2006年01月23日

よど号犯人と拉致問題 東京集会(3)06.1.19 友愛会館にて(斉藤文代さん音声あり)

『斉藤文代さんのお話』

Img_1697.jpg



同じくよど号犯人によって拉致されました松木薫の姉の斉藤文代です。
今日はありがとうございます。(拍手)
私の弟も1980年に拉致されまして、それから音沙汰無く、88年に先ほども申し上げましたように手紙が届きまして、その後何もまたずっと無くて音沙汰無くって。
父は全力を尽くしてあちこち駆けずり回ったと思いますけども、父の願いも悲しく会えないままに父は亡くなりました。

それで私の弟は先ほど言いました「宿命」(高沢皓司著)って言う中で、騙されて連れて行かれたものですから。
森(順子=よりこ)に向かって「騙したな!」って言って殴ったそうなんです。
あの手を出した事のない弟がおとなしい弟が、本当に悔しかったんだと思います。
それでその時に「騙されたあんたが悪いのよ」って事を言われて、随分向こうの方に叩かれて連れて行かれたそうなんですよね。
そこに行くと向こうの人の話では、もう二度と帰って来られないっていうようなお話だったんです。

だから私は本当にその時は、弟は本当に殺されたのかなぁ?あの国だから殺されちゃったのかなぁ?と思ったんですけども。
第一回目第二回目の時に、弟さんの骨ですよと言う事で持って来た時に、写真を第一回目の時に見ました時に、その写真が随分(時間が)経った写真だったんです。
だからその時に、あぁ薫は生きているんだと私はすぐ思いましたので、私がこんなにくよくよしていたらいけない。
何としてでも助けなければ、向こうで帰りを待っているんだと。
弟だけじゃないんだと、皆帰りたい帰りたいと思って、辛かったでしょうねって写真を見ながら思ったんです。

何でも言う事を聞かないとあの国では殺されちゃう所だから、本当に自分の意思を曲げてでも従って生きて来たのかなぁ?と思うと、その写真を見たときには本当に涙が出ました。
可哀想だったなぁと思ってですね。(文代さん涙ぐみながら)
でも私は何にもして上げられないんです。
でも何としてでも、家族会にも私が入りまして私が一生懸命頑張っておれば、何か連絡が付くはずだと思ってずっとやって参りましたけれども。
今日も申したんですが、今年こそは今年こそはと言う事で、本当に今年こそはという事を書きたくないけれども今年こそはって言う事を願いをかけなければと、今日にずっと至って来た訳です。

そして今までよど号犯も子ども達は帰って来ました。
ずっと帰って来ております。
裁判の時も有本さんと一緒に一回行かせて頂きましたけど、本当に向こうの方は私たちが出来ないような表情をするわけですね。
含み笑いって言うか何か変な顔で、目と目で合図していて本当に日本の国を馬鹿にしたような態度で、悪い事をした方が威張っててですね。
私たちの方が何かしゅんとしているような、そういう雰囲気なわけです。
だから何と情けない国になってしまったんだろうと、私たちが大声を上げて怒鳴る事も出来ない国になったんだなぁと思いながら聞かせて頂きました。

よど号犯たちも子ども達は続々と帰って来ておりますけれど、今度は薫たちを連れて行った森(順子)、黒田(佐喜子)が帰ってきますので、私も森、黒田に刑事告訴をしたいと思いますという事を、今日警察庁の方とお会いした時に申し上げました。
本当に今まで耐えて耐えてきましたので、旅券法だけで済まされると言う事は私たちは許されませんし、またたくさん残っている家族、たくさんまだ北にいるわけですから、全員助け出すと言う事を頭の中に入れてもらって、今までの気持ちでは私は取り組んで欲しくないと思っておりますので、何としてでも今年、今年って言わなくていい様に。
ひとつでも解決の糸口が解ければ、ずるずるずると解けていくと私は信じておりますので、何としてでも救い出して上げたいという気持ちで。

有本さんのお母さん、早紀江さんたちを見ていると本当に胸が痛くなります。
動けなくなったのは私の母だけでもういいって私は思っております。
母も会わせて上げられたら本当に嬉しいだろうなって思いながら、私も思っております。
病院でですね。
ノートとペンを貸して頂戴って言うから、貸しますとですね。
私の事は忘れてますけども、文字も震えながら書くんですが、「薫、会いたい、スナヨ」って書くんですよね。(文代さん声を詰まらせながら)
こういうような事をですね。
毎年毎年、うちの母だけでなくて、他のお母さんたちにも味わいさせたくありません。
ですから何としてでも今年中に、政治家も警察も立ち上がって、拉致問題を解決して頂きたいと願っております。
これからもどうぞ皆様方のご協力を得て、皆が帰って来られる様に頑張りたいのでどうぞよろしくお願いいたします。(拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。