2005年12月24日

国民大集会より タイ人・レバノン人拉致被害者家族の声

★スカム・パンジョイさん(タイ人拉致被害者・アノーチャさんの兄)
 ※通訳:海老原智治さん タイ・アヤプ大学講師

Img_1462.jpg

(写真左より スカムさんの息子さん、通訳の海老原さん、スカムさん、スカムさんの住む土地の郡長さん)



★ハイダールさん(レバノン人拉致被害者・シハームさんの母)
 ※通訳:(アラビア語から英語へ) マレック・ゲダムさん:フリージャーナリスト
      (英語から日本語へ) 島田洋一 救う会副会長

Img_1469.jpg

(写真は左より ハイダールさん、通訳のマレック・ゲダムさん 島田洋一副会長)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国民大集会・音声ファイルのご紹介はこれで終わります。
残りの登壇者の発言は後ほどテキストで順次ご紹介いたします。
音声を全て聞くのはだいぶ時間がかかりますが、年末年始のお休みに入ってお時間のある方は、興味のある所だけでもぜひ家族の生の訴えの声をお聞き届けいただければと願っております。
よろしくお願いいたします。

一時休載を宣言しておきながら、まったく休載になっておらず言行不一致で冷や汗をかいております。(^^ゞ
正真正銘これを最後に本当にしばらくの間休載をいたします。
Blog再開は大晦日の31日くらいになりそうです。
予めご了承の程よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>


posted by ぴろん at 11:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぴろんさん、こんにちは。
お忙しい中、音声ファイルのアップお疲れさまです。また、当方のブログにご訪問いただき、ありがとうございます。大変光栄です。
拙いレポートで大変恐縮ですが、ご覧になっていただけたということで、嬉しく思います。
ご家族の声を聞いているのは本当に辛く、重たいことですが、この現実から目を背けないで、共に闘っていかなければならないと心に誓っています。
自分に出来ることなどたかが知れているし、それを思うと落ち込むこともありますが、こうしてぴろんさんのように、地道にこつこつと記録を残しておられる方々がいることに何度も勇気づけられました。
これからも頑張ってください。
私もがんばります(^^)
Posted by hikaru at 2005年12月27日 13:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

国民大集会レポート1
Excerpt: 昨日の国民大集会の模様をお伝えします。 (写真は開会前の舞台の様子。今回の集会のタイトルは 「めぐみさんたちは生きている! 経済制裁発動で拉致被害者救出を!国民大集会」。 奥の垂れ幕には「金正..
Weblog: hikaru's 脳天気blog
Tracked: 2005-12-27 13:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。