2007年04月20日

07.3.31 萩原遼氏 第16回藤沢集会(6)藤沢産業センターにて

第16回藤沢集会
07.3.31 藤沢産業センターにて

『萩原遼氏(ジャーナリスト)の挨拶』

Img_4985.jpg



皆さん、萩原遼と申します。
私も北朝鮮にあこがれた一人でありまして、そしてもう50年前の話ですが、18歳の天王寺高校夜間制と言う高校に行っておりまして、その時に隣にこういう形で机を並べたのが韓国の済州島から密航して来ました少年でありまして、その男の子を通じて彼は一世ですから朝鮮語ももちろんぺらぺら。
そして8歳まで日本で暮らして一旦祖国に帰ってまた朝鮮戦争で日本に逃げて来たというんで、日本語も堪能でしてね。
彼からいろんな事を聞きまして私も朝鮮に対する、もしあの男と会わなかったら私は朝鮮にハマらなかっただろうという気すらするんですが。
そんな経緯がありまして50年やって参りました。

その過程で赤旗と言う日本共産党の新聞の特派員で1970年、昭和で言えば何年ですか?
47年ですね。
1年間行っておりまして、どうもこの国はおかしいなぁ。
だんだんだんだん3ヶ月4ヶ月6ヶ月経つうちに、そうしましたら私の表情から、彼らは読唇術と読んでいるんですが心を読む術が非常に長けた奴で、奴と言うのは言葉が悪いですが長けた人たちで、私は危険人物として事務所を追放されまして、それを契機にしましてこの国は絶対に許せないものであるというふうに私なりの認識を持ちまして、つまり人々が本当に可哀想な苦しい抑圧。
物が言えない、従って笑いが無い。
こんな状況でこの政権は存在する必要も無い政権だというのを感じましたのが、1973年でございました。

何しろ30数年経ちましたんですが、それ以外にですね。
こういう拉致の問題が明らかになったり、脱北帰国者、脱北者の事が問題になったり、それから日本から一時60年代に「地上の楽園」という甘い言葉で大挙在日の方々が帰国と言う、奴隷船に乗せられてですね。
帰国船と言う名の奴隷船に乗せられてですね。
北朝鮮に10万も行きました。
その人たちの悲惨な状況。

で、私に朝鮮の素晴らしさと朝鮮語を教えてくれたその同級生も帰国船に乗って、そして向こうで行方不明という事ですので、どんなことがあってもその友人の私にとって人生の恩人と言っているんですが、私にそういう目を開かせてくれた恩人の同級生の骨をどうしても見つけてやりたいと。
あの時は・・・(聞き取れず)て、私がそれを拾って故郷の済州島に持って帰ってやりたいと、そういう望みを持って今も頑張っております。
で、今日私の時間は10分ほどしか頂けませんので(笑い声)、いいんです。
僕遅れたんです、遅れたものですから当然の懲罰です。(笑い声)

Img_4986.jpg

で、今日皆さんにちょっとご紹介したいものがあります。
出掛けに持ってまいりまして中身も読まずに電車の中で読もうと、これは未来韓国、ミレハングルと言う表題の韓国で出ている新聞でございまして、私たちと同じ考えを持った金正日政権を打倒しなければならないという立場の心ある人たちが出している週刊誌なんです。
これパッと見ましてね。
これパッと裏を見たら、何か見慣れた文字があるなぁ、北朝鮮難民救援基金ニュースがついているんです。(笑い声)

Img_4988.jpg

ニュースの紹介がある、朝鮮語で紹介されていましてね。
そしてその横になんと・・・(聞き取れず)、だから何と読むんですか。
胡錦濤、胡錦濤の中国主席に送る要請書と言うもので、北朝鮮難民救援基金事務局長・加藤博。
それから北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会代表・山田文明。
このお二人の連名でですね。
脱北民の強制北送を、北朝鮮に送り返すこと、即刻中断せよという要請書を出されたんですよね?
(主催者の川添氏より「12月の中国大使館に出したんです」の声)ああそうですか、ああなるほど。
これの北朝鮮の、後ろの方見えないと思いますが、北朝鮮難民救援基金のニュースが今年の2月号なんですが、その要請書が全部翻訳されて、そして北朝鮮難民救援金がどういう団体であるとかいう事が紹介されております。

つまり、我々はともすれば孤独に襲われる。
さっき横田さんも仰いましたように、そういう気持ちにもなりますが、国際的にはですね。
日本の運動に対して大変強い連帯を送ってきて頂いている一つの現われだと思って、ちょっと皆さんにご紹介させていただきました。

Img_4991.jpg

それでもう一つはその同じ号なんですがね。
これも皆さん後ろの方多分見えないでしょうが、雰囲気だけ分かっていただきたいんですが、このお顔、ご存知の方いらっしゃいますよね?
ボルトンさんと言う前のアメリカの国連大使をやっておられた方がですね。
一面全面費やしてインタビューに答えておられるんですが、その表題がですね。
「金正日の除去」取り除くこと。
除去すること無しに、金正日の除去こそが北朝鮮の核の唯一の解決の方法であると、いう事を見出しで言っているわけですね。

Img_4993.jpg

金正日を倒さなければ、あれがおる限り核は解決しない。
同時に拉致の事は、この方は核問題で述べておりますが拉致の事は言っておりませんが、私は拉致もあの男がいる限り絶対解決しないという事で、私がもうあんな男をですね。(笑い声)
やってる場合じゃないという事で、「金正日隠された戦争」という事で本を書きました。
これアメリカで2000年から2004年まで4年間行ってこれを書きましたんですが、この骨子はですね。
核に金正日はなぜ拘るのか?固執するのか?

それはですね。
お父さんと息子の金正日の、お父さんは金日成ですね。
で、息子の金正日とが激しい対立をして、お父さんはこの北朝鮮がもう崩壊の危機にあるときに、農業を立て直さにゃならんと。
農業を立て直すためには肥料をたくさん増産しなければならんと、肥料を増産するためには電気が、全然石炭が来ないから電気がなんですか、発電所が止まっている。
電気を直ちに起こせと、電気を起こすにはどうするのか?
それは火力発電所を導入せよと、アメリカからそれを貰えという事をお父さんは主張した。

と、息子は駄目だと、軽水炉だと、原子力発電だと。
原子力発電は10年かかるやないかと、建設に。
しかも一気に1基も25億ドルと言う莫大な金もかかる。
そんなもんより手っ取り早く今年からすぐ電気の生産が出来るですね。
火力発電所で行けという事でですね。
どっちを取るかで激しい対立の末、お父さんは息子に殺されたという事を書いております。

ですから、あの偉大な首相を殺してまで核に固執した人間がですね。
6カ国協議だとか、何かの話し合いで絶対に放棄するもんじゃありません。
この事を私は書きましてね。
これもこれがさっぱり売れなかったんですが(笑い声)、日本で売れないのでアメリカで外国でもっと広めようと思って、それで英訳を、皆さんから貴重なカンパまで頂いて英訳本を出しましてね。

Img_4994.jpg

これをどうやらボルトンさんのこれを見ましたらですね。
去年7月にね。
作ってすぐ一ヶ月間アメリカのいろんな方々に、そしてボルトンさんにも絶対に渡してくれと、彼に非常に近い人に10冊ばかり渡してですね。
全部で300冊、僕がタダで配ったんです。

で、ボルトンさんはどうやら私のをどうも読んでいる節があるんですね。
インタビューから。
だから・・・(聞き取れず)ていうんですか、でも良いことですよね?
互いに意見が一致したのか、私の意見を取り入れたのか、どっちにしろ言ってることは同じだという事ですね。
どうしても 6カ国協議でどうのこうのと言う時代じゃないと。

で、拉致もそうだと。
そうしてもあれを除去しなければならんと。
除去する条件があるのか無いのか?という事で、ボルトンさんも言っているんですが、どうやったらあの男を除去できますか?難民だと。
難民を出せと、そしてそれもね。
中国に行ったらさっき加藤さんが仰ったように送り返される危険があるから、もう38度線を越えよと。
越えてどっと南へ行けと、これが一つの方法であると。

その他にもいくつかのあれがあるといって、それは秘密ですね。
手の内は言わないわけですけど、いろいろある。
でもあれですね、難民を出せというのは私も全く同意見でして私たちは加藤さんと手を結びながらですね。
やっておる事は脱北者を日本に連れて来るという事もやっておりまして、今現在100人ちょっと、150人くらいですか。
そのうち、関西に25人いるんですよ。

僕がここに来る前までに1ヶ月前に脱出してきた日本人の奥さん、日本人妻ですね。
50年ぶり47年ぶり。
その方と41歳の娘さんと二人で私たちのシェルターみたいのがありまして、そこで、僕も仕事があって2週間ほど同居した、同居と言うとおかしいですね。(笑い声)
そこに、部屋はもちろん違いますよ。

それでね、改めて驚いたのは朝ね、ご飯食べる時ね。
一応41歳の娘さんがやってくれるんですが、確かね、お茶碗にご飯がてんこ盛り。
お茶碗が一階建てとしたら、その3階建てみたいの(笑い声)、こう盛るんですよね。
いや、日本ではこういう事しないですよね。
僕は食べないからこれを一階建てに減らしてくれと(笑い声)、今言ったんですが、それとキムチだけ。
あと一切受け付けないんです。

これ、僕もキムチだけじゃお腹が空くだろうと思ってちょっとラーメン屋に連れて行って、ラーメンを食べてホンのちょっとおつゆを飲んだだけで、その晩から下痢なんですよ。
つまり受け付けないんです。
その事を私は何も物笑いにするために申し上げることじゃなくて、どんなに金正日と言うあの独裁者が国民に酷い生活を強要しているのか。

その横で核兵器ばかり作って、国民には油物を一切受け付けない体にして、そういう事を申し上げたいんですが、その方々が関西にも25〜6人おりまして、どうしても僕もね。
今更逃げるわけにもいかんからね。
もう運命共にしようと思って関西に、借家の安い3万円で貸してくれる二階建てが、我々の同志がですね。
そこへ行ってこの方々のお世話、まず日本語を覚えてもらう事。

もう日本人妻で47年で、ほとんど日本語忘れてちゃんぽんですよ、面白いです。
もう時間ありませんから、とっても面白いです日本語と朝鮮語のちゃんぽんでですね。
それでおまけに方言の土着の両江道(リャンガンド)と言う一番北の端の、もう酷い酷い零下40度のところでね。
そんな事がありましてね。
僕ももう残る余生はこれしかないという事で、関西に半分軸足を置いて脱北者の支援、言葉を教えること。
それから就職を探すこと。
それからその人たちのケアと。

それからさらに、我々ジャーナリストとして多少でも聞き取りをして皆さん方にいろいろと知っていただく。
そういう事のために、僕もね、実は70になりました。
横田さんのお父さんが75ですか?お母さんは72ですね?
僕もね、堀川高校なんですよね。
同窓会行ったことあるんですよ、お母さんの。(笑い声)
それは何の関係も無いんですが、ともかく私も70になったからこれ引退かと思っていた。
もうしかし、6カ国協議のあの体たらくを見たら、私ね、引退するわけには参りませんので、ささやかながら加藤さんのお手伝いや皆さん方のお手伝いをさせていただきます。

Img_4995.jpg

それでですね、一つだけさっきの、長い話で恐縮ですが(笑い声)、これが脱北帰国者と言う僕らが作ったんです。
これみんなで手作りで。
これは率直に申しますと一冊700円で売っておりまして、500円私たちの利益になるわけです。
原価が要するに200円で、何でそんなに安いんだ?
私が勝手に韓国に行って印刷してもらったんですよね。
だから日本の半分以下で出来まして、これを一冊売ったら500円入ります。
それで今日20冊ほどあります。
これで1万円入ります。(笑い声)

1万円入りますと、そのさっき言った親子が1ヵ月十分食べられます。
キムチとご飯と、ちょっと最近ね。
少し最近ちょっとした油は、ラーメンの油は駄目なんですがね。
サラダ油で野菜炒めくらいは食べられるようになって来たんですね。
そういう二人がね。
1ヵ月具体的な話で、これを20冊皆さんに買っていただければ、その人を1ヵ月日本で保護することができる。
そういう事もありましてひとつ、これをご協力お願い致したいと思います。
私の本は買わなくても良いんですが、こちらの方は何とか買っていただきたいと。

それから最後にもう一言ね、高橋さん、すみません。
日本が孤立している孤立しているというね。
とんでもない話で小賢しい評論家たちがそんな事を言っていますが、絶対に孤立していません。
日本がバスに乗り遅れるんだと言って、早く拉致を降ろして今のアメリカやその他中国の線に、そういう彼らがしつらえたバスに早く乗りなさい乗りなさいと、いう事を言う小賢しい評論家がいますが絶対に全面的に間違っています。

なぜならば、そんなバスはね。
乗る必要が無いし、仮に乗っても100キロ200キロ動くにしか過ぎない。
これ恵谷さんが仰ったんですね?確かこの事は。
で、僕があちこちでお借りしていますんで(笑い声)、だから100キロ200キロ動いても、1万キロ2万キロはそれは絶対にガス欠ですよね。
ガソリンが欠乏してエンコします。

誰がそれじゃガソリン出すんですか?
日本しかないじゃないですか。
中国も出せません。
韓国もお金ありません。
アメリカはお金あってもケチだからお金出しません。
そうすると日本でしょ?

日本は当然出すべきお金はあります。
それはかつてのこの日本と朝鮮の不幸な関係による経済協力資金と言うものが、これは向こうが北朝鮮は6兆円要求しています。
日本は1兆円と。
中を取って3兆くらいだと思うんですが、このお金はですね。
これはどうしても日本国民として、アジアでこれからお付き合いしていく上で支払わなければならないお金なんです。

その金をね。
持っているのは日本なんですよ、3兆円、2兆円でも。
これを持っているのは日本だけです。
だから朝鮮半島をきちんとお金も予算もつけて、あの国を立て直すことの出来るのは日本しかありません。
だから乗り遅れるわけが無い。
我々は自分たちでバスをチャーターするなり、自分たちの自前のバスで行けばいいんです。
あんなもの乗る必要が無い。

だからね、絶対にあれに惑わされないようにして、そして私は拉致の問題と核の問題で徹底的に金正日を追い詰めて追い詰めて追い詰めて、あれを国民の間であいつではもう駄目だというふうにやるために、韓国で今心ある人たちが宣伝ビラを作って風船に乗せて北に飛ばしております。
こんな事をやっている仲間もおりますし、すぐ2〜3日前ですがアメリカの人権委員会と言うところから私に送ってくれました北朝鮮の難民の危機ですね。
難民に危機が迫っているというこういう立派なね。
小冊子を出してですね。
これも中見ましたらですね。
イラストもあってですね、脱北者の描いた。

Img_4996.jpg

そういうアメリカの仲間の方々もこういうふうに熱心にやっておられるし、韓国でもやっておられるし、日本でも皆さん方、今日お集まりの先生方、こういう人たちの力を集めてもう少し国際的にですね。
頑張ってまいりましょう。
どうも長々とすみません。(拍手)

・・・・・・・・・・
※藤沢集会の録音・写真撮影・ネット公開については主催者の同意を頂いております。


posted by ぴろん at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会テキスト(藤沢集会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

07.3.31 横田拓也さん 第16回藤沢集会(5)藤沢産業センターにて

第16回藤沢集会
07.3.31 藤沢産業センターにて

『横田拓也さんの訴え』

Img_4980.jpg



皆様方こんにちは。
ただ今ご紹介いただきました、家族会、そして横田めぐみの弟であります横田拓也でございます。
本日はよろしくお願い致します。
座らせてお話させていただきます。
お願いします。

本当に日頃からですね。
こちらの私どもの拉致問題に関しまして、皆様方の深いご理解とこんなに温かいご支援を賜りますことを、改めて御礼申し上げます。
ありがとうございます。

すでにご承知の通りですね。
私の姉は13歳で日本から連れ去られました。
1977年の11月であります。
当時、今もそうだと思うんですが、新潟の11月と言うのは本当に海の海鳴りの音とですね。
風でですね。
空は真っ黒、雲が黒いといったような季節でありまして、小さい頃ですとすぐにでも逃げ出したいような真っ暗な暗く重たい地域であります。

引越しをして数ヵ月後に姉は連れ去られたわけであります。
中学校のバドミントンクラブから友達と一緒に帰って、その下校途中に別れた後に無残にも連れ去られたわけであります。
昨年の誕生日で42歳を迎えましたから本当に30年間、北朝鮮と言うですね。
食料も着るものも温かい暖も無い。
そして一番問題なのは自由と明るい明日が保障されていない、全く過酷な環境下で今日も生活を強いられているといった内容であります。

13歳と言う頃の自分たちもしくは私たちの頃の気持ち・思い出を思い浮かべて欲しいんですけど、本当に多感な時代であったと思うし、いろんな自己実現の希望が皆さんも私もあった頃だと思います。
高校に行ってこんな勉強をしたいとか、大学に行きたい、こんな会社に入って仕事をしてみたいとか、家庭を持って子供を持って子供と外に遊びに行く、こんな物を食べる。
いろんな事を持っていた頃だったと思います。

もちろん私の家庭の中にも楽しい食卓で、私の姉は普段から明るくて活発な性格で、友達の中でも本当に広い意味でいつもヨコ、ヨコと呼ばれているような、明るい女の子でありました。
食卓の中でもいつも話題の中心を持っていくような明るい人でありました。
ただその事件が起きてからは私の家庭の中は本当に全く180度変わって、普段の会話がほとんど無いような暗い生活が始まったわけであります。

しかし、北朝鮮のこの日本人拉致問題と言うのは、確かに私の姉がシンボル的な存在ではありますけども、私たち家族会そして救う会、今荒木先生ご到着されましたけど特定失踪者問題調査会。
多くの方々は家族会もしくは政府が認定している方だけの救出を目的で活動しているわけではありません。
皆様方から向かって右側にポスターがあちらに、ちょっと下側にあるので見えないかもしれませんが、後ろの右側の前にもありますね。
あちらにはもう400名以上の方が載っていると思います。
この会場にいらっしゃる方々の3倍から4倍の方々が、3倍から4倍の私たちと同じ日本人が連れ去られたままになっているわけなんです。

私の姉だけの問題では無いし、政府が認定している人だけの問題ではないんです。
あちらにいらっしゃる方々が、仮にお子さんを授かってその家庭に2人か3人の子供がいるとすれば、その数は本当に計り知れない深刻な大きさであるし、私たちの現実に対してもっと直視・直面しなければいけないと思うし、私たち日本人が助けないといけないという気持ちをもっと形にしていく必要が私はあると思います。

今は3月、事実上4月でありまして、窓の外を見れば桜も咲いています。
少し前までは冬でした。
こうした季節になると私たち被害者家族と言うのは、本当に辛い思いをいつもするわけであります。
今日も食べられるだろうか?
明日は本当に明るく笑顔で起きられるだろうか?
着る物はあるだろうか?
どんな寒い中で寝ているだろうか?
そんな気持ちでいつも冬になると考えてしまう毎日でありました。

そしてこの春、今桜が咲いています。
めぐみも私の母も私自身もそうなんですが、お花とっても好きなんですが桜自体はきれいなんですけども、私の家庭にある、もしくは皆様方の印象に残っている一つの写真。
校庭の前で撮られた桜の木の下で鞄を持ったうちの姉の写真を思い出される方いらっしゃると思うんですが、あれは前日に風邪をひいて、その時に父が翌日にわざわざ校庭の桜の下で撮った写真なんですが、その記憶が私自身も昔々からありますから、この春になると新しい生活が始まるという浮き浮き感と言うものではなくて、とてもさびしい花の色になるわけなんですね。

そしてもう一方この季節ですとお花見といったような明るい話題になりがちなんですが、例えば高齢の私の両親もですね。
お花見そしてもしくは行楽とか映画館とか公園とか、行くことすら出来ないような毎日を送っているわけなんです。
いろんな被害が二重三重に繰り返されているわけなんですね。
こういった深刻な問題を早く解決してあげなければいけない、と思います。

北朝鮮問題、先ほど難民のお話もありました。
安全保障の問題もありました。
そして拉致の問題があります。
私たちはたまたま拉致の問題を中心に、そして被害者の当事者としての気持ちをお話しているんですが、北朝鮮問題と言うのやはり核の問題もそうでしょうし弾道ミサイルの問題もある。
偽札の問題、偽タバコの問題、いろんな問題があるわけなんですね。

たまたま小泉総理が2002年に訪朝されて、5人の被害者当事者とそのご家族が帰ってくることが出来ましたけども、私の姉をはじめとした多くの方々、そしてあちらにあるポスターにまだ政府が認定もしていない多くの被害者が帰って来れていないという事はですね。
これは現在進行形のテロであるという事を、私たちがいつまでも強く言い続けていくという事があると思います。
どこか遠い事の話では無いし、日朝間だけの問題でもない。
先ほどのお話でもご紹介があったように、この拉致の問題は日本人だけの被害者の話題では無いんです。

私ども家族会・救う会・他の団体がいろんな国際的な活動の一環で国々を訪問しています。
ジュネーブの国連に行ったりニューヨークの国連に行ったり、そして国際的な被害者がいるだろうと分かっているタイや韓国、そしてこれからルーマニアにも行く予定でその活動の準備を進めておりますが、今国際的に大きな被害の様相を呈して来ているわけですね。
そういった問題を私たちはやっぱり黙っていてはいけないと思うんです。
過去に類は違うかもしれませんが、アウシュビッツの強制収容所の問題が当時はあった。
その時に隣の国々が目をつぶってしまった事、黙ってしまった事が大きな被害を生んだという歴史はあるんです。

今この拉致問題・人権問題と言うのは、私たちの住んでいるこの日本のすぐそこに見えるような地域に起こっている問題であります。
しかも拉致以外にも現在進行形でありますけども、ミサイルの問題・核の問題と言うのは金正日がその気になってボタンを押せば20分以内におそらく飛んでくるだろうと言われております。
私たち全員に等しく課せられた危機が今ここにあるという事を、私たちが今一度理解した上で北朝鮮に対する毅然とした態度を堅持していく必要があると思います。

私たちはこれまで外務省や官邸や議員の皆様方のところを本当に多く、暑い中も寒い中も足を運びました。
官邸の前でも座り込みもしました。
どうして私たち国民の財産や生命を守るはずの官邸に対して、座り込みをする必要があるのか?という事を常々疑問に思いながらも、この活動を大きくする意味でそして国民の皆様方に知っていただく上でそういった活動をせざるを得なかった、物凄く苦い時間・事実がございます。

しかし、先ほどの特定失踪者問題も被害者の方々が仰っていましたが、歴史が大きく変わって安倍総理が政権を担われて、私たちは9月の29日くらいだったと記憶しているんですが、家族会で官邸で安倍総理にお会いする機会を頂きました。
皆口を揃えて言っていたのは、「初めてこんな嬉しい気持ちでこの門をくぐる事が出来るよね」という事を言っていました。
今までは米の支援をしないと言っていても、その翌日に平気でやってしまうような方々が多くいた。
しかし今、日本政府は安倍さんをリーダーにしてこの問題に対して毅然と立ち向かって、北朝鮮の安全保障上の問題、そして拉致被害者について全く誠実な態度を示そうとしない北朝鮮に対して、制裁を課すよと加え続けているわけでございます。

昨日の産経新聞にも書いてありましたけども、日本政府は今回の6者協議・日朝作業部会において、いまだに北朝鮮が誠実な態度を見せない事に対応する形で今経済制裁を実施中でありますが、4月中旬にその期限が切れようとしています。
その期限をほぼ半年間延長しようという事でほぼ進めているという事が書かれていました。
大歓迎でありますし、私たちはもっとその声をですね。
上げて日本政府を後支え、後ろ支えをしていく必要があると思います。

そして今皆様方も首相官邸のHPをご覧になった方は多くいらっしゃると思うんですが、今こういった拉致と言うですね。
政府が広報する形で官邸でビデオを見る事が出来ます。
これは官邸のHPにはダイジェスト版が載っているようでして、これはフルストーリーのバージョンらしいんですが、こういったもので一杯一杯政府も活動してくださっている。(一枚のDVDディスクを掲げる)
そしてこういった小冊子も政府が作ってですね。
簡単なこれまでの取り組み、もしくは被害者のリストを作ってですね。
いろんな各機関、我々国民レベルまで落として配布も出来るようなツールも作っているわけであります。
今までに無いくらいの大きな活動をしています。

ただここで私たちも、それでは良かったねというふうに甘えてはいけないと思います。
やっぱりそこはさらに安倍総理に対して、正しい意味で堅実な声をもっと発していって彼がもっと動くようにしていただく。
で、北朝鮮に対する圧力をもっと強めるためにですね。
私たちが声を上げていく必要があると思います。

後、先ほど日朝作業部会、ハノイで行なわれたお話ですとかね。
6者協議のお話とかもありましたけど、いまひとつ北朝鮮と言う国が、我々は国としては認定していませんけども便宜上国と申し上げますが、北朝鮮と言う相手がどういう相手かという事をもう一回整理しておく必要があると思うんですね。
これは私の横田家だけの問題において申し上げればですね。
皆様方もご記憶新しいと思うんですが、人権・人命が明らかに反するような他人の骨をですね。
平気で出してくる相手だという事なんです。

私たち日本人の文化の中でこの親とかですね。
家族とかそして骨とか、生きる死ぬってことの意味、とても大きいと思うんですね。
そういったものに対して自分たちが国家の人権侵害・領海侵犯をして来たにも拘らず、そして13歳と言う何も知らない一人の少女を奪っておきながら、さらにその30年後に「これはあなたの子供の骨ですよ」という事を平気で言いのけてしまう。
その目的は単に自分の政権を維持させたいがための話なんですね。
こういったおよそ文明社会では有り得ないような非道な相手だという事なんです。

そして日朝作業部会でも自分の都合に悪ければ勝手に席を立って帰ってしまうし、6者協議でも自分の都合に悪ければ勝手に帰ってしまう。
こういった我々のおよそ常識と言うものの通じない相手であるという事です。
そして先ほど申し上げたようにこの問題は現在進行形の拉致事件でありますから、テロがいまだに我々の身辺に掛かっているという事なんですね。
私は今皆さん方に危機を煽るわけではありませんが、今日今この時間現在ですね。
私たちの家族やきょうだい、お友達が今日夜電話してみたらいないかもしれないんです。
そういったもっと迫った問題であるという事を理解して、北朝鮮に対する圧力を加え続けなくてはいけない。

そしてじゃあ、私たちが何が出来るんだ?という事であります。
国会議員でもないし外務省の役員でもないし、出来ること確かに少ないし小さい。
言ってしまうと出来ないことの方が多いと思いますが、私たちが北朝鮮と違うのは民主主義であるという事。
声を発して民意を形成してそれを政治に活かせるという事であります。
先ほど申し上げた例えば首相官邸のHPにメールを出すことも出来る、意見を言う事も出来る。
警察にも各議員の皆さん方にも、いろんなところにお手紙やお電話・HPのメールで、拉致問題の取り組みが浅いのではないか?甘いのではないか?圧力が弱いんでは無いか?こうするべきだという事を言い続けていく事。

そして願わくば皆様方のお友達、職場のご友人にですね。
例えば土曜日に誰々さんに会ってこんな話を聞いてきたよ、とかですね。
もっと国際的に、例えばお友達がアメリカにいらっしゃる、ルーマニアにいらっしゃる、タイにいらっしゃる。
そしたら「そこに被害者がいるからちょっと情報を取ってくれないか?」といった小さなお口添えがですね。
先ほど言った国際的な圧力の包囲網につながるわけです。
北朝鮮に出来なくて日本に出来ることだと思います。
こういった力を加え続けていく事がとても大事だし、私たちもいつでも倒れそうな弱い存在をですね。
常に支えてくださっている大きな力の源であるという事をこの機会に申し上げたいと思っています。

後もう一つ北朝鮮問題はですね。
いろんな偽札とか麻薬問題とか申し上げましたが、もうちょっと大きな問題、先ほど難民のお話がありました。
中国に逃げても(北朝鮮に)返されてしまうという大きな問題がある。
ここで中国問題を大きく語るつもりはありませんが、北朝鮮以上にミサイルが(日本に)向いているというのは中国であるというのは事実でありますし、せっかく圧政下から逃げてきた人間をもう一回返してしまうという事も事実としてあるという事なんですね。
こういった問題を私たちは、日本人の拉致問題だけに拘るわけではなくて、もっと大きな問題が実はその背後にあるという事を知っていく必要があると思います。

後その北朝鮮国内にはそうした難民の他にですね。
なぜ難民が逃げるか?と言えば北朝鮮国内に居たくないから逃げて来るわけでありますが、子供たちの本当に飢餓に苦しんだ写真や映像は何回も見たと思いますけども、食べるものが無いわけなんですよね。
暮らすところが無いんですね。
自由に意見を言い合う場が無いんです。

そういった子供たちが自分たちの食べるものが無くて、それを日本や他の国々に、例えばマツタケとかアサリとかを出してまでも働かされているという事です。
そういった事を私たちが今経済制裁でそういった輸入はストップしていますが、平気で食べ続けて良いのか?
私たちは向こうの国民も苦しんでいる。
同じ人類として助けなければいけないという大きな視線に立って、この問題に向かい合っていく必要があると思います。

私の姉が2002年の日朝平壌宣言の時にですね。
政府の専用機が来た時に大変期待したと思いますし、そして帰ったときにとても悲しんだと思います。
姉を含めて多くの被害者が、また取り残されてしまったという大きな悲しみ・苦しみにあったと思います。
その同じ気持ちを、おそらく種類は違うんでしょうけど、北朝鮮国内にいらっしゃる自国民の方も早く逃げたい、早く食べたい、早く自由になりたいと思ってるはずなんです。

そういった気持ちを私たちは同じ人類として、隣の国に居る私たち日本人がですね。
人権の価値観を全面に出していく事が大事だと思いますし、それをどうか皆様方の最寄の議員さん方々に取り組みがもう少し具体的であるべきではないか?という事をですね。
言っていくことが大きな力になる。
それが先ほど行った地方が国に対して、国が対外交につながっていく大きな原動力になると思いますので、ぜひともお願いしたいと思います。

後時間も余りないので、限られた事をお話したいんですが、最近家族会がですね。
10年経ってしまったという話があります。
ここについて話をしたいんですが、ここの点についてお話をしたいんですが。
姉自体は30年拉致をされて、その他のご家族も30年以上前に拉致された経緯もあるんですが、家族会が結成されたのが1977年になります。
10年前です。
その時からいろんな理由があって、うちの父が代表を勤めさせていただきました。
今両親70以上を越えていますから、大変な辛い中になるわけですけども、これまでも1000回講演をして日本全国漏れなく今訪問させていただいたわけです。

その他にも政府の協議があったりとか、マスコミとの対応があったりとかという事で、本当に休む暇も無い。
寝る場所も無い状態で毎日を過ごしているのが実情であります。
そしてご存知のように一昨年の12月に父が薬の関係もあるんですが倒れてしまって、医者からの話を言うと「死を覚悟をしてください」という事も私に言われました。
本当に死の淵まで行って、何とか耐え抜いて今ここに居るというのが現実です。
母も普段からあまり辛いとか不平不満を口にする方ではないんですが、やはり歳もあって精神的なストレスもあってですね。
本当にいつもここが辛いここが痛いという事を平気で口にしてしまうような毎日を過ごしています。

姉も辛い、早く助けてあげたい。
そして両親も早く心から笑える時間をですね。
授けてですね。
普通の暮らしをさせてあげたいし、冒頭一点の例え話ではありませんが、本当に何気なく普通に桜の下でですね。
「今日の花、きれいだね」と言うような時間をですね。
本当に早く作ってあげたいなと言うのが私の本音であります。

しかしこれも、すでに私たち家族だけに与えられた問題ではない。
ちょっと大きなアプローチからすると、これは日本人全体の問題でありますから、この問題勝ち取るために、自由を勝ち取るためにですね。
私たちは安倍さんをもっとバックアップして、さらに要求するものは要求していってですね。
人権を無視した、人質外交を繰り返している北朝鮮に対して絶対に譲歩しない。
負けないという気持ちでですね。
戦っていく事が大事だと思います。

その中で家族会代表を10年間やって来て父も75になるわけなんですが、退任をするかしないかと言う話があります。
実際は来月の22日に家族会総会がありますから、その場で家族会の皆にですね。
意向を表明してどうするかと言う道筋を作っていくわけですが、ただ会社の組織のように人材が多くいるわけではありませんから、後任に誰がどうするというのは実際にあるかというのは難しい話ではあるんですね。
ただ、10年間やった、75歳と言う節目であるという事と、やはり私が一番身近にいて思うのは、本当に父の肉体的にも精神的にも限界にあるのは事実でありまして、このまま無理をしていけば一昨年の12月のように、また死の淵をさまような事を宣告されてしまうかもしれないんですね。

そういう意味では個人的には早く楽をさせてあげたいし、願わくばその先にある本当のゴールですね。
自分の娘を取り戻して他の多くの被害者をですね。
全員取り戻して日本が外交で勝利する事はもちろんですね。
この問題に晴れて人権の問題で勝つんだという事をですね。
勝ったという事を宣言していっていたいなと思っています。

まず最後に宣伝的な話になるんですが、皆様方の資料に入っているかどうか今日はちょっと確認をしていないんですが、入れましたか?
入っているそうです。
4月の22日にですね。
日比谷公会堂で、これも何回やればこの問題解決するんだ?という事で、来年はやらないでおこうねと誓い合いながら今年もですね。
やるハメになってしまうんですが、また国民大集会を開きます。

世界的に拉致の被害は多くを生んでいるという事をお話しましたが、そのご家族をこちらに呼んでですね。
国際的な連携をうたう予定であります。
私たちがその場に集って一体感を持って、その数時間後には北朝鮮は、その会場に国民が許さないという気迫を持った時間があったという事を知っているわけなんです。
それほど気にしていますから、私たちが集まって声を上げていくという事はとても力になります。

どうか、今日もですが、お休みのところ大変恐縮であるんですが、時間が許せばですね。
お友達もお誘いの上ですね。
是非お集まりいただいて、この問題と引き続き向き合って、私たちとともに戦ってくださればと思いますのでよろしくお願いしたいと思います。
今、私家族の立場でしか物を申し上げられませんが、本当に戦い所いいところに来ていると思いますし、先ほどの恵谷先生の話にもあるように、若干今までの雲行きと違うところがあるんですが、日本が孤立しているという事は無いと私は思っていますし、信じています。

その為には私たちが気を抜くことを無くですね。
北朝鮮に対してもアメリカに対しても国際社会に対しても、引き続き言っていく事がこの問題を絶対に忘れさせない事につながると思うので、どうぞ引き続き私どもと戦ってくださる事をよろしくお願いします。
ありがとうございました。(拍手)

・・・・・・・・・・
※藤沢集会の録音・写真撮影・ネット公開については主催者の同意を頂いております。
posted by ぴろん at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会テキスト(藤沢集会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。