2006年02月09日

『蒼のはがきキャンペーン』再度のお願い

得る物もなく、空しく日朝協議は終わりました。
予想された事とは言え、当事者であるご家族の気持ちを思うと本当にやり切れません。
何度同じ失敗を繰り返せば日本政府は目覚めるのでしょうか?
何度しっぺ返しを喰らえば日本人は本気で怒るのか?

折りしも皇室では秋篠宮紀子妃殿下のご懐妊報道で、テレビのニュースもワイドショーもその話題で持ちきり。
それは大変におめでたい事で、私も国民も一人として心よりお慶び申し上げたいと思います。
けれど一方で、拉致問題はこの煽りを受けて少しばかり影が薄くなってしまった感じがしないでもありません。

何度も何度も空しい茶番劇に付き合わされて、日本人の方も呆れて怒る気力もなくしたというか。
あるいは北朝鮮のがめついまでの時間稼ぎ策に慣らされてしまって、怒りをあらわにする意欲も湧かぬのか?
いや、多くの国民は腹の中では怒り狂い、腸の煮えくり返る思いをしている人はまだまだたくさんいるはずでしょう。

けれど、日本人の多くは人が良い。
表立って怒りの感情をあらわにする事を良しとしない風潮があると思います。
でもそれも時と場合によるのです。
北朝鮮のようなアコギな国と対峙する場合、お人よしでは足元を見透かされるだけ。
怒る時はキッチリ怒らないと、北朝鮮のような面の皮の厚い国にはこちらの怒りは通じない。

黙って何もしないままでは被害者を取り返すことは出来ません。
どんなにささやかな事でも、今の自分に出来る何かをするべき時ではないでしょうか?
ひとりでも多くの国民が怒りの声を挙げ、一人残らず被害者を返せと言う意思を何らかの形で表して欲しい。

当Blogでは引き続き蒼のはがきキャンペーンを推進しています。
政府官邸へ向けて、抗議のメールやハガキを送りましょう。
身近な人にも是非協力をお願いしてください。
弱腰政府の尻を叩き、被害者救出に向けて一日も早く具体的な行動を取るよう、ハッパをかけて欲しいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『蒼のはがきキャンペーン』

拉致問題に寄せるあなたの思いをハガキにしたためて小泉総理に送る運動です。
お疲れの家族に代わり、あなたの率直な思いを総理に伝えて弱腰政府の尻を叩きましょう。
お手持ちの普通のハガキでも結構ですし、必要があれば蒼き星々様で専用のハガキも入手出来ます。
これを機会に是非、一人でも多くの方のご賛同ご協力をお願いいたします。

★ハガキの宛先
〒100-8968
東京都千代田区永田町 1-6-1内閣官房
  拉致問題連絡・調整室気付
内閣総理大臣 小泉純一郎様

★メールの宛先
首相官邸 ご意見募集メールフォーム
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

★蒼のハガキ 請求先
蒼き星々様 mail@blue-stars.org

★蒼き星々様 
「蒼のはがきキャンペーン」の詳細はこちら↓
http://www.blue-stars.org/~rachi/index.htm


posted by ぴろん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

拉致問題
Excerpt: 「圧力強化」との声 日朝協議受け拉致被害家族 (共同通信) - goo ニュース 4日から8日迄北京で開催された日朝協議は平行線のまま物別れに終わった 横田さんご夫妻始め拉致家族の皆様はさぞや歯がゆい..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2006-02-10 10:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。