2009年01月01日

脱北者の証言2 北朝鮮テロ全体主義国家の実情を訴える6団体共同集会第2部より

北朝鮮テロ全体主義国家の実情を訴える6団体共同集会 <アジア人権人同学会の設立準備期成会>
第2部 「収容所体験者・脱北者による証言」
08.12.14 明治大学リバティータワーにて


(承前)
(投稿者より)
「北朝鮮テロ全体主義国家の実情を訴える6団体共同集会 第2部 脱北者の証言」
耀徳政治犯収容所の体験者チョン・グァンイル氏の証言を、長文のため二分割にて紹介します。

 文字起こしにあたって、通訳の宋允復氏の特有のクセで、語りが「私が」の一人称と「彼が」の二人称が混在している部分がありますが、読みやすさを優先させて、明らかに宋氏の解説である部分を除いて、私の文責で「私が」の一人称に再構成しています。

 また通訳を介す場合、どんなに優秀な通訳でも一定程度の誤訳や漏れが生じることが避けられず、これに記録者の主観が再構成時に加わるので、メディアや学界関係等で正確さを要する場合は、オリジナルの公式ファイルの画像と音声との参照をお願いします。

 なお証言内容には、極めて悲惨で、尾篭な汚い部分も多く出てきますのでご承知の上でお読みください。
いつも通り、発言内の( )は原則投稿者の補注です。

・・・・・・・・・・

 司会:三浦小太郎守る会代表
 ご存知の方も多いと思いますが、基金は、結成以来もう1000人くらいになるのかな、とにかく数百人以上の人名を何らかの形で助けております。

 そしてこのような脱北者の方が、日本にも多く在住し、韓国にもたくさんいらっしゃる。今日お二人が来ておられますけれども、最初にどうしても断っておかなければならないことがあります。

 皆さん、お手元に資料があると思いますが、チョン・グァンイルさん、こちらの方は、カメラを撮影される方々、自由に撮影されていただいてかまいません。もう一人ですね、ワン・ヘソンさん、日本在住の脱北者、そして中国で非常に悲惨な目に遭った人をお呼びする予定でしたが、ちょっとこの方は変更になりまして、リ・ウチョルさんという同じような立場の方です。メモをされてください、リ・ウチョルさん、発音は下手だと思いますがカタカナです。リ・ウチョル(李宇哲、漢字名は推定)さんに変更になりました。

 そしてこの方は、親族がまだ北朝鮮で危険な立場に置かれております。リ・ウチョルさんに関してはですね、顔は撮影しないでください。本当に申し訳ないことでありますが、これはお願い致します。リ・ウチョルさんに関しては、声の録音や放送は結構です。しかし顔は撮影しないでください。以上のことは主催者の方からお願い致します。

 それでは最初に北朝鮮政治犯収容所の体験者であるチョン・グァンイルさんの証言を、NO FENCEという最近収容所の解体を目指す団体が結成されましたが、そこの事務局長、宋允復氏の通訳でお届けします。じゃ、よろしくお願いします(拍手)。

★チョン・グァンイル氏(政治犯収容所体験のある脱北者)
 通訳:宋允復NO FENCE事務局長

 アンニョンハセヨ、チョン・グァンイルニダ。
 こんにちは、チョン・グァンイルです。私は元々1963年に中国で生まれて、68年に北朝鮮に「帰国」という形で(北朝鮮に)入った人間なんですね。北朝鮮に入った後に会寧(フェリョン)という中朝との国境の町で、小学校、中学校を過ごしまして、79年に軍に入隊し、87年に除隊しました。

 その後、92年までは、一労働者として生活していたんですけれども、92年になって824部隊、これは皆さん、日本人拉致の前進基地のある清津(チョンジン)連絡所ってお名前お聞きになったことがあると思うんです。実は彼は、その清津連絡所のある分駐所と言っていますけれども、そこで勤務をしていました。

 私は98年まで、先ほど申しましたコードネーム824連絡所である清津連絡所、ここで要するに拉致工作等で出入りする、戻ってくる工作員を、偽装漁船(=「不審船」)で引き揚げたりということに関わっていまして、98年の10月からは、今度は連絡所絡みの貿易会社がありまして、「朝鮮貿易会社」といいますが、そこで貿易の事業に携わっておりました。

 その貿易会社は、中国の延吉(えんきつ、ヨンギル、注1)に支社を持っておりまして、99年の5月までそこの支社長としていたんですけれども、99年7月にスパイ容疑、何ゆえにかといいますと、水産物貿易その他で韓国人ビジネスマンと接触したんですね、それがスパイ容疑になりまして、保衛部の取調べを12ヶ月間受けた後に、2000年の4月に耀徳(ヨドク)収容所、皆さんお聞きになった方が多いと思いますけれども、15号耀徳収容所の革命化区域に送り込まれました。
(注1)延吉の読み方
 宋氏は、「えんきち」と発音していますが、漢字登録や各種検索では「えんきつ」と入力しないと、上手く出てきません(「えんきち」の読みも誤りではないようですが)。チョン氏は朝鮮読みで「ヨンギル」、中国語では「イェンジー」となります。

 2000年に(耀徳に)入れられまして、その後2003年の3月まで収容所生活をし、釈放されたのは4月11日です。その後2週間ほどで4月25日に中国に脱出しました。中国では5ヶ月ほど滞在しまして、第三国を経由して2004年の4月に韓国入りを果たし、現在ソウル在住です。

 先ほどのスパイ容疑を受けた経緯について、簡単にお話ししたいと思います。私が以前勤めていた824連絡所というのは、大変機密に関わる部署であって、私自身がその機密を知り得る人間であった訳ですから、貿易を扱う部署に移された後も、実は監視付きだったのです。私本人は自覚していなかったのですが、監視されておりました。

 当初、中国で中国人相手に貿易をやっていたんですけれども、商売として上手くいかなかったのです。それで私は、他の意図はまったく無く、商売の目的だけで韓国人のビジネスマンと接触をしました。

 相手をしていた韓国人ビジネスマンに、特に親しくしていた人がいたのですけれども、私が承知している限り、その人は韓国の情報機関と繋がっている人でも何でもないわけですが、保衛部はそれに目を付けました。彼は、韓国の情報機関の手先であるということになって、個人的な付き合いの中でプレゼントを貰ったりした、それも情報機関からの工作資金を受け取ったという罪名にされまして、スパイという扱いだった訳です。

 取調べというのは、大変厳しい拷問が続いたわけです。私自身は、当初はそんなことはしていない、秘密を漏洩した覚えもないし、意図的にしたこともないと頑強に否定して、頑張ったですけれども、やはり拷問には耐え難くて、いっそこのまま認めて、後は殺されてもいいやと諦めまして、「確かに工作の任務は受けたけれども、遂行はしなかった」とのこの線を守って、虚偽の自白をしたわけです。それが認められて収容所送りが確定しました。

 こうしたスパイとの疑いがかかって取調べを受けますと、一般の司法の手続きとはまったく別体系です。公開の裁判があるわけでもなく、正式な取調べがあったわけでもないのですけれども、拷問を受けて本人が自白したということで、そのまま15号の耀徳収容所に送り込まれました。

(耀徳に)送り込まれてみますと、本当に人間として生きられる所ではないというのが、切実な実感です。私が送り込まれた革命化区域というのは、生きて出られる可能性が残されている所なんですね。ただそこでの扱いも過酷でありまして、送り込まれる前の段階で拷問を伴った過酷な取調べを受けて数ヶ月とか1年過ごしているわけです。

 それで充分に衰弱するだけ衰弱している人間を送り込んで、かなりの強度の強制労働を課すものですから、当然(ノルマ)は達成できません。そうなると食事を減らすという、ただでさえ収容所の最低限の、命を永らえる最低限の食事をさえも削るということで、栄養失調で死ぬ、殴られて死ぬ、そうした人間を夥(おびただ)しく見ました。

 私は運良く生き延びまして、収容者の班長という囚人の中で一定程度監督する立場に付けられたのですけれども、私がいる間、私の班で延べ人数で400人余りの人間が送り込まれましたが、収容された3年の間に200人が死にました。400人送り込まれた中で、200人が3年間の内にどんどん、どんどん死んでいきました。

(耀徳では)収容者たちの労働意欲をかき立てるために食糧が使われるんですね。具体的に申しますと、伐採した木材、直系30センチ以上、長さ4メートル以上の木材を山で伐採し、それを片道2キロの区間を一日4往復させるのです。その木材を引きずって運ぶという運搬作業です。

 その4往復を仕上げると、トウモロコシ餅を一つあげるのです。すると、そのトウモロコシ餅一つを欲しいがために、その達成のために夢中になるのです。虚弱な体を引きずってやるんです。ただもっと弱い人を、例えば押しのけて、で、押しのけられた人は体力がないものですから、斜面をゴロゴロ転がってそのまま木材の下敷きになって足が折れるとか、死ぬとかが頻発するくらい過酷な状況の中で、働かされます。

 しかもそれを冬季にやらせるんです、寒い時にです。そういう形で4往復を仕上げられなかった人たちは、食事が与えられないものですから、それでまた餓死するとこういう形でバタバタ人が死んでいきました。

 春先になりますと、今度は種蒔きの季節になります。蒔く種は何かというとトウモロコシが主なんですけれども、囚人たちが、監視の目を盗んで種を口に入れようとしますね、どうしても。ですからそれができないように人糞を撒くのです。種蒔きの作業をする前に、トウモロコシの種を人糞まみれにしたものを収容者たちに(渡して種蒔きの)作業をさせるのですけれども、それでも口に入れてしまう者がいる、ひもじさの余りに、です。

 もちろん口に入れる時は、服などで拭って入れるのですが、それでも病原菌が残っていまして、それで大腸炎に罹って死ぬ人間が、けっこうな数で出てきます。毎年、春先の種蒔きの時期になりますと、そういう形で死ぬ人間、人糞まみれのトウモロコシを口に入れて死ぬ人間が、だいたい20人か、30人はコンスタントに出てきます。

 夏になりますと、今度は草むしりをしなければならないのです。草むしりも大変な面積をやらせるものですから、しかも暑い夏です。乏しい食事で働かされて、やっぱり課題(ノルマ)を遂行できない人が出てきます。そうするとまた無条件に食事を削ってしまうということで、栄養失調で死ぬ人が、夏にも20人から30人出てくる。

 秋口になると、今度は草を刈って堆肥を作る作業というのがありまして、これも大変な分量です。一人当たりの堆肥を作る課題の量というのが、800キロです、一人当たり…。800キロの堆肥を作れないと、これまた食事を削られて飢え死にする。

 収穫の秋、実りの秋になりますと、囚人たちが作ったトウモロコシを盗み食いするチャンスができるわけです。ただこれが発覚しますと、一房以上盗み食いしたことがバレますと、独監房(トクカンバン)といいまして一人だけを押し込める小さなスペースがあって、そこに送り込まれます。

 独監房といいますと、高さが1.5メートル、幅が1.5メートルということで横になれません。足を伸ばせないというスペースに押し込んで、一日三食与えられますけど、一食あたりスプーン一杯の豆ご飯、(宋氏:たぶん大豆を煮た物と思いますが)と、コップ一杯ぶん位の(実の無い)塩水、一応塩漬けの白菜を煮た汁(スープ)ではあるのですけれども、コップ一杯の汁、それが一日当たり、一日三回与えられる。

 私が3年間いた間、独監房送りになった人間はかなりの人数に登りますが、生きて戻った人間は、一人もいませんでした。私が3年間いる間に、直接見ただけで20人くらい送り込まれましたが、一人も生きては出てこられませんでした。

 後、公開処刑についてお話ししますと、収容所にいる間に直接見た公開処刑は2件です。一件目は、労働の最中に余りにお腹が空いたものですから、ちょっと持ち場を離れて山苺の類を摘まんで食べようとしたところ、点呼が入ったのでびっくりして隠れていたところを、逃走を試みたと見做されてその場で射殺されてしまった人間が一人います。

 もう一人は、これもジャガイモを盗み食いしようとして持ち場を離れたところを点呼が入って、びっくりして隠れていて見つかってしまって、その場でこれも射殺されました。その人が射殺されたのは、私が出所する直前の2003年3月5日でした。

(その2に続く)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※このテキストの音声ファイルはこちらから http://www.netlive.ne.jp/archive/event/081214.html
※北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 http://hrnk.trycomp.net/
 NO FENCE http://nofence.netlive.ne.jp/
http://hrnk.trycomp.net/

※このエントリーのテキストは原良一氏の手によるものです。


posted by ぴろん at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。