2006年03月21日

春の梢に花と咲く・・・靖国神社の桜、本日開花の報

本日、東京のソメイヨシノの開花宣言が出ました。
東京の桜の開花標準木と言えば誰でも知ってる靖国神社の桜です。

あそこの境内に咲く桜の木は、その殆どがなくなった英霊の御霊を慰める為に、生き残った戦友たちの手によって奉納された物。
私の特攻の叔父さんが所属した特攻専門部隊・神雷部隊の元隊員の手によって植樹された「神雷桜」も靖国の庭にあります。

その神雷桜が東京のソメイヨシノ開花を観測する標準木の一つである事は以前、当Blogでもご紹介しました。
その桜が今年も無事に咲いたと言う報を受けて、今は亡き多くの英霊が桜の梢に花と咲いて、戦友たちとの再会を喜び合う姿を静かに思い浮かべております。
私の叔父の魂は今年はどの枝の梢に、桜の花の一輪と咲いてくれたのでしょうか?

神雷部隊は特攻専門部隊。
出撃に当たって彼らは靖国の神門右2番目の桜の木の下で会おうと約束をして飛び立っていったという。
骨のひとかけらも故郷の家族の元には帰れない非業の死。
せめて魂は靖国の社に集い、桜の木の下に集って再会しようではないか、と。
有名な軍歌「同期の桜」にも、『花の都の靖国神社 春の梢に咲いて会おう』、と言う一説が有ります。
その歌の通り、今年も靖国の桜は梢に花を咲かせました。

開花宣言を受けて、今年の春のお花見はどこにしようか?お弁当は何にしようか?お天気の具合はどうだろう?満開の日はいつごろになるんだろう?と早くも心を弾ませる人も多数いらっしゃる事でしょう。
ぜひぜひ、美しい桜の花を心から堪能して頂きたいと思います。

そしてその折は心の片隅にホンの一瞬でいいのです。
靖国神社の桜の梢に花咲く事を心の拠り所にし、命を散らした多くの英霊の事を桜の花とともに思い浮かべて欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参考過去エントリー

★靖国神社の桜 こぼれ話
http://piron326.seesaa.net/article/13355994.html


posted by ぴろん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 特攻の叔父の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。