2006年06月17日

06.5.27 佐藤勝巳救う会会長 日韓連帯東京集会(14)星陵会館にて

『佐藤勝巳 救う会会長 挨拶』

★司会 西岡力氏

本当はですね。
他の家族の人たちにもまた会場からも質問を頂きたいと思っていたんですが、35分過ぎております。
最後に救う会の佐藤会長に挨拶をして頂きまして、今日の集会は終わりたいと思います。
短い時間でお願いします。(小さな笑い声)

★佐藤勝巳 救う会会長

Img_1473.jpg

雨の中お集まりいただきまして、ありがとうございました。
特に韓国からはたくさんの方が来て頂きまして、ありがとうございました。

喋りたい事はたくさんあるんですけども、1分間くらいと言うような形で(笑い声)我慢をして終わりますが、崔祐英さんが韓国には救う会が出来ない、何故か?
それを知りたい、と言う趣旨のお話がありまして、私が救う会をやるようになったのは、実は直接的なきっかけは今この会場に来ていらっしゃる、ホン・ヒョウンさん。
当時韓国大使館におった方ですが、その人から「これだけたくさんの日本人が拉致されているのに、何故日本人は救出の運動をやらんのか?」という指摘をしばしば受けておったんです。

でまぁ、そうだやらなきゃ駄目だなぁと思いましてまぁ始めたわけなんで、これ以上の事を言うともう1分を過ぎてしまうので、(笑い声)後で崔祐英さん、韓国の皆さんとでも良いんですけど、少し時間をかけて日本の運動の現状がどうなっているのか?
あるいは何故日本が韓国に比べて運動が大きくなっているのか?
何故韓国があれだけたくさんの人がおるのに運動の広がりを見せないのか?と言う両国間の文化や歴史、金正日政権に対する評価の問題、などを含めて少しこの後で何かあるんでしょ?
そこで時間をかけて議論をしてみたいと思っております。(拍手)

私は2000年の6月15日、金正日と金大中が抱き合ったときにですね。
悪魔と詐欺師の抱擁だと(笑い声、拍手)いうふうに自分の本の見出しに使いましたけども、それは間違いではなかったし、絶対に悪魔を倒さない限り、趙甲済さんが言う東アジアにおける平和と安定、あるいは人権と民主主義と言うものが確立していかない、言うふうに確信をいたしております。
これから韓国の心ある人たちと手を握り合って、頑張っていきたいと思います。
今日はありがとうございました。(拍手)

★西岡力氏

韓国のお客様、金聖ミンさん一言も言えなかったんですけども、皆さんのところにですね。
自由北朝鮮放送の支援委員会のチラシが入っています。
是非、自由北朝鮮放送を支える気持ちのある人はですね。
悪魔と戦う為の、一番最前線で闘っていますので、そのための軍資金をよろしくお願いします。(拍手)
今日はありがとうございました。(拍手)
これで終わりにしたいと思います。(拍手)

・・・集会終了・・・


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。