2008年08月15日

日本政府は国家の意思を堂々と表明せよ

福田総理はどうしても拉致被害者を「見殺し」にしたいらしい。

国民の生命と財産を守るのが国家の責務のはずなのに。
その任務を遂行するのが総理のしごとのはずなのに・・・?

福田総理におかれましては、北朝鮮に奪われた同胞を救い出す気概は微塵も無い模様です。

もうすぐ9.17から丸6年。
福田総理に限らず、いまだ日本政府は国家の意思として「全ての拉致被害者を奪還する」とは言わない。
一言も言わない。
アメリカに先駆けて、北朝鮮をテロ支援国家指定することもしない。

領土を奪われ資源を奪われ国民を奪われても、相手の嫌がる事はしないで通すのか?
そんなことで日本の安全は守れるのか?
この国は、本当にまともな国なんでしょうか?

再調査なんて欺瞞に騙されたくない。
国民の良識はまともだと信じたい。
その力をどこまで発揮できるのか?

今こそ、日本国民の底力が試されているように思います。

抗議の声を官邸へ、外務省へ届けましょう。
拉致被害者全員を救い出すために、今こそ私たち一般国民が粘って粘って粘り通すしかありません。

★首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

★外務省
https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html


posted by ぴろん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。