2005年12月09日

「古川了子さん第4回行政訴訟報告会」テキストアップのお知らせ

去る6日、東京地裁での古川了子さんの拉致認定を求める行政訴訟後の報告会の模様を、支援者のお仲間である原良一氏が全文テキスト化をしてくださいました。
さっそく再構成の上、当Blogにて公開いたしました。
全部で9つのエントリーはかなりの長文になりますが是非ご一読をお願いいたします。

テキストの中でも何度か触れておりますが、特定失踪者の認定に関して、国の態度は冷たいの一言に尽きます。
また、この問題についてのマスコミの関心度・世論の関心度も決して高くはありません。
古川了子さんの拉致認定が取れるか否かは、拉致問題の行方を考える上でも重要なポイントであると思います。
どうぞ一通りテキストに目を通していただき、この問題に対しての関心と知識を深めていただきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、この報告会のテキスト化にご尽力いただいた原良一氏に、この場を借りて御礼申し上げたいと思います。


★カテゴリー「集会テキスト(古川了子さん第4回行政訴訟)」より
http://piron326.seesaa.net/category/942703.html

テキストは以下の9本です

『川人博弁護士による裁判報告』
『安明進氏のあいさつ(宋允復氏の通訳を再構成)』
『原田敬三弁護士のお話』
『生島馨子さん(特定失踪者・生島孝子さんの姉)のお話』
『一般傍聴者(川人弁護士の教え子)の感想』
『二瓶和敏弁護士のお話、もう一度原田弁護士のお話他』
『杉野正治 特定失踪者問題調査会常務理事のお話』
『竹下珠路さん(特定失踪者・古川了子さんの姉)のお話』
『もう一度安明進氏、調査会の杉野氏のお話』


posted by ぴろん at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶&お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。