2008年11月16日

ごめんなさい

巣鴨街頭活動を終えて帰宅したら、拉致被害者市川修一さんの母・トミさんの訃報を聞きました。


トミさん。

あなたの修一さんを取り戻せなくてごめんなさい。
可愛い末息子に一目逢いたい、というトミさんの切なる願いを叶えられなくてごめんなさい。

お兄さんの健一さん、義姉の龍子さん。

修一さんがお母様のために誂えたと言う大島紬の着物をトミさんに着せ、車椅子を押してでも、羽田のタラップの下で修一を母の胸に抱かせてやりたいという、お二人の願いを叶えて差し上げられなくて、本当にごめんなさい。



胸が痛い。
自分の無力を感じます。


posted by ぴろん at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。