2006年11月20日

人間の本質

本日特定失踪者の松本京子さんが正式に政府に拉致認定をされました。
でも、だからどうした?と言うのが率直な感想です。
いくら認定をされたとて、被害者本人が帰国できたわけでなし。
確かに認定も一歩前進には違いありませんが、一喜一憂する気持ちは私の中には無い。

被害者の皆さんは今どういう状況にあるのか?
近頃私は考えるのです。
過酷な現実の前に精神に異常を来たした者、犯罪行為に加担させられた者。
あるいは女性であれば不当に慰めものにされた人だっているかもしれない。
生きるために日本人拉致に加担する事を強要された人もいるかもしれない。
同じく生きるために、同じ日本人拉致被害者を当局に密告した者だっているのかもしれない。
処刑の場面を見た者、あるいは処刑そのものに加担した人がいるのかもしれない。

パンドラの箱が空いたとき、どんな現実を私たちは直視しなければならないのでしょうか?
ボロボロの傷ついた被害者の人生、被害者の心・・・それらをすべて私たち日本人は許容できるのか?
包容出来るのか?
彼らを救い出したあと、彼らの心を癒し、本当の意味で平穏な日々を、被害者とその家族の人生に取り戻して差し上げることは出来るのか?

一刻も早い生存者の帰国を願う・・・それだけの思いで運動に参画した当初には感じなかった複雑な思いに近頃囚われます。
被害者たちの置かれているであろうその余りにも厳しい現実を、これから嫌でも直視しなければならない事に、正直いくばくかの不安も感じます。
自分を含めて私たち日本人は、その余りにも悲惨で厳しい現実を受け止め切れるのかどうか?
拉致被害者救出運動はただ単に被害者やその家族がかわいそうではすまない話である、とはよく言います。
拉致問題は人権問題であり、国家主権侵害問題であり、国の安全保障の問題でもある。
それはその通り。

だが肝心要の根本が、この問題の裏にはもう一つあると私は思う。
それは人間の本質とはいかに?と言う視点。
人間はそれほどきれいな生き物では無いと、私は思う。
誰の心にも闇があり腹黒さがあり、卑しさや醜さと言う名の鬼が住むとも思う。
他人の事より自分の事と言う利己主義・自己中心主義。
あるいは他人の不幸は蜜の味、というえげつないいやらしさがあるのも、ある意味人間の本質とも言えると思う。

この運動に関わると、本当にいろいろな経験を致します。
快く協力を申し出てくれる人がいる一方で、冷たくそっけなくあしらわれてしまうことも少なくない。
この運動に参加している人の多くが、少なからず嫌な思い・不愉快な思いをさせられる場面に遭遇しているのは間違いのないことでしょうから。
人の心と言うものは本当に一筋縄ではいかぬもの。
とはいえ、やはり一度乗りかかってしまった船を一人勝手に下船する気にもなれず。
困っている人たちを見逃しには出来ないという思いで、時に歯を食いしばって支援に駆けつけることも少なくは無いのですが。
救出のための支援活動は、ある意味人生勉強の場であり人間を鍛える場でもある。
心が強くないと本当にやっていけないと感じることもしばしばではあるのです。

人間の腹黒さ汚さと言うものを、そう遠くない未来に私たちはこれでもかという程に直視しなければならないのだろうと思っています。
けれども、そういう汚い現実を見る事を本能的に嫌って、この救出活動に顔を背ける人もおそらく少なからずいるのではないか?
その事を思うと、奈落の底に心が沈んでいくような、なんともいえない不快感と不安感を覚えます。
被害者を救い出したいとは思うけど、かわいそうだとは思うけど・・・でも一歩進んで行動を起こそうとはしない人たち。
その理由はいろいろあるでしょうが、面倒なことには関わりたくない・汚い現実などこれ以上見たくない。
だから拉致問題を他人事にしてしまおうと、心を塞ぐ人たちがまだまだ少なからずいるものと感じます。

けれども被害者を救い出そうと思えば思うほど、もう間もなく私たちは本当の意味での踏み絵を踏まされるのだと思うのです。
被害者の中には先に述べたように過酷な人生を背負わされた人もいるはず。
その人たちを、私たちは温かく受け入れることは出来るのか?
私たち日本人の人間としてのレベルが果たして何ぼのものか?試されるときはすぐそこまで来ていると思う。
そしてその覚悟は、準備は、私たちの側に果たして整っていると本当に言えるのでしょうか?

救出のためにしなければならない事は、本当に山積であると思います。
救い出した被害者たちを如何に受け入れるのか?という事をひとつとっても考えておかなければいけない問題はたくさんあるのですから。
今回松本さんの拉致認定が認められた事は確かに喜ばしいことではありますが、だからどうした?と言うのも私の正直な思い。
ほんの少し近づいたかと思えば、完全解決と言う名の山の頂上ははるか遠くに退いていく・・・今の自分の気持ちを例えて言えば、こんな感じでしょうか?
それでも私は自分に出来る何かをせずにはいられない。
同胞を見捨てたまま、自分だけがのうのうと平和なこの国で生きていけるほど、私は面の皮を厚くは出来ないと思うので・・・


posted by ぴろん at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06.10.19 本間勝さん 東京連続集会22(8)友愛会館にて

核実験の暴挙・どうする救出運動 緊急集会(東京連続集会22)
06.10.19 友愛会館にて

『本間勝さん(田口八重子さんの兄)のお話』

Img_2283.jpg

皆さんこんばんは(「こんばんは」の声)
田口八重子の兄で本間勝と申します。

今の話の中でですね。
金正日が暴発するのかしないのかと言う問題が問われているんですけども、ただ国会の中でも自民党の内部でさえ暴発を招くから余り刺激するなとか、そのような声は出始めていますよね。
我々はそんな暴発なんか恐れていたら、この問題解決なんか出来ないんです。(拍手)
我々の家族が北朝鮮にいて本当に命は無事なのか?
もう心配しています、これ正直。

だけど、誰かはきっとね。
守ってくれる人がいるはずです。
全部北朝鮮の人民が悪いわけではないと思うんですよ。
本当に悪いのは金正日なんです。
あの人さえいなくなれば体制はね、変わるんです。(拍手)

もう本当にね。
この核問題が起きてね。
本当にこの拉致問題も一歩前進したとさえ私は思っています。
そこまで追い詰められたんだと、追い詰めなければあの国は何もしないんだと思っています。
引き続き、また支援をよろしくお願いします。(拍手)

それからちょっとお知らせなんですけど、我々川口で八重子の問題なんかも含めて特定失踪者の人たちが川口では8人もいるんですよね。
その問題でもって11月の19日に埼玉会館の小ホール、これはJRの浦和駅の西口にあるんですけども、「拉致問題を考える埼玉県民の集い」ということで、横田お父さん、めぐみさんのお父さんと我々の兄貴・飯塚繁雄、それと佐藤克己救う会の会長が来られて講話をしていただきます。
なにしろ会場が500人程度の狭いところなので、入れるか入れないかって言うくらいのところなんですけど、本当にそれを心配するくらいの人が来てくれればありがたいんですけど、ひとつこういう会もやりますので皆さんよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。(拍手)

06.10.19 増元照明さん 東京連続集会22(7)友愛会館にて

核実験の暴挙・どうする救出運動 緊急集会(東京連続集会22)
06.10.19 友愛会館にて

『増元照明 家族会事務局長のお話』

Img_2281.jpg

今、恵谷さんが核実験が失敗だったと仰って非常に心強く思いました。
あの、キチ、これは放送禁止用語で、精神異常の金正日がやはり核を持つのは非常に危険なことだと思いますので、失敗したことでまだ少し未来があるのかな?と思いました。

実は私、強硬な家族会の事務局長としては本当ならレジュームチェンジを言わなきゃいけないんですけど、それを言うと今まで反発が多いので余り言ってこなかったんです。
でも昨日ちょっと鹿児島でついつい、取材を受けていましてレジュームチェンジまで言ってしまった。
それが新聞に載ってしまいました。
ちょっと拙いかな?と思っているんですけども。
そこまでやらなきゃ、最後の特定失踪者の拉致被害者を取り戻すことは出来ないというのは私たちの共通認識です。

さらに北朝鮮問題の難民救援基金、守る会、皆さんの共通認識としてあの金正日政権があってはならないというのは共通認識なんです。
それを言うと本当にまだコンセンサスが得られないので、ここにいる方はほとんど皆さんお分かりだと思いますけど、その為には絶対に毅然とした姿勢で制裁を課していかなければならない。
そこで私たちが怯えていたら決してすべての拉致被害者の救出は出来ない、という事をこれから私たちは日本各地で皆さんにお願いするしかないんですけども。
安倍さんのやっている事を支持していただきたいという事をこれからも講演で言っていきたいと思います。

昨日の取材の中で私もちょっと不安になったんですけど、後ほど質疑応答されるでしょうけども、軍部の暴発と言うのが有り得るのか有り得ないのか?
金正日が自分の命が惜しいですから中々戦争に踏み切るという事は無いと私は思うんですが、ただ軍部が追い込まれて暴発する可能性と言うのは有るのか無いのか?と言うのを後ほどお教え願いたいと思っています。

とりあえず秒読み段階まで入ったと言うので期待をしながら、出来れば今年の冬を迎える前に解決してもらいたいと思っています。
ありがとうございました。(拍手)

すみません、29日からですね。
国連に行きまして、今国連決議では代表が先ほど仰ったように、国際的な人道の懸案でしたっけ?でしたね。
そういう文言で入っているんですが、拉致と言うこのハッキリした言葉で制裁決議をして頂きたいという、その要請に行って参ります。
実は1441号と言うイラクの経済決議のときも、クェート人拉致が入っていたように、それだったら日本人拉致それから12カ国に及ぶ拉致被害者が広がっているわけですから、日本人拉致だけではなくて世界中の問題であるという事を認識して頂くためにも、もう一度中国人とそれからタイ人とそれからマレーシア人それからレバノン、いろんな方たちが拉致されている事を国連大使たちに訴えて、北朝鮮による外国人拉致と言う文言をはっきり入れていただきたいというふうに思っています。

そうすれば核やミサイルが解決しても拉致の問題が残っている限り制裁決議は生きているわけですから、そこまでやはり私たちはやっていかなければならないと考えていますので、西岡さんたちと一週間ほど、ハードスケジュールになるかまだ分かりませんけども行って参ります。
よろしくお願いします。(拍手)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。