この記事へのコメント
お疲れさんです。
今日の集会の会合はほんと疲れました。
韓国のかたがたの話はよかったけれど
長かったですね。集会の印象は
思ったより盛り上がりに欠けているような
感じもしましたが、集会とは関係なく
拉致事件は一気に解決に向かうような気もします。根拠はありませんが・・。
Posted by たろう at 2006年05月29日 00:14
お疲れ様でした。
早速のテキストアップ作業ご苦労様です。

集会終了後にお会いしたTさんは、なんと!私がもう随分前から加盟している「日本世論の会」の仲間でした! こちらの活動でもお会いできてかなり嬉しかったです。 

救う会主催の各種集会に参加していると、学生時代に加盟していた活動団体の当時の同志に久しぶりに再会し、お互い職業とか別の道を歩んでも、日本を、日本人を大切にしようとする活動に参加し続けていることが確認できて改めて心強く思う次第です。
Posted by 白馬 at 2006年05月29日 00:44
★たろうさん、白馬さん

3時間の長丁場、本当にお疲れ様でした。
取り急ぎ速報の音声ファイルと写真をアップしたのですが、何しろ登壇者が多いので、これだけの作業で早くも大変な時間を消費・・・
明日からテキスト化にかかりますが、膨大な音声を前にして少しばかり気が遠くなりそうです。(笑)

政治家の先生方の発言がいつにも増して熱っぽいのはそれだけこの問題に追い風が吹いていることの証しなのでしょう。
でも正直言えば、能書きはいいから早く結果を出してくれ!動いてくれ!と言うのが偽らざる気持ち。

政府の重い腰を動かすのは結局の所は国民の意思です。
この問題を他人事にするのではなく、身の回りで出来る事を行動に起こし、世論の喚起を図りたいものだと、改めて思った集会でもありました。
Posted by ぴろん at 2006年05月29日 16:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。