2006年04月01日

気がつけばBlog開設1周年

普通であれば、祝一周年!と盛り上がる所なのでしょうが、拉致問題を支援する当Blogとしましては素直に開設1年を喜ぶ気にはなれません。
1年無事にBlogが続いてしまったと言う事は、この1年拉致問題の解決は果たされなかったのとイコール。
被害者救出という目的を未だに果たす事が出来ないという現実を前にして、内心忸怩たるものがあります。

しかしながら子供の頃から日記の類は三日坊主と相場が決まっている私としましては、何とかこの1年Blogを書き綴って来られたのは本当に奇跡に近い出来事。(笑)
振り返ればこの1年、テキストと寝言・たわ言の類しかない地味なBlogに懲りずにご訪問いただいた皆様の暖かな励ましあればこそ奮起して続ける事が出来たのであろうかと思います。
改めて感謝申し上げます。

私の書くエントリーなど、花に例えれば道端に咲くペンペン草のような物。
でも、例えペンペン草のような地味なエントリーでも、数を集めて束にすればそれなりの存在感は出るだろうと信じ、赤っ恥を晒しつつもテキストと共に思うところを書き綴る一年でありました。
ペンペン草の花束であっても数を集めて存在感を増して、拉致問題解決のためなんとか少しでもお役に立ちたい・・・そういう願いと決意をタイトルに込めて「話の花束」と名づけたつもりです。

ここに来て、少しづつ少しづつ、ようやく拉致問題の山が動き始めています。
牛の歩みのようなこの状況、決して私は手放しで喜ぶつもりはありません。
まだまだ不満ですしじれったいですし、もっと毅然と動いてくれ!と言いたいのは山々なのです。
けれども、それでも確実に前進している事は間違いの無い所。
この動きをこれからも応援するべく良い意味で政府の尻を叩いて叱咤激励し、世論への拉致問題への関心を広めるために集会・講演会のテキストを起こして、ご訪問の皆様にご紹介する活動を続けていきたいと思っています。

Blog開設一周年に寄せて、改めて一日も早い拉致被害者の救出を願い、初心を忘れずに支援の輪に加わりたいと思っています。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


posted by ぴろん at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶&お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。