2009年05月18日

09.5.17 渋谷街頭活動報告

090517-1.jpg

090517-2.jpg

090517-3.jpg

090517-4.jpg

090517-5.jpg

前日より心配された雨も降らず、予定通り渋谷ハチ公前広場にて拉致被害者救出を訴える街頭活動を行ってきました。

今回は道行く人たちに拉致をアピールするために、新たなパフォーマンスを計画・実行。
加えて東京ブルーリボンの会が行う街頭では初の雨対応を迫られたため、街頭の組み立てに若干まごつく場面もありました。
が、少ない人数(およそ20名)の参加者にしては、最大限の活動が出来たのではないか?と思っております。

尚、今回の渋谷街頭で集まった署名は329筆、カンパは30.650円です。
お預かりした署名とカンパはすべて特定失踪者問題調査会へ寄託いたします。

新たなパフォーマンスは、めぐみさんの写真や拉致解決を訴えるメッセージを書いたボードを作り、渋谷スクランブル交差点を何度も往復して通行の皆様へ拉致をアピールするというもの。
こちらのパフォーマンス隊のために集まったボランティアのうち8名を充てたため、署名とチラシ・リボン配布部隊は6〜8名ほどと、署名活動を行うにはかなり少ない人数となってしまいました。

通常、渋谷では通行者の足を止めて署名を頂くのは難しいのですが、それでも交差点でのパフォーマンスを見た人の中から関心を持って、街頭の掲示を熱心にご覧になったり、署名やカンパに応じてくださる方が多数いたように感じました。
パフォーマンスの内容やボードのメッセージなどにはまだ工夫の余地があるとは思いますが、パネル部隊と署名部隊の構成・連携をうまく考えれば、もっともっと効果的に拉致問題を世論に訴える余地はあると考えています。

ともかくも、今日の街頭の様子を写真でご紹介しますのでご参照ください。

右も左も関係なく、広く世論に拉致問題を訴えるため、東京ブルーリボンの会ではこれからもいろいろな工夫を重ねて、この問題をアピールし拉致が決して風化することのないよう、微力を尽くしたいと思います。

本日の街頭には、初めて参加してくださった方、途中飛び入り参加してくださった方もいました。
ジャーナリストの有田芳生さんも参加してくださり、マイクを握って頂いて拉致問題の解決を力強く訴えて頂きました。

一人でも多くの方が気軽に参加し、被害者救出のために声をあげてもらえるようなそんな街頭活動を私たちは目指しています。
今後とも東京ブルーリボンの会の活動にご理解とご協力をお願いいたします。


posted by ぴろん at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。