2006年01月26日

竹下珠路さんの声 古川了子さん第5回行政訴訟報告会より

東京地裁で行われた、古川了子さんの拉致認定を求める行政訴訟の傍聴と報告会に参加してきました。
本日の裁判では原告側から証人申請を求めて裁判所の判断を仰ぐ予定でした。
が、裁判の冒頭、裁判官から「進行協議期日」を設けてはどうか?と言う提案がなされました。
「原告・被告ともに拉致問題解決のベクトルは同じであるのだから、胸襟を開いて進行の協議をしてはどうか?」と言うのが裁判官の言葉です。

裁判官の提案を受けて、法廷は一時休廷。
原告側弁護団は協議の上この提案を受け入れました。
理由は、裁判所側の姿勢に証人尋問に前向きなニュアンスを感じ取り、同意の意向を示したとのことです。
被告・国側もこの提案に同意し、来月2月27日協議が執り行われる事に決まりました。

「進行協議期日」というのは原告・被告がこれからの裁判の進行のあり方など実務的な協議を行う事だそうです。
ただし、これは代理人同士の話し合いなので、傍聴は不可。
今日の裁判で承認申請が認められなかったのは、歯痒いものがありますが、裁判所の姿勢に好意的な物があるのを感じての決断です。
裁判所が今回このような態度に出てきたのは、やはり拉致問題に寄せる世論の高い関心が背景にあるからだろうとの指摘が弁護団よりされました。

もっとも、「進行協議期日」を設け、原告・被告共に同意したからと言って、証人申請が必ず認められると決まったわけではありませんので、油断は出来ません。
尚一層のご支援ご協力をお願いしたいとの弁護団からのお願いもありました。
ネット上でこの記事をお読みの方々も、世論喚起のため、出来る事をコツコツ積み上げて頂きたいと思います。

報告会での竹下珠路さんの声を取り急ぎアップします。
裁判の進行ののんびり加減には、正直イライラしますがこちらの側も諦める事無く粘り強く支援を続けていきましょう。

・・・・・・・・・・・
竹下珠路さん 古川了子さん第5回行政訴訟報告会 06.1.26 東京弁護士会館にて

Img_1883.jpg



・・・・・・・・・・・

報告会に引き続き、調査会の記者会見が行われました。
詳しくは後ほど調査会ニュースで配信になると思いますが、速報を一つ二つ。

短波放送「しおかぜ」は来週月曜日から、いよいよ朝鮮語・英語・中国語での放送を開始するそうです。
月曜が朝鮮語、火曜が英語、水曜が中国語で後の放送は日本語です。
しおかぜは北朝鮮のみならず、アジア各地やヨーロッパでも聞こえたと言う報告があり、多言語で放送を出す事により、様々な情報が調査会に入る事を期待しているとのこと。
むろんこれらの外国語版放送にも、情報の受け手である私書箱の宛先も乗せるそうです。

それからもう一つ、「しおかぜのサポータグッズ」と言う事で調査会より新しく作ったグッズの紹介がありました。
販売は来月2月6日より。
通販他集会などでの販売を予定しているとの事。
売り上げはしおかぜの運営資金に当てられます。
このグッズは、労働組合の方でいろいろとアイデアを出してもらって作った物だそうです。

今時の若者にも抵抗なく受け入れてもらえそうな、マフラータオルとハンドタオルです。
このアイデア考えた人、GJじゃないでしょうか?
こうやって様々な人がそれぞれ知恵を持ち寄り、世論の盛り上げにつなげるのも大事なことではないかと思います。
写真を撮らせて貰って来ましたのでどうぞ御覧下さい。

Img_1922.jpg

Img_1924.jpg


posted by ぴろん at 15:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

古川了子さん拉致認定行政訴訟(第 5 回口頭弁論)、特定失踪者に関する政府の取り組みについて
Excerpt: さて、政府による拉致問題の今後の取り組み方に大きな影響を与えるであろうという観...
Weblog: 著::善ポコのタコ部屋
Tracked: 2006-01-28 19:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。