2008年10月15日

テロ指定国リスト解除

プライベートでの旅行の道中でこのニュースを知ったため、少々出遅れの感があるのはお許しいただいて、私の所見を一言。


アメリカのテロ指定国リスト解除は、拉致問題解決を目指す者にとっては痛いニュース。
だけど、私たち日本人にアメリカを批判する資格はあるのか?


アメリカはアメリカの国益によって動く。
ただそれだけのこと。


9・17から丸6年。
スパイ防止法すら作れず、日本自ら北朝鮮をテロ支援国指定することも出来ず、ただ待ちの姿勢でいたずらに時間だけをやり過ごしてきた日本に、何を言う資格があるのか?


世論喚起のための具体策も救出のための具体策も打ち出せず、北朝鮮情勢の分析ばかりでお茶を濁す救う会全国の体たらく。

拉致議連に名を連ねるだけで何もしない国会議員。
彼らの尻を叩くこともできない私たち日本国民が、アメリカに文句を言う資格があるのか?



日米同盟が世界一強固な物であると吹聴するのなら、少し考えたらいい。
自国民の命の危機がすぐそこにあるというのに、拉致が疑惑ではなく本当の事実と判明してから6年経つのに、何もしない日本をアメリカは信用してくれるのか?と。
そんな体たらくな国のために、どこのどんな国が力を貸そうと思うのか?と。

汗を流し血を流し、歯を食いしばって頑張る姿勢を日本が見せてこそ、初めて本気で力を貸してくれる国が現れるのと違うのか?
日本が本気を示さなくて、どこの国が、本気で拉致問題の解決に「協力」しようとしてくれるというのか?


ごまめの歯ぎしりにも限界がある。
被害者救出に少しも近付けない自分が悔しい。





今日は5人の被害者が、羽田のタラップに無事の帰国を果たした記念の日。
あれ以降、未だ一人の被害者も羽田のタラップに迎えることのできない私たち日本人。

人の命が地球よりも重いというのなら、この現状をどう思うのか?


posted by ぴろん at 10:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。