2009年01月01日

脱北者の証言4 北朝鮮テロ全体主義国家の実情を訴える6団体共同集会第2部より

北朝鮮テロ全体主義国家の実情を訴える6団体共同集会 <アジア人権人同学会の設立準備期成会>
第2部 「収容所体験者・脱北者による証言」
08.12.14 明治大学リバティータワーにて

・・・・・・・・・・

(承前)
(投稿者より)
「北朝鮮テロ全体主義国家の実情を訴える6団体共同集会 第2部 脱北者の証言」
日本在住の脱北者、リ・ウチョル氏の証言を紹介します。
 以下に記されている理由で、顔や人物が特定できるような情報はお知らせできませんが、非常に好感の持てる人士でした。日本語で証言していますが、ファイルを聞いた方はその流暢さに驚かれると思います。

 司会:三浦小太郎守る会代表
(前 略)
(証言者は)リ・ウチョル(李宇哲、漢字名は推定)さんに変更になりました。
 この方は、親族がまだ北朝鮮で危険な立場に置かれております。
 リ・ウチョルさんに関してはですね、顔は撮影しないでください。本当に申し訳ないことでありますが、これはお願い致します。リ・ウチョルさんに関しては、声の録音や放送は結構です。しかし顔は撮影しないでください。以上のことは主催者の方からお願い致します。
(中 略)
 それでは次にですね、リ・ウチョルさんは日本語で…。じゃあ、脱北者のリ・ウチョルさんのお話しをいただきます。よろしくお願いします。くどいようでございますが、お顔の撮影はお止めくださいませ。

(拍手の中、リ・ウチョル氏登壇)

★リ・ウチョル氏(脱北者、元在日朝鮮人帰国者の家族)

 こんにちは!リ・ウチョルと申します。(原稿に目を向けながらの語り)私は、中国で北朝鮮から脱北してきた人たちが、どのような困難に遭遇しているか、人権侵害に泣いているかのお話しをしようと思っています。私もその一人だったからです。

 私は2002年に北朝鮮から脱北して、脱出して中国に渡りました。中国で初めての仕事は、海鮮中国料理店の従業員として、調理師以外の仕事はすべて経験しました。仕事中注文を聴き間違えたり、配膳を間違えたり、皿を割ってしまったりした場合は、従業員の責任として、給料の中から差し引かれてます。

 3〜4ヶ月分の給料は未払いで、後2ヶ月分は貰えた後辞めました。その時私は、1日に13〜14時間働いていました。その月給は400元で、日本円にすると5000円くらいですよね。それも何ヶ月間か続いて貰えなくて、4ヶ月間働いて600元貰って辞めました。

 それでも他の脱北者と比べると、彼らの受けている苦しさと比べると僕のことは、何でもないです。ほとんどの脱北者たちは、中国人が貰える最低の給料の半分にも足りないくらいを貰いながら働いています。人柄がいいオーナーさんに会ったら、中国人が貰える最低の半分くらいですね、その分を貰いながら働くことができるんですけど、そうではないオーナーさんに遭ったらですね、何ヶ月分の給料を貰えることできないし、そのまま働いている場合も少なくありません。

 それでも脱北者たちは、どこに行って、訴えることもできないです。それは何故かといえば、中国政府は、脱北者たちを難民として認めず、不法越境者として扱っています。だから来た脱北者たちが、中国政府に捕まえられたら、北朝鮮に強制送還されます。こういう点を悪用して良くないオーナーさんは、自分の気に入らなかったり、もしくは給料が少ないとか未払い分について不満を少しでも現わすと、後ろで公安といえば、中国の警察なんです。公安に密告する場合があるから、脱北者たちは、しょうがなく辛抱するしかないです。

 これは、わたくしが中国でよく聞いた話しなんですけど、脱北者が中国に渡ってですね、最初に脱北者を発見した人は、その脱北者の持ち主になる場合があります。持ち主になったら、持ち主になった人が、どこかに売りたくなったらそこに売ります。特に女性ですね、脱北者の女性たちは、中国で売られたり、買われたりしています。

 中国の田舎では女性たち、ほとんどの女性たちが、都会に出稼ぎに出てるので、家の中で農作業をやっている男性と、特に障害を持っている男性は結婚しにくいです。だから、脱北者の女性たちは、田舎の男に売られています。もちろん、売られていった家が優しければ、普通の生活ができる女性もいます。

 でも、そうでない人間に売られたらそれは大変なことになります。お金を払って買ったから、人間として見られず、物として取り扱われている場合がほとんどです。性売買(売春)のために売られている女性もけっこういます。

 これは、私がラジオで聞いたことなんですが、中国からモンゴル、タイ、ベトナムなど第三国を経由して韓国を初めとして、脱北者を受け入れている国に行きます。脱北者数人が、中国かモンゴルに行っていました。中国とモンゴルの国境は、ほとんど砂漠になっています。人の住んでいない、木もない、水もない、草もない砂漠を歩いて越えていました。方角もはっきりわからないし、持っていた食べ物もなくなって、疲れやひもじさで途中で死んだ人もいます。あの中で、ある母親の息子が死にました。息子が自分の懐で死んでいくのを見て、何もできなかった母親の心の辛さは、どんな辛さだったか、これは言葉では形容できないです。

 日本ではありえない、考えられないことが中国では起きています。しかし、私は、他の脱北者に比べたら比較的問題なく住んでいました。それは何故かといえば、一つには言葉でした。わたくしは、脱北して中国に行くために、北朝鮮にいる時も中国語の勉強を始めて一生懸命勉強したんですけど、もちろん中国人と同じではないですけどある程度できたので、私が少数民族の朝鮮族と言うと誰も私が脱北者と気付いてなかったです。

 朝鮮族といえば、日本にも在日韓国人、在日朝鮮人がいると同じように、中国にも在中国コリアンがいます。中国には50ほどの少数民族が住んでいます。中国は広い国ですから、少数民族の中には中国語が上手にできない人もけっこういます。私は中国のコリアン、朝鮮族であると言ったら、みんながそれを信じていました。

 私が、中国滞在中安全だった二番目の理由は、本物に限りなく近い偽物の身分証明書があったからです。中国で私が、事故や問題を起こさない限り捕まる確率は非常に少ないです。でも私は、母のことですね、家の家族、母のことを心配しながら暮らしてたです。

 母は、韓国人が経営している韓国料理店で働いていましたが、母は中国語もできないし、偽物の身分証も持っていなかったので、それが一番心配でした。韓国料理店で働いている脱北者もけっこういます、中国で。それを知った中国の警察が、韓国料理店で働いている脱北者を捕まえたこともあります。それなので、母はいつも心配しながら働いていました。

 警察の制服を似た制服を着て店に入った人たちを見て、店の裏門から逃げたことも度々でした。警察の制服を似た制服を着た人たちは、例えば、警備員、建物の警備員とか、税務署の係員、衛生管理局の係員です。

 中国国内での移動は、脱北者にとってかなり難しいです。普通脱北者は、中国語ができないから、汽車の中で切符の検査で捕まる場合も多いです。脱北者たちは、中国のどこに行っても危険はついて回ります。私の家族が日本大使館で保護を受けるためには、日本大使館のある北京まで行かなければなりませんでした。

 私の家族が住んでいた所から北京まで、汽車で8時間くらいかかります。その時、あいにく北京では、人民代表大会が開かれています。人民代表大会といえば、国会議員たちが集まって開く大会のことと中国では同じなんです。そのため北京の駅では、外部から来た人の身分証明書を徹底的に調査していました。

 私が、汽車で行こうとした最初の計画を変えて、バスで北京へ行きました。私たちが出発する2日前から大雪が降って、乗客(は定員)の半分にも満たなかったので北京高速道路の入口での検査は、運良く避けられました。こうした難関を越えて、ようやく日本大使館に保護されました。

 今、この瞬間にも中国の警察に捕まえられて、北朝鮮に強制送還されたり、あちこちに避難していたりする脱北者は、数知れないほど多いです。脱北者が、何の罪もなくて肉体的に、精神的に苦しんでいます。罪があるとすれば、北朝鮮で生まれたことが罪ですよね。これが、大変辛いことなんです。

 ここにいらっしゃっている皆さんは、日本で生まれて、自由な国で生まれて本当に良かった、本当に幸せだったということを絶対忘れないでください。北朝鮮や中国で味わった苦しさや非合理的なこと、反人道的なことをすべてお話しすることはできません。もし聞きたいことがありましたら、聞いてもかまいません。(司会の三浦氏はダメと合図を送っている)可能な限り質問にお答え致します(拍手)。

 司会:三浦小太郎守る会代表
 あ、すいません。本当は、本人も言っているように質問の時間も取りたいのですが、急にトヨタ・アキコさんが来れなくなったことから、あるビデオを流そうと思っております。また、やはり立場にいろいろ危険があります。質問に全部答えることはなかなかできないと思うので、今日のところは、中国での苦しさということだけをご理解ください。では、リさんありがとうございました(拍手)。

 記録者の所感
 リ・ウチョル氏の日本語は、「だから」が「たから」、脱北者を「たっぽくしゃ」など濁音ができない朝鮮語話者特有の訛りが一部あるものの、それ以外は完璧に近く、起こしも楽でした(もっと聞き取りにくい日本人はいくらもいる)。
 どうやって日本語を習得したかを集会後聞きましたが、本人特定につながる恐れがあるので詳細は控えますが、大変な努力家であることが窺えました。日本での定住と成功を祈って止みません。

(脱北者への強制堕胎の実態に続く)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※このテキストの音声ファイルはこちらから http://www.netlive.ne.jp/archive/event/081214.html
※北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 http://hrnk.trycomp.net/
 NO FENCE http://nofence.netlive.ne.jp/
http://hrnk.trycomp.net/

※このエントリーのテキストは原良一氏の手によるものです。


posted by ぴろん at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。