2008年01月06日

リボンに集中します

昨年末には北朝鮮人権週間に絡んで集会・街頭に参加し、家族・関係者の音声ファイルをたっぷり抱え込んでいる私。
でも、テキスト化作業はさっぱり進んでいないのですね。

正直言えば1年前くらいから、テキスト化による世論の喚起に如何ほどの効果があるのか、限界を感じている私です。
ご承知の通り、テキスト化作業には膨大な時間を必要とします。
その時間をかけただけ、果たして世論の喚起はなされているのかな?という根本的疑問も感じる私。

ネットで拉致問題を検索する人は、そこそこ拉致問題に関心のある人が多いはずでしょう。
テキストを読みに来る人も、音声ファイルを聴きに来る人も、関心があればこそ拙Blogを訪問してくれるわけで、すでに関心のある方に向けて発信する情報として、私の起こすテキストは一定の役目を終えたのかな?と思うことしきりなのです。

家族の声も関係者の声も、拉致問題の進展が見えない中で、結局は同じ内容を繰り返すばかりなのが実態です。
また、どの集会に参加しても参加メンバーの顔ぶれは変わらず、そして起こしたテキストを読みに来る方も、おそらくは固定訪問者が圧倒的に多いのではないかと思われます。

世論の喚起のためには、一定の関心以下の層に如何に働き掛けるか?
自ら進んで行動を起こさず情報も求めない人たちに、如何にアピールするか?の方が重要な気がしています。

そう思えばこそ、私は仲間と共に、東京ブルーリボンの会を立ち上げ、街頭に打って出ると言う選択肢を選んだわけですが、私の限られた時間、限られたモチベーションを、街頭・テキスト・リボン製作とフル回転するにも限界はある。

で、年の初めを良い区切りとし、テキスト作業は一旦お休みにしようと言う結論を出すに至りました。
もちろんテキストに起こして発信する意義のある講演は、これからも時間の許す限り取り組みたいと思いますが、現場の声は音声ファイルで紹介するに留め、余った時間を街頭で配るリボン製作などに振り向けようと思っています。

拉致問題に関心の薄い層に向けて、如何にこの問題をアピールするか?
一刻も早い救出のために、自分に出来る活動を少しでも意義あるものにしたいと思っています。
どうかご訪問の皆さんのご理解を賜りたいと思っております。


posted by ぴろん at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。