2009年01月06日

川島高峰氏 北朝鮮テロ全体主義国家の実情を訴える6団体共同集会第3部より

北朝鮮テロ全体主義国家の実情を訴える6団体共同集会 <アジア人権人道学会の設立準備期成会>
第3部「共催6団体他、北朝鮮の人権改善を目指す人々による大発言会」より
08.12.14 明治大学リバティータワーにて

★川島高峰 明治大学准教授

各団体の代表者の皆さん、本当にありがとうございました。
どのようにまとめたらいいのか、とてもまとめ切れるような、しかし、一つ一つ非常に深い、広がりのある話だったと思います。
金正日後の北朝鮮の人権人道を考えるという、私一応依頼をしたんですね。
各団体の方にそれぞれお話をしていただければと思いました。

私自身、「じゃあ金正日後の北朝鮮はどうなるんだろう?」と、「あなたそもそもどう思うんですか?」と聞かれたら答える事は出来ないし、予測はつかないんですね。
つきません。
北朝鮮の人も予測はつかないと思います。
分からないと思います。
どうなるかを考えた者が未来を決めていくんです。
ですから日本はあんなに、史上最悪だと思います、北朝鮮の人権侵害状況と言うのは。

それに対してですね。
金正日後ではなくて、その先に来る未来にですね。
私たちが「こうなるんだよ」と、「こうしたらいいじゃないか」と、「もっと良くなるんだ」というふうにですね。
私たちの方から彼らにそういうメッセージを送っていいのではないか?と、いうことをですね、密かに思っています。
これをこれからですね、皆さん共にですね、考えていく。
やはり希望と未来ですね。
これを私たちがクリエイトして、そして発信していく。
これがですね、今皆さんの話を聞いて、つながっていくところはそういうことではないかと思います。

来年、年末でございますから、いよいよ来年ですね。
このアジア人権人道学会、様々な宿題・課題、私自身がこれが出来たら良いなと思った事、特にレコード、そしてレポート、それをサポートするところが無い。
いや、無いわけじゃないですよ、みんな自分でやってるわけですね。
物凄いそれは大変だと思うんです。
ですからその形をどういうふうに具体的に構築してやっていくのか。
これが来年の課題ですが、来年の今日ですね。
来年の今日、それを皆さんにご報告できるようにする、これが私の約束です。

今日は長い時間本当にご静聴いただきましてありがとうございました。
関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ このテキストの音声ファイルはこちらから http://www.netlive.ne.jp/archive/event/081214.html


posted by ぴろん at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。