々に対して、皆が署名を持って行ってもちゃんと受けてくれて、会ってくれて、お話をしてくれて。
拉致問題については2002年の9月17日の小泉さん訪朝の時について行った経緯から、ずっと見守って支援して一番拉致問題について理解してくださる方だと言うことだと思います。

その人が今度トップになったという事で、今までの発言のブレが無いように、総理になった立場と官房長官の立場と、言えるトーンの大きさが多少影響があると思いますけど、今まで通りですね。
トップが今度は毅然としてやれば今度はトップが言う言葉ですから、官房長官の言葉とは違うわけですから、それが北朝鮮に対し大きな力になると思うんですね。

北とか韓国もそうなんですけど、中国の靖国問題を政治利用して反日キャンペーンを打って、北東アジアから日本をちょっと・・・(聞き取れず)のような形で今まで相手にしないような政治的体制を取ってますよね?
これが安倍さんになったときに、果たしてこれが本当の北東アジアの繁栄につながるだろうか?ということは、向こうも考えていると思うんですよ。
いつまでもそんな戦後60年も経っている問題に対して、過去の問題を引っ張り出して自分たちの体制維持のためにそれを利用して反日キャンペーンを打ってきたという事は、断じてここで切って頂いて今の政権に対してですね。
拉致を抱えていると、また先軍政治を抱えていると、自分のところの国の繁栄は無いんだと言う事を思い知らして、びしびし制裁をかけてそれを理解させるように、トップ同士の国同士の交渉を早く、小泉さんでちょっと滞ってましたけども早く軌道に乗っけて、この拉致問題を解決させて頂きたいと思います。

これからも皆さん、安倍政権の行方を支援していただいて、我々も出なくてもすると。
安倍政権が毅然として相手に対してくれれば、我々はここにいるように出て行かなくても済むわけなんですよね。
もう我々に任せろとトップに任せろということで、我々は国際的な拉致問題の包囲網、それをこれからもまだ軌道に乗っていませんから、それが我々のやる運動の最たるものだと思うんですよね、これからは。
そういった力を安倍政権の支援という形でしてバックアップしていければなぁと思っています。
これからもよろしくお願い致します。(拍手)


06.9.21 飯塚繁雄さん 東京連続集会21(4)友愛会館にて

『飯塚繁雄 家族会副代表のお話』

Img_4162.jpg

どうも遅れましてすみません、飯塚です。(拍手)
すでにお話があったかと思うんですけども、今回の総裁選の結果については本当におめでとうと言うふうな気持ちでいます。
私たち以前から安倍さんにつきましては、この問題を本当にやってくれるんだという全幅の信頼の元に今までおりましたし、その辺の対応をして頂きましたし。
官房長官のときからこの問題について具体的な姿勢を示さなきゃいけないという事で、非常に大きな範囲で例えば北朝鮮に対する制裁を考えていただき、更に今回の選挙中にでもですね。
いろいろ制裁面も、法律その他を含めた北に対する圧力を考えていってくれるという事ですし。

もちろん安倍さんが総理になったからといって即解決するとはいかないと思うんですけども、今度総理になるんですけど、圧力圧力圧力、そして対話だというふうに言っております。
これは今までの長い経過を見ると、この問題を蔑ろにして今まで日本の国民の税金をただ北に取られていただけだと。
挙句の果て人まで取られたと、いう経過がある中で、やわな交渉では絶対に日本の有利な国益、または結果は出ないというふうな事も信じておりますし。
そういう意味では日本の国内、更にはアメリカを初めとする世界の国際社会からの北朝鮮に対する非難。
それが相当広まっておりますし、実際に経済制裁を含めた今の北朝鮮の状況というのは相当苦しいと言うふうに聞いております。

そういう状態でありながらも北はあくまでも意地を張り、虚勢を張ってですね。
しからばやっぱり更に北に対するメッセージを強く言って、要するに制裁を強めてですね。
我々の国民の声と政府の態度と、あるいは世界を巻き込んだ北への非難を含めて、絶対に中途半端な交渉にならないように、目的は日本人をあるいは韓国人をあるいは世界の拉致被害者を全部返しなさいと言うのが最終目的ですし。
一人一人状況を説明してそれを終わりにすればもうこの問題終わり、拉致問題は終わりと、しばらく前の話ですけどもそういう傾向がありましたですね。

・・・(聞き取れず)から5ヶ月ですけども、例の韓国の金英男さんの話から進んで、横田家の情報だけを言って・・・(聞き取れず)する。
挙句の果てヘギョンちゃんを使ってですね。
この問題を諦めさせるまでいろいろ手をこねて来た経過があります。
ですからその他の家族の話は全く情報は全く無い。
どこからも話も無い。
と言う事は今までやってきた中で苦い経験がありますから、絶対にそういうことではごまかされないぞという精神面の元に今回この体制が、組閣はこれからですけど、前から言っているように拉致を24時間担当する専門の大臣を作ってくださいと、いろんな集会でも私も言っていましたけど、そのような気配もあるようですし、そういうものを含めてですね。
総理の指揮の下にこの拉致問題を絶対に後には引けないと、そういう態度でおります。

言葉の中に、たとえ一人の被害者があったとしても私は国家的な責任の元に取り返すと言う話もしておりますし。
・・・(聞き取れず)でも思いましたけど、一人二人どころか、特定失踪者も含めれば300人とも言われる日本人が向こうに行っているわけですから、それを一人ずつ一本釣りで解決すると言うのはこれはもう難しい問題ですから、この機会にですね。
一気に片付けていきたいと、日本人が全員一緒に帰ってくるというふうにして頂きたいなと感じるわけです。

という事で私たち、私もそうですが今回この・・・(聞き取れず)を取り巻く環境・情勢を見ますと、千載一遇のチャンスだと。
前、西岡先生が今は嵐の前の静けさだと沈黙だと、もうすぐ嵐が来ると。
今まさに嵐が来ている状況で、こういった機会を絶対に逃すことなく後退することなく前進していく。
政府には対応していただきたいし、私たちも安倍総理のですね。
足を引っ張ることなく出来るだけ連携を取り合って、今度こそこの問題を解決するんだと言う事を日本が一丸となってですね。
一枚岩で・・・(聞き取れず)を与えていきたいなと思います。

結果はどうなるか分かりませんけども、黙っていたんじゃ解決しない。
何かしなければいけない。
そういう意味では今前進しているんですよね。
そしたらこの前進を更に進めて・・・(聞き取れず)ように、また私たち、あるいは皆さんと一緒にこの問題を・・・(聞き取れず)し、あるいは活動し、目的に向かって頑張りたいと思いますので、相変わらずのご支援をよろしくお願いします。
ありがとうございました。(拍手)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。