2006年01月28日

「蒼のはがきキャンペーン」ご協力のお願い

本日早朝アップしました、東京連続集会14「よど号犯人と拉致問題」においてのご家族の声はお読み頂きましたでしょうか?
テキストの中でご家族の皆さんがそれぞれ口にされていますが、先日の鈴木官房副長官と漆間警察庁長官との面会は今までに無く手ごたえの強い、期待の持てる言葉が聞けたとの事でした。

この政府・警察の動きが本物なら是非歓迎したい所ですが、これが単なるリップサービス、ポーズであっては困ります。
相変わらず官邸サイドには国交正常化へ向かう勢力もありますし、6者協議や日朝交渉の行方如何では拉致問題が棚上げにされかねない危険性もあります。

ご家族は今こそ、世論の力を必要としています。
万が一の政府の暴走を止められるのは、何だかんだ言っても国民の声のほかに無いだろうと思います。
そこでですね。
「一人残らず被害者を救う」という国民の率直な声をぜひ一枚のハガキにしたためて、総理に届けては頂けないでしょうか?
国民の多くは今も拉致問題を忘れてはいない。
その事実を政府に知らしめる事によって、万が一の暴走を食い止める事も出来るはずです。

またあなた様の身近な友人・知人の中で拉致問題に理解と関心をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会に「蒼のはがきキャンペーン」の事を教えて頂きたいとも思っております。
ハガキを書くのが面倒だ!と言う方はメールでも構わないと思います。
一人でも多くの方が総理に向けて、ハガキやメールと言う形で拉致問題解決のための行動を起こしてくださる事を切に願っております。
ご訪問の皆様には是非、総理へハガキを送る運動の趣旨へのご理解とご協力をお願いしたいと存じます。

今の時期ならどちらのご家庭にも年賀はがきの残りが数枚程度はあるものと思います。
あれも普通のハガキと交換するとなると一枚5円の手数料を取られます。
勿体無いです。
それでしたらば、その年賀状の残りへ国民の率直な思いを書いて総理に宛てて出すのも、有効なハガキの生かし方ではないかな?と思うのですがいかがでしょうか?
尚、掲示板「蒼き星々」様では、専用の蒼のハガキを多数用意されていて、希望の方にお分けもして下さっています。
申し込み先を以下に紹介しておきますので、ご希望があればお申し出になってください。

★ハガキの宛先
〒100-8968
東京都千代田区永田町 1-6-1内閣官房
  拉致問題連絡・調整室気付
内閣総理大臣 小泉純一郎様

★メールの宛先
首相官邸 ご意見募集メールフォーム
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

★蒼のハガキ 請求先
蒼き星々様 mail@blue-stars.org


posted by ぴろん at 12:52| Comment(0) | TrackBack(1) | ご挨拶&お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「蒼のはがきキャンペーン」のご紹介、日朝政府間協議とその後の世論活動
Excerpt: 今月 4 日より、拉致問題の解決に向け、その他「核・ミサイル等の安全保障問題」...
Weblog: 著::善ポコのタコ部屋
Tracked: 2006-02-07 11:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。