2006年05月31日

06.5.28 中井洽民主党拉致対策本部長 国民大集会(9)日比谷公会堂にて

『中井洽(ひろし) 民主党拉致対策本部長・拉致議連会長代行 挨拶』

★司会 櫻井よしこ氏

では次に民主党の拉致対策本部長でありまして拉致議連会長代行でいらっしゃる、中井洽さんにお願いします。(拍手)

★中井洽 民主党拉致対策本部長・拉致議連会長代行

Img_1523.jpg

皆さんこんにちは。
ご紹介を頂きました民主党の衆議院議員の中井洽でございます。
民主党の拉致対策本部の本部長、そして平沼さんの下で拉致議連の会長代行をやらせて頂いております。

西村眞悟さん、ここにおりますが、9年前に私と一緒の新進党でございまして、私が予算の責任者をやっておりますときに、兄貴兄貴と言うんですが、予算委員会のときに「喋らせろ」と。
「何喋るんだ?」と言ったら、横田さんの拉致。
こういう事で私は許可をしました。

彼は拉致だけではありませんが、20〜30分に亘って横田めぐみさんの事を取り上げました。
このときの予算委員会は、残念ながら野次と怒号の中でした。
「何故そんな事を言うんだ?」「行方不明なだけじゃないか!」とまぁ、こういう声であります。
この事を心にいつもいつも思います。

今韓国の家族の会の会長を含めて、ハンナラ党の国会議員の方をお迎えして今回の大会が開かれています。
韓国は今丁度、10年前の日本と同じような状況にあるのかな?と私は思っています。
一昨年、一昨々年の暮れに森元総理と韓国へ、・・・・・・(聞き取れず)の事で参りまして、大統領にお目にかかりました。
このときに韓国の大統領は、
「拉致問題は騒がない方が良い。
静かにしておった方が良い。
自分の政治信条として、難しい事でも時間が経てば解決するんだから。」
こういう御挨拶をされました。
唖然呆然とした事を覚えております。
本当にいろんな考えがあるんだな、思います。

しかし今回家族会の皆様方、アメリカへ韓国へ行かれて、アメリカの大統領にも会われた。
私どもの民主党も渡辺周君と言う国会議員も同行させていただきましたけども、本当にアメリカでの議会証言は感動的な感銘的なご挨拶であった、と言うことでありました。
この事が大きくアメリカを動かしています。
今アメリカは金融制裁を北朝鮮に対して行っているこの時期、そしてアメリカや韓国の世論が大きく理解を示されたこの時期に日本が率先して、圧力!圧力!圧力!で行くべきでは無いでしょうか?(大きな拍手)
何故?何故?経済制裁を取る事に躊躇するんでしょうか?(拍手)

御家族の方が、どなたかが「自分達の子供やきょうだいの命が危ないからやめてくれ」と一度でも仰ったんでしょうか?
とんでもありません。
「是非、圧力を」と言われているのに政治が臆病で今日まで残念ながら対話と圧力、あるいは圧力と対話、言葉のすり替えで時を過ごして来たに過ぎないではありませんか。(拍手)
私は北朝鮮のような核兵器を持っている、ミサイルを持っている、120万の軍隊を要しているような独裁国家にどうしてまともな対話が出来るんだと。
日本が唯一持っている武器はアメリカと一緒に徹底的な圧力、あるいは人権の圧力、これをかけていく以外に拉致の解決は無い、と考えております。(拍手)

小泉さんの任期は後、自民党内の任期は後、4ヶ月ですか?(来賓の控え席の方に尋ねる。会場内笑い声)
あと4ヶ月であります。
どうぞ平壌宣言なんか放棄して頂いて、(「そうだそうだ」の声、大きな拍手)この機会に大きな方針展開をして頂いて、全ての日本人を取り戻す。
その上で対話だと私は考えています。(拍手)

私ども民主党、微力ではありますけど、御家族の思いを思いと致しまして、精一杯頑張って参ります。
どうぞ今日を契機に10年の長きを思いながら、また横田さんご夫妻をはじめ家族の方々の胸の内を更に思いを致しながら、皆で頑張って行こうではありませんか。

私は拉致議連の本部を長くやらせて頂いています。
今平沼会長も無所属であり(笑い声)、西村眞悟君も無所属であります。(笑い声、拍手)
中心的に頑張っておる古谷(圭司)さんも無所属でございます。(笑い声)
どうなってるんだろう?と思いますが、もし自民党小泉さん、あるいは新しい総理大臣がこの問題解決しないと言うなら、私ども民主党とこの無所属の人たちで、来年の参議院組んで(「そうだ、その通り」の声、大きな拍手)、拉致を主体の・・・(聞き取れず)が過半数を取って頑張ります。(拍手)
どうぞよろしくお願いします。(大きな拍手)

御家族の皆さんが是非、お体を大事に頑張って頂きます事を、家族の会または特定失踪者の会の皆様が、本当に経済環境の厳しい中を頑張って頂きます事を感謝申し上げ、私ども民主党も今日も大勢来ておりますけれども、一緒になって頑張らせて頂きます。

「銀(しろがね)も金(こがね)も玉も何せむに まされる宝子にしかめやも 」

山上憶良の有名な歌であります。
銀(しろがね)よりも金(こがね)よりも、大事な大事な子供を攫われた
横田さんご夫妻をはじめ皆さん方の気持ちを大切に頑張りましょう。
終わります。(拍手)

★櫻井よしこ氏

中井さん、力強いメッセージ、本当にありがとうございました。
そしてたった今、横田さんご夫妻が参りました。(横田さんご夫妻登壇、会場内大きな拍手) 
水戸での集会を終えて今、横田さんご夫妻が到着になりました。
ありがとうございます。(横田さんご夫妻、他の登壇者や会場に向けて軽く会釈後、家族席に着席 この間ずっと大きな拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。