2006年03月12日

06.2.16 横田早紀江さん 東京連続集会15(2)友愛会館にて

『横田早紀江さんのお話』

Img_1978.jpg



こんばんは、今日はたくさんの人がお集まりいただいてありがとうございます。
今ほとんど主人がいろいろお話をしたのですが、先日来去年の10月の9日に突然入院を致しまして、本当に皆様にご心配をおかけしまして、奇跡的に早い状況で血漿交換が出来ました事で、無事に元気を回復しました。
数値がひとつちょっと低いのがありまして、それが戻らないと完全に治ったと言える状況ではないんですけど、もう普通の生活をしても大丈夫ですよと言う事で。
あんまり無理をしたりしない、遠出をしたり緊張しすぎる生活をさせないようにという事で、気をつけながら、お酒も少し飲んでも大丈夫ですよと言う事で、それを言わない方がいいですと(会場内小さな笑い声)
ご飯も何でも食べて良いという事で、本当にもう後ちょっとどれだけか遅かったらそのままで、この席には来られてなかったと思うほど突発的に急激に低下していくお薬の副作用でビックリしたんですけども。
たくさんの病院の先生方の一生懸命の治療のお陰でこんなに元気になりました。
ご心配をおかけしまして、ありがとうございました。(拍手)

日朝交渉も今度は少しは、何かちょっとでも動きがあるんじゃないかと期待を持っていたんですけども、やはりいつもと同じように何もない状態で帰って来られまして、本当にガッカリしたんですけども。
拉致問題の解決なくして国交正常化は絶対に有り得ないと言う事を、北朝鮮にはっきりとどんな事があってもそれは動かないですよと言う事を伝えてくださった事。
そしてそれがあなたの国にとってもちっとも幸せにならない事なんですよと言う事を、ちゃんと伝えて下さったという事は本当に大きな事だったと思っております。

これからその言葉に対して向こうがどう出てくるか?っていうのは向こうがまたボールが行ってますが、いろんな物を投げ返してくるのか?分かりませんけども。
私たちは病気もしますし、だんだん歳をとりますから、もっとお年を召した方がたくさんいらっしゃいますので、こんなに許せない事をね。
拉致だけでなくて麻薬とか偽ドルとか、考えてみたらあらゆる悪をやり放題にやっていて、それがこれだけ明らかにされてきて世界的にも国際的にも拉致問題だけではなくて、今回向こうから脱北して来た方を助けてくださっている7人の方々を拉致をしたって言う事で出せと言う事を言葉に出して言ってきたと言いますけど。

そんなの本当に子供が聞いていても何を言ってるんだろう?っていうくらい馬鹿馬鹿しい事で、それは世界中に発信されて聞いていますから、北朝鮮がどんな事をやっているのか、何を言っているのか?
本当にいい加減にしたら良いという事を感じている人がたくさん出て来ていると私は思っていますし、だんだんそういった意味ではこれまで見えなかった知らなかった様な事が、いろんな事がこの10年間大変でしたけど、皆様のご支援の中でこうやって動いてくれてお陰さまでいろんな事が表に現れて。

これは日本の私たち家族だけの問題ではなくて、誰がなってもいけないし、こんな事が続いて放置されて行く事で、また北朝鮮がどんどん・・・何をするか分からないような国なんだと言う事を、日本も国民の方々もアメリカももちろんですけども、多くの方々が分かってくださいまして。
北朝鮮の人権問題と言う事も・・・からも国連の方からもきちんと言葉に出して伝えてくださるようになったお陰で大分いろんな意味で前進しているなと思っています。

ただ、子供たちの姿が見えないと言う事が私たちは本当に心が苦しくてどうなってるんだろう?
本当にどうなってるんだろう?と、あんまり突き詰めて考えるとおかしくなっちゃうんでね。
出来るだけ完璧な事は考えない。
絶対に皆さんと一緒に頑張って、日本のためにも絶対にこの事を解決するまで頑張りましょうって思うので、毎日お祈りしながら頑張っております。
本当に私たちは後どういう事をしていいのか?分かりませんが、やはり日本国としては制裁と言うことしか動きもないし、戦争と言う形でやっていく事は間違っていますし、対話だけでは絶対に埒が開かないと言う事だけはわかっていますから。
日本で出来る事はやっぱり船を止めるとか、向こうからの交流を絶つ事しかないと思うんです。
それを何とか早くやって頂きたいと。
政府にお願いするとしか言えませんけども。

一刻も早く皆さんに喜んで頂いて「ああ元気で皆帰ってきた、良かった」といって頂く事を夢見て頑張っておりますので。
今日はあまり何を話して良いか分からなくてご質問があればお答えさせていただきますが、このような事で失礼します。
ありがとうございました。(拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。