2010年02月12日

2.12新橋街頭活動報告

BRTとして初めて平日夕方行った、新橋駅前広場での街頭を終えて帰宅しました。

寒波の襲来で、とにかく寒い!
予報では雪がふるかも?という、きつい冷え込みの中、街頭を行ってきました。


今回は初めての新橋ということもあり、正直言ってご通行の方の反応は少し寂しかったように思います。
手をポケットに突っ込む「だるま状態」の人が多かったので、配布物の受け取り具合も今一つ。
あと、初めて目にする拉致被害者救出街頭に対し、やや警戒して遠巻きに見る、といった空気も正直ありました。
まぁ、これは街頭を行う初めから予想していたことではありますので、やむを得ないのかも知れません。

ジャーナリストの有田さんがマイクを握って訴えてくださったときは、署名も少し反応が良くなりますが、それ以外はあまり振るわなかった、というのが、総体的な今日の反応だったように感じます。


しかし、好材料もまるっきり無かったわけではありません。
駅前交番の方からは、街頭活動を快くご了承くださりましたし、通行の方の人数は多いので、回を重ねて認知されればそれなりの反応を掴む可能性はあるのでは?と思います。
初回ということと、悪天候が予想されたため、掲示物なども最小限に抑えましたが、それが通行の方から見ると何の街頭をしているのか一見して分かりにくい、ということはあったかもしれません。
SL広場の壁にはパネルやポスターなどの掲示スペースもありましたので、幟旗などで視覚的にもっと強くアピールすれば、一目で拉致被害者救出の街頭だと分かって貰えたかもしれません。


若者層に訴える渋谷や、高齢者層に訴える巣鴨とは別に、家族を持つ働き盛りのサラリーマン層に向けて訴える街頭は今後も必要だと思うので、時間・場所・アピール方法を含めて更なる検討をしてみたいと思います。


ともかくも、寒い中ご参集いただいたボランティアの皆さん、ありがとうございました。
今夜はどうぞ温かくして、風邪などひかぬようゆっくりとお休みください。



★写真

100212-1.jpg

・ジャーナリストの有田芳生さん

100212-2.jpg

・港区議の山本へるみ氏

100212-3.jpg

・新橋駅前で居酒屋の呼び込みをしていたお兄様方は、受け取ったリボンをすぐ胸に着けてくれました。

100212-4.jpg

・新橋駅の通路に掲示された、東京都作成の特定失踪者のポスター


posted by ぴろん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。