2006年01月04日

制裁発動で被害者救出を!国民大集会(22)05.12.22 日比谷公会堂にて

『櫻井よしこさん 閉会の言葉』

佐藤会長が先ほど申しましたように、今年のこの国民大集会は非常に大きな国際的は広がりを見せた点で極めて特徴のある会となりました。
それはジェンキンスさん曽我さんたちが情報を提供しそして本を書かれた。
その中で多くの私たちの知らない事実を明らかにしてくださったからです。
12カ国の人が被害に遭っている事が分かりました。
もはや拉致は日本だけの闘い、韓国だけの闘いだけではありません。
日韓両国に加えて、その他少なくとも10カ国の人々が同じ問題に直面しています。

国連でも初めて北朝鮮を名指しして人権に関しての非難の決議が行われました
今は国際的な対北朝鮮包囲網は狭まっています。
この包囲網を更に縮める為に、日本に戻ってきた蓮池さんや地村さんたちには、情報提供と言う意味で心からお願いしたいと私は思っています。(拍手)

そうする事が拉致の被害者を助けるのみならず、日本国が自由と民主主義、人道に基づいてこのアジアを舞台により良い政治の突破口を開き、自分の国の人間が拉致されていてもほとんど構わない。
脱北者を送り返してしまうような人道にもとる中国のような国に負けないよりよい社会を作る力となっていくだろうと私はおもいます。(拍手)

日本の被害者、タイの被害者、レバノン、ルーマニア・中国。
そして韓国、フランス、イタリア、オランダ、ヨルダン、マレーシア、シンガポール。
この人たちだけではありません。
アジアそして世界の為に、私たちは愛と友情と希望と人道主義と民主主義をもって闘おうではありませんか。(拍手)
皆さん本当にありがとうございました。(拍手)
拉致問題解決の為に最後までご家族の皆さんと一緒に闘うことを、議員の皆さん方と一緒に国民が心を合わせて闘う事を決意しようではありませんか。(拍手)

本当にありがとうございました。(拍手)
寒いのでどうぞ気をつけてお帰りください。(拍手)
ありがとうございました。(拍手)

本当にありがとうございました。(拍手)
どうぞ皆さん、お帰りは気をつけてください。(拍手)
ありがとうございました。(拍手)

・・・集会終了・・・


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。