2006年03月12日

06.2.16 横田夫妻 東京連続集会15(3)友愛会館にて

『横田夫妻の補足のお話』

★横田滋さん

今救う会の方からメモを頂いたんですが、これを見ますと前から言われた事なんですけど。
自民党の拉致対策本部が今日会合を開き、日本と北朝鮮の協議で拉致事件の解決に具体的な前進がない場合、経済制裁の発動を義務付ける事を盛り込んだ北朝鮮人権法案の骨子を了承し、国会への提出を目指す事になりました。
会合では外務省の担当者が先の日朝の政府間協議で、拉致事件の解決に向けた進展がなかった事などを報告しました。
これを受けて拉致問題対策本部は今後の会合を協議をした結果、作業チームがまとめた拉致事件の解決に向けた具体的な進展がない場合、経済制裁の発動を政府に義務付けることなどを盛り込んだ北朝鮮人権法案の骨子を上奏しました。
対策本部はこの骨子に基づいて法案作りを進め今の国会に議員立法で提出する事を目指したいとしています。

と言う事を今頂きました。
北朝鮮側は日本のいろんな船を保険をかけるとか、入れないとか、それからいろんな・・・・・調べる上でも制裁関係案が増えるから、やはり万景峰号を止めるという事になれば非常に効果が大きいと思いますし、それを山本一太さん(?)・・・・・と言うことだったと思いますけど。(この辺り、音声が悪く全体的に良く聞き取れず)
新聞でも一部出ていましたが具体的に動き出したと言う事が従来からお願いしております、拉致に進展がない場合は制裁をと言うことを訴えておりますので早く実現すればいいなと思っております。

★横田早紀江さん

今全てお話しておりました、中途半端に終わり・・・・・(聞き取れず)
お話しました事を具体的に実現してくださっている事を本当に嬉しく思っています。
早くその事は日本が毅然として実現して行く事が、またいろんな事があるかもしれませんけども、それはどんな事があってもやらなきゃならない、当たり前なんだという気持ちで日本がキッチリとした形で表していただければありがたいと思っています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。