2007年03月30日

神雷の夜桜

Img_4936.jpg

Img_4939.jpg

昨日、夕方から靖国神社へ行って来ました。
ちょうど東京の桜は満開宣言が出て、叔父の魂の宿る神雷桜も見事に枝一杯に花を咲かせておりました。

特攻に限らず、戦地で命を落とした犠牲者の中には、骨のひとかけらさえも故郷の家族の元に帰れない人が多い。
でも自分の魂は必ず靖国の社に帰るから、会いたくなったらいつでも九段まで来て欲しい、と多くの戦死者が遺書にその言葉を残しています。

特攻の叔父さん。
今年はどの枝に花と咲いてくれたのでしょうか?
命の極限を体験した戦友たちとどんな会話をしているのでしょうか?
一抱えもある神雷桜に寄り添って、長いこと私は叔父の言葉を待ちました。

余りにも長いこと神雷桜に寄り添っていたら、通りがかりの年配のご婦人から、「どうかされましたか?」と声をかけられました。
桜の幹に頭をつけてもたれかかっている様子を見て、どうも私が具合を悪くしているように見えたらしい・・・(笑)
「大丈夫です。私はこの桜にゆかりの者です。遺族なのです」
と申しましたら、ご婦人は納得されて「そうでしたか。お邪魔してごめんなさいね」と言う言葉を残し、過ぎ去っていきました。

多くの見物客にとって、桜はただの桜です。
でもゆかりの者にとっては、あれは単なる桜ではない。
靖国の桜は、遺族にとって魂のよりどころ、そして家族の絆を確かめるところ。

だから私は靖国神社へ「桜を見に行く」とは言いません。
「会いに行く」というのです。
魂の桜に会いに行き、私は叔父の魂に触れ合うのです。

靖国神社の境内には、いつもはなにやら重苦しい一種の妖気のようなものが漂う場所であります。
いつもならその重苦しさに圧倒される私なのですが、今回に限ってはその重苦しさを感じる事が全くありませんでした。
なぜなのだろう?
昨日は幾ら話しかけても、特攻の叔父は一言も返事をしてくれませんでした。

これはどういう事なのか?
私の感性が鈍ってしまったという事なのか?

一晩明けて、今私はこんなふうに考えています。
ここ数年、私は色々な手段を通じて叔父の魂に近づこうと努力を重ねてきました。
その努力が実って、叔父が最期に残しおきたいと願った思いが、肉親の私にも多少は理解できるようになったのかもしれない。
それゆえに叔父は満足をして、昨日は語るべき言葉を発しなかったのかもしれないな、と。

ただ安らかに。
私の願いはそれだけです。
家族の幸せだけをひたすら願い、沖縄の海へ命を投げ出した私の特攻の叔父。
叔父の魂の宿りし神雷桜の幹に抱きつくようにして、私は感謝の言葉を捧げました。

叔父さん、あなたのおかげで私も母も元気で暮らしています。
あなたの顔に泥を塗るような恥ずかしい生き方はしておりません。
これからもどうか温かく見守っていてください。
また、会いに参ります、と。

年に一度、わずか1週間ほどでその命を終える桜の花。
余りにも短い生を終えなければならなかった特攻隊員たちにとって、これ以上お似合いの花も他には無い。
靖国の桜に花と咲くことを誓って、命を散らした多くの兵士たち。
彼らの犠牲の上に今の日本の繁栄がある事を、私たちは決して忘れてはいけないと思います。

桜の季節、花見を楽しむその心の片隅で、どうか先人の犠牲を思って欲しい。
それが過去から未来へと命をつなぐ、現在に生きる私たちの役割であると思います。


posted by ぴろん at 08:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 特攻の叔父の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。